アンロック/陰謀のコードの作品情報・感想・評価

アンロック/陰謀のコード2017年製作の映画)

Unlocked

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:98分

3.4

あらすじ

CIAの尋問のスペシャリストだった主人公のアリス・ラシーンは、かつて、ある受刑者の尋問で“完落ち”(完落ち=アンロック)に追い込むことができなかったために、何十人という罪もない人たちの命をテロリストの襲撃の巻き添えにしてしまい一線からは退いていた。今はケースワーカーとしてロンドンで静かな生活を歩んでいたアリスだったが、CIAがバイオテロ計画を察知し、その計画に重要なメッセージを持つ容疑者を逮捕。…

CIAの尋問のスペシャリストだった主人公のアリス・ラシーンは、かつて、ある受刑者の尋問で“完落ち”(完落ち=アンロック)に追い込むことができなかったために、何十人という罪もない人たちの命をテロリストの襲撃の巻き添えにしてしまい一線からは退いていた。今はケースワーカーとしてロンドンで静かな生活を歩んでいたアリスだったが、CIAがバイオテロ計画を察知し、その計画に重要なメッセージを持つ容疑者を逮捕。その尋問官に選ばれたアリスはCIAに呼び戻された。アリスは絶妙な尋問で、容疑者をうまく“完落ち”に追い込めたが、CIAを装った偽の捜査官たちの罠だったことに気付き、真実を突き止めるべく孤高の戦いが始まる!果たしてテロを阻止することができるのか・・・

「アンロック/陰謀のコード」に投稿された感想・評価

ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

3.7
ノオミ・ラパスの迫力のあるアクションと、誰が味方で誰が裏切り者なのかが分からない展開は楽しめた。
一部理解しきれなかった部分もあるので、もう一度見たらより楽しめるかもしれません、

ただイスラムの方々が次々と命を落とすのは少し残念で可哀そう。
イスラムを悪者にして軍事や監視強化を図っているアメリカを映し出しているのが滑稽に思えた。
OkaYuna

OkaYunaの感想・評価

2.0
オーランド・ブルームが出演してる久しぶりの作品なのでDVD待ってました。

ジョン・マルコビッチ、マイケル・ダグラス、トニ・コレットと豪華競演なのは宣伝として使えるが、これといって特徴のないストーリーとアクションに寝落ちしそうになったのは久しぶりで。

敵も味方も本当にプロなのか?という失態やら、やられ方が見ていられないレベル。

これはレンタルでもムダ使いしてしまった感が大きく久しぶりにショック(笑)
milkmilk

milkmilkの感想・評価

3.5
あっさりしてて、面白かった!
Mia

Miaの感想・評価

3.6
ノオミ姐さんのカッコ良い所をひたすら見せつけられる映画。面白かった。
くろ

くろの感想・評価

3.0
ノオミラパス目当て。上司がマイケルダグラス。そしてオーランド・ブルームと割と豪華。導入の展開が早くて人によっては置いてけぼりを喰らうんじゃない?って思った。あれ?この人CIAとかと繋がっててなんかスパイとかそういう人なんだ。で、実はこれ敵で…という具合にあれよあれよと進む。セブンシスターズもそうだったけど最近のノオミラパスは大体サンドバッグ殴ってる気がする...主人公が尋問のプロっていうから拘束やグロを期待したけどそういう尋問シーンは無くてガンアクションのみ。物足りない!黒幕も予想した通り...というか伏線が分かりやすすぎて意外性も薄くて、まー普通な作品でしたね。マイケルダグラスのジャケット姿がカッコイイのとノオミラパスのアクションが見れたからいいけど...
rYt

rYtの感想・評価

1.5
酷い。あまりに紋切りの映画。
悪いが観るに値しない
出演者は豪華、アクションも悪くない。ただねこのパターン多すぎる…マニュアルでもあんのかい…
eigayarow

eigayarowの感想・評価

3.0
封切り時見逃したのでDVDで。
豪華キャストで裏切りが連発する脚本など全体に悪くない。ノオミ・ラパスも悪くない。退屈しない内容だけど設定のもろもろがなんか新鮮味に欠ける。女性アクションは近年『悪女』『アトミック・ブロンド』『レッド・スパロー』と凝った作品が多いのでこの時期はどうしても見劣りが。5年くらい前に公開されていたとしたらかなり高得点だったかも。
HidekiAndo

HidekiAndoの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

こちらも気になりつつ、劇場鑑賞出来なかった作品。
セブン・シスターズで一人七役を演じたノオミ・パラスが、今作はCIA の尋問官として、ロンドンを救うべく、奔走します。
全体としてはアクションあり、陰謀ありと、飽きずに観れましたが、ちょっと話をこねくり回し過ぎましたかね。
もっとシンプルな方が、個人的には好みでした。
『尋問官ってそんな工作員みたいに動けるの?』とか、『テロを仕掛ける側の人間が、本名で動く必要ある?』とか、諸々突っ込み所もありますが、ノオミ・パラスのアクションも見事だし、面白く鑑賞出来ました。   
無駄に(失礼😂)脇が豪華なので、せっかくのジョン・マルコビッチが活きてなかったのは残念でした。もっと彼が『怪しさ』を醸し出していたら、『誰が内通者?』の件に幅が出た気がします。

しかし、オーランド・ブルーム老けましたねー

My邦題:『マイケル・ダグラスは2度死ぬ』
N・ラパス主演、J・マルコヴィッチ、M・ダグラス、O・ブルーム豪華共演のサスペンス作品。

トレイラーでは「裏切り者を誰だ?」と言わんばかりの演出だったけど、実際に観てみると怪しいのは一人しかいなくて「絶対にこいつだ」と最初から目星がついてしまった。

黒幕に関して驚きの展開はなかったけれど、ストーリーはしっかりと楽しめた。
孤高のエージェントが圧倒的なスキルで敵と戦う映画はアクションも銃撃戦もカッコよくてやっぱり面白い。

J・マルコヴィッチの怖い顔と独特な喋り方、好きです。
そしてO・ブルームの相変わらずのイケメンっぷり。
>|