のこ

モリーズ・ゲームののこのレビュー・感想・評価

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)
4.2
大好きなジェシカ・チャスティンが期待通り「女神の見えざる手」で見せたカッコよく 妖艶な女性を今回も演じて観る側を惹きつけてやみません(#^.^#)

厳しい父親の指導のもと モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルーム(ジェシカ・チャステイン)は選考大会でけがをして競技から退き 一転してロスで勤務先のボスから違法ポーカーゲームのアシスタントをしてほしいと持ち掛けられ 26歳で私設ポーカールームのオーナーに。500万ドルもの富を築くが、逮捕されすべてを失う。

お金がなく 最後の方はどうしようもなく受け取って 法的に反してしまったが~
顧客だったセレブたちの名前を明かせば大金が得られたけど そこまでできなかった彼女の高潔精神はどこから来ているのか~
ラストの娘を心から心配する父と 子供の頃から父親に対してファザーコンプレックスがあったため彼女の進むべき道が誤った方向に行ってしまったが~ 
父と娘の確執 蟠りが解けるそのシーンに感動の余韻がいつまでも~いい作品でした(#^.^#)

脚本~テンポ良く ラストの感動~
良かったらご覧ください。