モリーズ・ゲームの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

モリーズ・ゲーム2017年製作の映画)

Molly's Game

上映日:2018年05月11日

製作国:

上映時間:140分

3.6

あらすじ

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な掛け金でポーカーに講じていた。やがて、彼…

モーグルのオリンピック候補だったモリー・ブルームは、選考をかけた大会で怪我を負い、アスリートの道を諦める。ハーバード大学へ進学するまでの一年を、ロサンゼルスで気ままに過ごすことにしたモリーだったが、勤めていた会社のボスから、アンダーグラウンドなポーカー・ゲームのアシスタントを頼まれる。そこでは、ハリウッドスターや大物プロデューサー、大企業の経営者らが法外な掛け金でポーカーに講じていた。やがて、彼女はその才覚で26歳にして自分のゲームルームを開設するのだが、10年後FBIに逮捕される。彼女を担当した弁護士は、打合せを重ねるうちに、目の前の女性がタブロイド紙に書きたてられるような人物でないことを知るのだが──。

「モリーズ・ゲーム」に投稿された感想・評価

ryo

ryoの感想・評価

2.6
女神の〜も今回のもテンポもよくて圧倒されるし引き込まれるんだけど、ヒロインが何を考えてたのかが分からないまま終わってしまう気がする…。理解力ないのかな…

パパのシーンはちょっと泣いてしまったけど、その反面いまさら?伝わらないと意味ないんじゃ…(怒)!!とか。

ラスト判決あっさりすぎへん?と思ったりはした。
ハリウッド、NYでセレブや金持ちを相手に高額賭博をおこなって逮捕された実在の女性、モリーブルームを描いた実録モノ。ソーシャルネットワークやマネーボールの脚本で数々の賞に輝いた現ハリウッド最高の脚本家のひとり、アラン・ソーキンの初監督作品ですが、去年の賞レースでも脚色賞を含めジェシカチャスティンの主演女優賞ノミネートなどかなり評価されました。

本作で描かれるモリーがジェシカ・チャスティンが再現する通りなら、頭もキレキレ、超セクシーで「何か腹にイチモツ抱えた」魅力的なキャラクターなのですが…いかんせん、お話もキャラもすべてが予想通り!
去年同じくジェシカが演じた「女神の見えざる手」の主人公、スローンが魅力的すぎたのか、モリーはスローンの強烈さを2倍に薄めて話すスピードを0.8倍に落としたくらいの「出がらしキャラ」みたいに見えちゃいました。

でもってあのオチは…なんかモノたりねーーーーーー!!と思うのはジェシカチャスティンのキャラを勝手に脳内で「レッドブル2本飲んだクラリス」的に決めつけちゃってるからなのかなぁ…。
でもこれじゃ、ジェシカの主演女優ノミネート、オスカー直前で失速したのもわかります。

もうひとつ思ったのは、

セリフはキレッキレでいいんですよねーー。
モリーがいちいちあれこれ説明してくれるナレーションや、バカな男どもを正論でねじ伏せて行くシーンも爽快きわまりない。

ただソーキン叔父さんよ、すべてがキレッキレすぎて余裕がなくないすか???

意味がありすぎるセリフのやり取りが早すぎて、字幕がおっつきませんわ。
矢継ぎ早な新キャラ説明に、ポーカーシーンの解説に、途中で字幕をあきらめ、英語だけに集中したらぜんぜんわかりやすかったという…。弁護士を演じるイドリスエルバとの意味深なやりとりも、日本語字幕を読んでると「え、なんでそうなるの??」と思っちゃうようなところ、英語だともっと入って来やすいんだけどな…
ここまで濃密なセリフのやりとりを行われると、字幕のクオリティうんぬんではなく情報を伝えるのでさえままならなくなるという、僕の映画人生でも稀な脚本&字幕のコンビネーションだったように感じました。
これをネイティブ英語でみてたひとたちにはそこまで複雑じゃなかったんじゃないかなあ。その辺もざんねんでした!ソーキン、きっと初監督だし気合い入ってたんだねえー。

あ、しかしケビンコスナーのお父さんはハズしませんね!
RINAppe

RINAppeの感想・評価

4.0
『女神の見えざる手』に引き続き、ジェシカ・チャステインのこういう役やっぱり好きだな…。

競技人生と賭博ポーカーの運営者人生がうまく折り重なりながらストーリーが進んでいく。
中盤まで興奮気味にストーリーが進み、(知らない豪華で欲にまみれた世界が描かれていて)
後半、それまでの歩みの答え合わせのようにストーリーが進む。
子供の頃の父親が質問する内容に対しての返答がすごく良かったし、考えた。
英雄足り得るのは自分だけ。
自分の人生で自分が設けた目標、ゴールにたどり着いたのならそれは確かに自分にとっての英雄だ。

個人的に
子供達に対する両親の愛の深さを考えるとどうしても母が強いと思う。
それでも父親だって父性は強いのだとこの映画で再認識出来た。

#佐賀シエマ
#映画館を独り占め
#贅沢な時間
nuts

nutsの感想・評価

3.0
ジェシカ作品だとスローンと比較してしまうけど、私はこっちの方はイマイチでした…。

アーロン・ソーキンの脚本なんで高速セリフが繰り出されるし、ポーカーシーンはスリリングに描かれてるからついていくのに必死❗️

また観直しだなー

一流スキーヤーがここまでのし上がるなんて冒頭にもあったけど、相当頭がキレる方やったんやなー。
スポーツ選手はやっぱり賢くないと一流にはなれないんですね。

あっ!それと劇中ジェシカの顔が別人にしか見えなかったけど、こんな顔してたかなぁー😳?

2018-103
mmgo

mmgoの感想・評価

4.0
早口でたたみかける展開、ポーカーの事はよく知らないのでついていけなかったが、その理解不能なところも相まって、モリーの才女っぷりはしっかり伝わった。
しかし最終的には人間のデリケートな内面に落とし込むあたりはさすがアーロンソーキン。号泣ですわ。
前向きで爽やかなエピローグもいい。
キッズリターンで金子けんが言う「まだ終わっちゃいねーよ」みたいな。全てを失ったけど、根拠のないポジティブで終わる感じ、スゲー好き。
Yamamo

Yamamoの感想・評価

3.5
オープニングからセリフの量とテンポがとにかく早い!
一気に物語に引き込まれる。

監督のアーロン・ソーキンと主演のジェシカ・チャステインの真骨頂。

高額ポーカーのカジノ経営や裁判などが話しの大元だが、最終的には親子の話し。

最近、ケヴィン・コスナーが脇で出てる映画を観るが、やはり渋くてカッコ良い。
みか

みかの感想・評価

3.9
チャッスン、最近寄せて上げっぷりが凄いななどと思いながら。

映画としてはMiss Sloneの方が好きかな。
とき

ときの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

すごく良かった
ポーカーを実際にするところも父との会話もすごく良かった
父との過去も「木の枝につまづいただけだ」って言って、今のお前が深刻に悩むことじゃない、それだけのことだったんだから今のお前の人生を歩んでくれってスキー選手の時の怪我と合わせて話していて良かった
YukoMiyata

YukoMiyataの感想・評価

4.0
計算された脚本に沿ったストーリーも面白く、主人公と弁護士の存在感、互いの理解が深まる過程がとても巧みに描かれている。重要なテーマとして描かれる父親とのやり取り、それがきっかけで彼女の価値観が形成されていたという件は、個人的にはもう少し刺さらず。ただ、圧倒的な演技力で、主演のジェシカジャスティンが凄く好きになった。