アンロック/陰謀のコードの作品情報・感想・評価

アンロック/陰謀のコード2017年製作の映画)

Unlocked

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:98分

3.4

あらすじ

CIAの尋問のスペシャリストだった主人公のアリス・ラシーンは、かつて、ある受刑者の尋問で“完落ち”(完落ち=アンロック)に追い込むことができなかったために、何十人という罪もない人たちの命をテロリストの襲撃の巻き添えにしてしまい一線からは退いていた。今はケースワーカーとしてロンドンで静かな生活を歩んでいたアリスだったが、CIAがバイオテロ計画を察知し、その計画に重要なメッセージを持つ容疑者を逮捕。…

CIAの尋問のスペシャリストだった主人公のアリス・ラシーンは、かつて、ある受刑者の尋問で“完落ち”(完落ち=アンロック)に追い込むことができなかったために、何十人という罪もない人たちの命をテロリストの襲撃の巻き添えにしてしまい一線からは退いていた。今はケースワーカーとしてロンドンで静かな生活を歩んでいたアリスだったが、CIAがバイオテロ計画を察知し、その計画に重要なメッセージを持つ容疑者を逮捕。その尋問官に選ばれたアリスはCIAに呼び戻された。アリスは絶妙な尋問で、容疑者をうまく“完落ち”に追い込めたが、CIAを装った偽の捜査官たちの罠だったことに気付き、真実を突き止めるべく孤高の戦いが始まる!果たしてテロを阻止することができるのか・・・

「アンロック/陰謀のコード」に投稿された感想・評価

ゴン吉

ゴン吉の感想・評価

3.7
ノオミ・ラパスの迫力のあるアクションと、誰が味方で誰が裏切り者なのかが分からない展開は楽しめた。
一部理解しきれなかった部分もあるので、もう一度見たらより楽しめるかもしれません、

ただイスラムの方々が次々と命を落とすのは少し残念で可哀そう。
イスラムを悪者にして軍事や監視強化を図っているアメリカを映し出しているのが滑稽に思えた。
【吹替版】
〇'18 9/4 Blu-ray&DVD 発売及びレンタル
配給: キノフィルムズ(木下グループ)→
発売元: キノフィルムズ(木下グループ)
販売元: ハピネット


【字幕版】
●'18 6/22〜7/5単館公開
(首都圏等: '18 4/20〜公開)→
〇'18 9/4 Blu-ray&DVD 発売及びレンタル
配給: キノフィルムズ(木下グループ)→
発売元: キノフィルムズ(木下グループ)
販売元: ハピネット
ワイド(ARRI/シネスコ)
音声仕様表示無し
7/4 18:50〜 福井コロナ シネマ1にて観賞
DCP上映
LPCM
パンフ未購入
※劇場では字幕版のみ。
二、三回軽く寝落ち。

トニ・コレットが、ユーリズミックスのアニー・レノックスに激似。
スパイもの。
悪者は誰だ?というお話にマイケル・ダグラス、ジョン・マルコヴィッチ、トニ・コレット、オーランド・ブルームが出てくると誰も彼もが悪者にしか見えない。凄い面々だわ。そんな中、お話が進むもんだから地味にハラハラ。スマッシュヒット的な作品であった。
個性派豪華キャスト達の演技は非常に見応えがありましたが肝心要な終盤のクライマックスが、へっ、そうなんだっ(^_^;)って感じで終わってしまったのが自分の中では少し物足りなかった気がします。欲しがり屋さんでスイマセンm(_ _)m
なかなかいける!(笑) テロ、まじ終わり!勝手に死んでくれよ…。国の為とかもういいよ…。 ベッタベタだけど面白かった!

ノオミ姐さん、キレがありました!でもやっぱりお顔がデカイ(笑) マルコビッチより顔デカイ(笑) 美人さんだけど顔デカイ(笑) なんか残念…顔デカイ(笑)

オーリーでとるやんけ!海賊の格好してないけどカッコよかったね!

マイケルダグラス…。かわらんの~(笑)整形してるのか?(笑)

マルコビッチ、ハゲキャラ定着してますね!ハゲでカッコいいってどゆこと?ハゲ(笑)ゲーハー(笑) あんなカッコよかったらハゲでもいいね!

顔デカイだの、整形だの、ハゲだのなんだかんだぬかしてますけど、面白いんです(笑) 分かりやすい裏切り者の設定とかもうコントの域まで昇華されています!(笑) 誉めてるのよ?(笑) たまにはベタもよし!(笑) ベタすぎてとても懐かしい気持ちになりました。昔の映画って分かりやすい裏切り者がいて、やっぱり~!が楽しかったので。頭使わないで観れますよ!オススメ!何気にキャスト凄いしね…(笑)

余談

最近はミニシアターが多いですね~♪会員価格1000円だし、人いないし、パンフも充実してるし。

この劇場でやってたバーフバリ完全版の予告であがりまくってる今日この頃。避けて通ってきたインド映画、前作も観たあとで、壁パンチしたり、雨のように降ってくる槍を避けたり、満面の笑みでキレッキレのダンスしたりしたいと思います。(笑) 初インド映画、楽しみだ~♪
途中、ノオミ・ラパスが衣装チェンジを致しますけれども、そこで露出度が上がる訳でもないというのが、サービスよりもリアリティを優先させてしまうというのが、もうなんと言いますか、ねえ。
気合の再始動-19
>|