スターリンの葬送狂騒曲の作品情報・感想・評価

「スターリンの葬送狂騒曲」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます



正直、なんかよくわからない。

スターリンの家に勤めていた女中さんとかをスターリンがなくなった直後に集団で射殺しそうになったときに怖すぎて
(そんなにガチのヒストリー系の映画ではないけど)
途中でやめてしまった

でもあとで振り返ったらブラックコメディってあんまみないし、外国でつくられたコメディ(たぶんイギリスかな?でまた価値観とか感性が日本の監督とかと違ったりするのかなって思ったりもして
刺激的には感じたから
もう少し間をおいてから見直そうかなと思う



コメディだけど爆笑するほどではない。


スターリン万歳っていって銃声だけ聞こえるのとかまじで笑えなすぎて怖かった
はる

はるの感想・評価

3.0
あんまりよくわからなかった。
Kinno

Kinnoの感想・評価

4.0
2019.10.27

ソ連の絶対的独裁者スターリンが急死したことから始まる官僚、将軍、特殊警察を巻き込んだ泥沼の覇権争いを描くブラックコメディ

ロシアで上映禁止になるのも納得の過激さで人の命をゲームの駒としか見てないような側近どもの暴走に悔しくも笑いが止まらない

ハリー・ポッターでルシウス・マルフォイ役だったジェイソン・アイザックスが軍の総司令官ジューコフでいい味を出してた
粗暴なThe軍人みたいな役をやらせたら右に出るものはいないわ
Yuki

Yukiの感想・評価

3.5
ブラックユーモア。
もうちょっと知識があれば楽しめたのかなって思うけど、一人一人個性が強くて普通に見ていても面白さはあった。
Mioko

Miokoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

コメディ要素あるけどおおむね恐ろしかったなぁ、人がバタバタ死んでいくソビエト。

ロシアで放映禁止は納得だし、イケてない官僚達に比べて元帥がかっこよすぎた。笑
サニー

サニーの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

この時代のソ連は、やっぱり怖いなぁ。

映画自体は、とても面白かったです。

ただ、コメディ映画なのだし、射殺のシーンとかは映らないようにしてほしいなぁと思いました。
こ…これはコメディなのか😅❓
確かに端々の表現は
かなり笑えるモノだらけだけど

ここまでやっちゃって大丈夫なの?と
口あんぐり💦

実際にスターリンのお国であるロシアでは上映禁止になったらしいし
(そりゃそうだろう😅)

あの怪作映画「帰ってきたヒトラー」も凄かったけれど
あれはドイツが自分の国の責任で作った作品だものね

こちらはイギリスの監督だし💦

でも正直なところ
不甲斐なくも
私自身の勉強不足・知識不足により
少々置いてけぼり感は否めない

当時のロシア(旧ソ連)の政治情勢に詳しい人は
映画作品としての「笑い」以上に
きっと
もっともっと楽しめると思います

フルシチョフさんが
ずっと
スティーヴ・ブシェミ に似てるなぁと思いながら観ていたら
本当にブシェミ本人だった😅✋️

原作は
フランスのグラフィックノベル
『LamortdeStaline 』

*11/3
足の引っ張り合いというレクリエーション。
nisui

nisuiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ロシアの最高指導者が突然倒れてしまって幹部がバタバタする話。
ブシェミにソックリな人が出てると思ったらブシェミだった。
すごく滑稽なんだけど有事の現場なんて実際こんなモンなんじゃないかと思わされてしまう。
下の者に任せるわけにはいかないからとそうそうたる面子でよってたかって倒れたスターリンを運ぶのに四苦八苦するシーンやスターリンの息子と最高司令官が揉み合うシーンのグダグタっぷりに大笑い。少女探しのオチも最高。
幹部による反吐が出るような会話や鬼畜の所業を匂わせるシーンも出てくるけれど、一面では魅力的な人柄を感じてしまうのも事実。悪魔も人間なんだなーって。
写真の顔だけが次々に潰されていくエンドクレジットが怖かった。
>|