安井文

ママレード・ボーイの安井文のレビュー・感想・評価

ママレード・ボーイ(2018年製作の映画)
-
ストーリー的に薄っぺらいのは、まあ、少女漫画だからね。
だからこそ映像に凝っていると思える作り。

冒頭の登校風景ワンカットがまずいい。
バストショットはおろかツーショットもほとんどない。
そして、ロングショットのなんと多いことか。少女漫画の実写化にあるまじき映像(褒めてます)

肝心のシーンもそれぞれの表情を追うので、想像力を駆使させられる。
顔ばかり追うと飽きてしまうが、肝心のところで表情が見えないと観たくて凝視してしまうもんではなかろうか。

とにかく桜井日奈子さんと吉沢亮さんが美しくて可愛い。

廣木隆一監督の少女漫画実写化は映像で観せるので、割と好き。