Shuu

ママレード・ボーイのShuuのレビュー・感想・評価

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)
1.0
< 概要 >
1990年代に描かれた吉住渉の人気少女漫画を実写映画化。互いの両親のパートナーを交換しての再婚により、一つ屋根の下で暮らすことになった高校生の男女が織り成す恋模様を描く。ヒロインを「岡山の奇跡」と注目される桜井日奈子、頭脳明晰なイケメンを『トモダチゲーム』シリーズの吉沢亮が演じる。監督を『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の廣木隆一が務め、脚本を『今日、恋をはじめます』の浅野妙子が手掛けた。

< あらすじ >
高校生の小石川光子 (桜井日奈子) は突然両親から離婚を聞かされ、さらに旅行先で出会った松浦夫妻の一人息子・遊 (吉沢亮) も含めて皆で一緒に暮らすことを告げられる。戸惑う光子だったが、奇妙な同棲生活が始まると、クールなのにたまに見せる遊の優しい一面に惹かれていき……… 。

< 感想 >
恋愛映画の中で評価したとしても、かなり厳しい評価になると思いますね。テンポが悪く見えて、演出もどこか雑に見えてしまいました。キャストも終始パッとしなかったなと感じましたね。久しぶりのレビューでしたが、これから少しずつレビュー増やしていこうかなと思います。まずは300レビューを目指して鑑賞していこうと思います^_^