モリーズ・ゲームの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

モリーズ・ゲーム2017年製作の映画)

Molly's Game

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:140分

あらすじ

「モリーズ・ゲーム」に投稿された感想・評価

かよ

かよの感想・評価

3.0
「ソーシャルネットワーク」の脚本で衝撃を受けたアーロン・ソーキン。テレビドラマの「ニュースルーム」も刺激的だったけど、監督としては未知数。

冒頭はアーロン・ソーキン節とも言うべき早口で畳み掛けるナレーションと共に、主人公のモーグル選手時代がコンパクトに描かれる。怪我で引退し、なんやかんやでポーカープリンセスになってからがいただけない。ナレーションで喋りすぎじゃない?というか、ポーカーシーンが全く面白くない。とアーロン自身が思ってるからナレーションのベース画くらいにしか考えてないんじゃないのか??と勘ぐってしまった。

では芝居場はどこだったかと振り返ってみると、確かにあった。あったのだけど、ぶつ切れになっているせいか、とんと気持ちが乗らない。
肝となっているはずの関係さえ、ずいぶん簡単にまとめられて拍子抜け。

アーロン・ソーキンにはドライなものが似合うんじゃないかなぁ。
よよよ

よよよの感想・評価

4.0
女性版ウルフオブウォール・ストリート的な。
実話映画らしく重厚感があった。終盤も感動。
タフで頭のキレる女性が自分に正直に生きるお話。
テンポよくて面白かったあ
あのソーシャル・ネットワーク、マネーボールの脚本家、アーロン・ソーキンの監督デビュー作。

やはり脚本がすごいです…。
開始から1時間半経った頃からやっと面白くなってきた。そもそもトランプあんまりわからないから前半眠くなった。
ino7010

ino7010の感想・評価

3.0
セリフ量の多さが個人的にはプラスに働かず、ストーリーに上手く乗れずに、最後まで終わってしまった。
yuka

yukaの感想・評価

3.5
もし怪我をしなければ、
もし父親が学費を出してくれれば、
もし怪しいひとの秘書にならなければ…
ともし、を考えちゃう。
それでも強く生きる、したたかでとてもたくましい女性のおはなし。
ゆか

ゆかの感想・評価

3.3
なんだろう。刺激的じゃない
ラスト前のモリーのお父さんのセラピーでう〜ん、そういう事か!と思いました
親子関係っていろいろだよね
子供も親も一人の人間だものねぇ?
でも、親は子供に与える影響は考えないと、ですよね

ジェシカ・チャステインってこういう役がハマりますねぇ
「女神の見えざる手」よりは人間味がある気がしますが、、、
>|