猫

モリーズ・ゲームの猫のレビュー・感想・評価

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)
3.5
ジェシカ・チャステイン、今回もよく喋る!と思ったら
『ソーシャル・ネットワーク』の脚本書いた人が監督だったのね、納得。(笑)

詰まるところ親と子の話。
ベクトルは間違っていたかもしれないけれど、ちゃんと育てられていたからこそ、彼女は顧客情報を護ったのだろう。
トーニャとの違いを感じた…
些細なキッカケで事業を興したこと自体、
優秀だったということですね。
自分は賭け事や有名人に興味がないし
面倒臭がりやだし、努力家でもないから
モリーは遠い存在だった。
だからシンパシーがわかなかった。

苦手なコスナーが控えめな演技で良かったです。ジェシカ・チャステインの演技は言うに及ばず。
親子の関係って大事だなぁ、と
当たり前のことを再認識しました。

 2018.5.17 TOHO シネマズ名古屋ベイシティにて鑑賞