YukiMakino

ホーンテッドテンプル 顔のない男の記録のYukiMakinoのレビュー・感想・評価

1.0
序盤から中盤にかけてジャパニーズホラーリスペクト的ジメジメ系の不気味さは出しててそこは良かったんだけど、後半にかけてアメリカ系クリーチャーホラーに転換するのは世界観を雑に崩してしまって良くなかった。


以下、ネタバレ込みの悪口です↓





登場人物が外国人カップル(ケイトとジェイムズ)と通訳で同行する友人の男クリスという構成なんだけど、このクソアホカップルがめちゃめちゃストレスたまる行動しかとらないの、マジでムカついたな…山奥のボロ民宿で三人一部屋なのにセックス(対面座位)してんじゃねえよ!!そして痴情のもつれから勝手に単独行動とるな!曰く付きの寺で一夜過ごそうとするな!!ジェイムズの叫び声を聞いたケイトが、怪我したクリスを完全無視して闇の森の奥深くに考えなしに突撃するな!!そしてケイトが洞窟で迷うくだり、冗長すぎる!!こういう足を引っ張る奴は総じて派手に殺されてスカッとさせて欲しいのにボンヤリしたまま終わらせるな!!あと、クリスになついた子供、出てきた瞬間に幽霊って一発でバレてるから後半にシックスセンスみたいな「実はクリスにしか見えていなかったのだ〜!」みたいなドヤすな!!!!!!サイモン・バレット、割と好きな脚本家なのにもうちょっと頑張って欲しかったな〜う〜ん。いや、脚本はまあいいとして、見せ方が悪かったかな