遥美沙樹

アンロック/陰謀のコードの遥美沙樹のレビュー・感想・評価

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)
3.1
個人的に善人顔のオーランド・ブルームが意外な配役で犬にアレされるのは見ていて楽しかったですが、キャスティングにかなり問題ありの作品。これでは誰が真犯人なのか解りすぎる。そこが全然つまらない。そしてパリのテロ事件を扱うなら、もっと被害者に敬意を表現しないと納得しないだろうと感じました。これではネタでしかないもの。それなら架空の事件にすれば良かったのに。バイオテロを扱うのも含めて、ネタが古すぎ解りやすすぎ。安定の役者陣で素晴らしいキャスティングなのに勿体無いねー。