図師雪鷹

モリーズ・ゲームの図師雪鷹のレビュー・感想・評価

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)
4.0
スキーで五輪を目指していたはずが怪我をしてしまい何故かポーカーゲームの運営に携わり逮捕されてしまった女性、モリーブルームの物語。

コアな世界…というか自分があまり得意ではない世界だったので、内容についていけないかもしれないと思うことがあった。ただ、その中で描かれる人間ドラマに注目する事でなんとかついていけた。

少女時代厳格な父に支配されていたモリーは、ポーカーゲームの運営をすることによって客の男達を支配していたと思い込んでいたら、実は自分の方が客の男達に支配されていたというのが皮肉が効いてるなと思った。

脚本がすごい秀逸。最後のシーンがあれだとは予想がつかなかったよ…