アンロック/陰謀のコードの作品情報・感想・評価

アンロック/陰謀のコード2017年製作の映画)

Unlocked

上映日:2018年04月20日

製作国:

上映時間:98分

3.4

あらすじ

CIAの尋問のスペシャリストだった主人公のアリス・ラシーンは、かつて、ある受刑者の尋問で“完落ち”(完落ち=アンロック)に追い込むことができなかったために、何十人という罪もない人たちの命をテロリストの襲撃の巻き添えにしてしまい一線からは退いていた。今はケースワーカーとしてロンドンで静かな生活を歩んでいたアリスだったが、CIAがバイオテロ計画を察知し、その計画に重要なメッセージを持つ容疑者を逮捕。…

CIAの尋問のスペシャリストだった主人公のアリス・ラシーンは、かつて、ある受刑者の尋問で“完落ち”(完落ち=アンロック)に追い込むことができなかったために、何十人という罪もない人たちの命をテロリストの襲撃の巻き添えにしてしまい一線からは退いていた。今はケースワーカーとしてロンドンで静かな生活を歩んでいたアリスだったが、CIAがバイオテロ計画を察知し、その計画に重要なメッセージを持つ容疑者を逮捕。その尋問官に選ばれたアリスはCIAに呼び戻された。アリスは絶妙な尋問で、容疑者をうまく“完落ち”に追い込めたが、CIAを装った偽の捜査官たちの罠だったことに気付き、真実を突き止めるべく孤高の戦いが始まる!果たしてテロを阻止することができるのか・・・

「アンロック/陰謀のコード」に投稿された感想・評価

原題「Unlocked」の直訳は「鍵の掛かっていない、ロックされていない」だが、この作品の場合では「秘密などが明らかになった」という意味だと思う。
ノオミ・ラパスが演じるヒロイン・アリス・ラシーンは優秀なCIA取調官だったが、数年前に容疑者尋問からパリでのテロを未然に防げなかったことを悔いながら、ロンドンでケースワーカーとしての日々を送っている。
そんなある日、そのロンドンでバイオテロ計画の容疑者が逮捕され、取調官としてアリスに白羽の矢が立つ。
ここから容疑者への尋問を含めた、彼女のバイオテロ阻止の戦いの火蓋が切られる。
映画では、アリスが容疑者からテロ計画情報を聞き出す為、押したり引いたりの巧みな取調べが描かれるが、彼女に対する罠や内部からの裏切りに遭ったりして事は思うように進まず、逆に彼女自身が被疑者として追われる立場になってしまう。
果たして彼女はテロ計画の闇をこじ開け、真相を白日の下に晒すことが出来るのか?
ストーリーは二転三転して最後までスリリングに展開するが、黒幕の正体やその動機がB級映画によくあるパターンで、感の良い人は途中で分かってしまうと思う。
ジョン・マルコビッチ、マイケル・ダグラス、オーランド・ブルームやトニ・コレットという個性的な共演者たちと共に、肉弾戦や銃撃戦を交えて最後までテンポ良く展開します。
楽しめる映画です。とにかく主人公の女CIAのノミオ・ラパスがかっこ良すぎます。ストーリー的にはよくあるアクション映画のようで、騙し合い、殴り合い、殺し合いがあります。自分の過去の出来事がトラウマのようになり悩んでいる日々に、舞い込んできた尋問の仕事からストーリーが展開。犯人を追い詰める過程で、過去の事件の原因が自分のせいでないことが分かり、復讐の意味も帯びてくる。この手のスピード感あふれる映画は面白いですが、外国人の顔と名前が覚えきれずストーリが読めなくなる時があります。年は取りたくないものです。
てぃむ

てぃむの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

テンポも良くてライトな感じで楽しめた。
大まかなストーリーは知ってたけど、最初の尋問のシーンで本来行われるはずの尋問ではなかったことが発覚した時はおおっとなった。
好きなアクションも比較的多くて楽しめた。
このシーンまた観たいってのはないかなぁ。
でも続編があったらまた観たいかも。
最後はトルコで敵を倒した後、ジョンマルコビッチが車で迎えにきて車で話すシーン。これからもよろしくみたいなことを言われて終わり。

このレビューはネタバレを含みます

最終日に滑り込み鑑賞🎥

こんなに綺麗なノオミラパスは初めて✨と思ったら
やっぱり甘くなかった、しっかり闘って、しっかり流血
やっぱり格好いいな、様になってるなと思った
ラストの歩道橋でのシーンなんて、特に!
しびれた✨

マルコビッチはふてぶてしいけど、今回は良い感じのふてぶてしさで良かった
また、トニコレットとマルコビッチの掛け合いは楽しくて
いつまでも聞いていたいようだった

意外なストーリー展開も面白く、
ノオミラパスの微妙な表情の演技にも見入ってしまった✨
続編とか、出来ないのかな~シリーズとしてまた観たいな
ノオミ・ラパスさまがまたやってくれました‼️
アクション女優路線で続けてもらいたいですね~(ФωФ)

ジョン・マルコヴィッチも久々にらしい演技で痺れました。「バーニング・オーシャン」のような役回りは勿体なすぎるし、なんからしくない!
ノオミ・ラパス最高✋午後ロードでまた会いましょう✋
stk

stkの感想・評価

-
女スパイもの。
単発コンパクト感でちょうど良いけど、劇場ほどではなく、機内でみたらまあまあ良くてラッキーって感じだな
Yuumi

Yuumiの感想・評価

3.5
コンパクトにまとめあげ、油断する隙もなくテンポよく進む作品は大好きです。スパイ映画は誰と誰が繋がっててなど、相関図にやられてしまいますが、余計な登場人物もいなく、分かりやすいのであっという間の98分でした。ハイライトはオーランドブルーム。あ、いたんだね。って感じです。
そしてここからは余談ですが、セブンシスターズを観てからノオミラパスがPLLのスペンサーにしか見えなくなった。頭脳明晰で怪しいものに1番に気付く。もう完全にスペンサー。ちなみに知らない人のためにもPLLとはPretty Little Liarsという私が好きな海外ドラマです、完結済み。このドラマにスペンサーという女の子がいるのですが、ノオミラパスに瓜二つ。こう思っているのは私だけでしょうか?笑
他にもいらしたらご一報下さい。
まる子

まる子の感想・評価

3.5
TOHOフリーパス9本目
短かったし無駄なとこなくてサクッと観れた。意外と面白かった。
スクリーン4
11:50
Cー9
>|