にっきい

モリーズ・ゲームのにっきいのレビュー・感想・評価

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)
3.2
ジェシカ・チャスティンはもっと化粧濃い方が綺麗に見える!(笑)

全くノーマークだったのにフィルマでのレビュー数は少ないけど評価が高くて、劇場鑑賞したらめちゃめたゃ面白かったのか『ザ・ウォール』と『女神の見えざる手』。
今作は『女神の見えざる手』のジェシカ・チャスティン主演って事でわりかし期待してた作品。

アクシデントからの復活、って話し。
なんか最近ジェシカ・チャスティン引っ張りだこですねー(笑)
半年くらいの間に主演作が3本も公開されるって!
今作はモーグルのオリンピク選考会で転倒して、セレブ向けの賭博場をひらいたモリー・ブルームの自叙伝を原作にしているそうです。
登場人物は架空の人もいるんですが、ストーリー自体は実話なんで、それほど劇的な展開があるわけじゃないです(笑)
どおしても主人公の性格が似てるので『女神の見えざる手』的な展開を期待しちゃいますが(笑)
僕としてはもっと裁判のシーンを詳しくやって欲しかったですね。
結局モリーは最後まで顧客のプライバーを守る為に司法取引にも応じず、自ら有罪を主張したんだけど、顧客は酷い人物が多いのに彼女がそこまでした理由が弱い様に思いました。

ここ最近のジェシカ・チャスティンの主演映画、3本とも劇場で観てるんですが、ふと気付いたんです。
他所の地域ではわからないですが、ここ京都では毎回TOHOシネマズでしか上映無いんです。
彼女ってアカデミー賞にもノミネートされてたけど、まだまだマイナーなんですかね?(笑)