スターリンの葬送狂騒曲の作品情報・感想・評価

スターリンの葬送狂騒曲2017年製作の映画)

The Death of Stalin

上映日:2018年08月03日

製作国:

上映時間:106分

3.4

あらすじ

「スターリンの葬送狂騒曲」に投稿された感想・評価

のが

のがの感想・評価

3.4
うんうん、これはロシアで上映禁止だわ
きざき

きざきの感想・評価

4.0
結構笑えるけど政権争いの狂気じみた雰囲気もリアルでそのバランスが絶妙だった
ロシアで上映禁止ってまじか
期待しすぎて、途中でやめてしまった作品。
スターリンは粛清と称して政敵や気に入らない人物がいれば、容赦なく処刑してきた独裁者。

映画冒頭で恐らくは日常になっていた粛清の場面から始まる。
ほんの些細なミスでもスターリンの粛清リストに載ってしまえば殺されてしまうので、少しでも関わる人や側近達はとにかくビビりまくる。

スターリンが倒れてからのやり取りは本当に滑稽で笑えるが、本人達は責任を取りたくないので、真剣そのもの。
スターリンが目の前で倒れているのに、法に照らし合わせて手順を踏んでなかなか医者を呼ばない。
しかも優秀な医者は粛清されていて、ヤブ医者しか残っていないという皮肉…。

前半は割と笑いながら観られたが、中盤以降はスターリン亡き後の権力争いが中心になるとコメディ度数も下がって、個人的には失速気味な印象だった。

スターリンが生きていた頃の、あの命懸けの罰ゲームのような話をもっと観てみたかったなあ。
パッケージのインパクトにつられてレンタル。
すごく笑えると思って見たからちょっと期待はずれ。
たまにクスッと笑える場面はあった。
顔と名前が一致しなくて、話が理解できなかった。
bata

bataの感想・評価

3.6
完全コメディかと思ったら、意外と真面目な映画だった
教養があればもっと楽しめたはず
kei

keiの感想・評価

4.0
最近はコメディに振り切ったナチス・ドイツ映画をよく観ていたので、今作はユーモアもあるが全体的にシリアスに作られていて意外だった。スターリンの葬儀の際に目まぐるしく変わる権力構成は、ファシズムを上手く表現していたと思う。観ていて恐ろしかった。
mikoyan358

mikoyan358の感想・評価

3.5
そこそこ旧ソ連の歴史は勉強したので、スターリン亡き後の権力争いの醜さは実直に描くと観ていられないくらいに人間不信になりそうだが、ここまで笑い飛ばす形で茶化してくれたらもう何の文句もない(笑)。フルシチョフ・ベリヤ・モロトフそして自分のニックネームと同じ人など錚々たる面々が「お前ら絶対にそんな事言ってないだろ!」という掛け合いで化かしあうというバカバカしさ、そしてその結果として行なわれる事実(結局人死んでるもんなあ...)とのギャップが強烈で、普段こういうブラックな系統をあまり好まない身でも存分に楽しめた。ブシェミのフルシチョフとかもう本人にしか見えんがなあw
ako

akoの感想・評価

2.1
わたしにはまだブラックジョークは難しいかった!!!!
おじさんたちの権力争い
実話だったらおもろいなという感じ
クスクス笑えるブラックジョーク
>|