ホーンテッドテンプル 顔のない男の記録の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

「ホーンテッドテンプル 顔のない男の記録」に投稿された感想・評価

製作はアメリカでも舞台は日本なので和製ホラーを見る感じ。
日本の陰湿な寺や村の雰囲気がよく出きてた。ジワジワと迫ってくる感じがしてよかった。
結果、そこだけでした。。。
肝心の怪異の因縁はハッキリとせず、子供絡みなのに情念や悲哀などは感じられず、単なる巻き込まれモンスター映画的な仕上がりで残念かなm(__)m
こうゆう作品に出演してしまった竹中直人さんが可哀想(゜゜)(。。)
pongo007

pongo007の感想・評価

1.7
 竹中直人が出ていたので、おもしろいのかなと思って見ましたが、残念でした。日本を舞台にしたホラー映画なのですが、怖いシーンがなかったです。
めろ

めろの感想・評価

1.5
え、なにこれ結局どういう事?
どう解釈するのが正解なのか分からない。
ジャパニーズホラーな雰囲気出しといてからのアメリカンホラーな感じだった。
2つのホラー要素はあまり上手く混ざってなかった気がする。
haru

haruの感想・評価

3.3
2018/1/20 観賞。
「未体験ゾーンの映画たち」 1作品目
Yurihanna

Yurihannaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ホーンテッドはいらん、テンプルでよかった。顔のない〜もいらん、The templeでよかった。
えっと、最後何?
面白かったんだよね、途中まで。
最後何?どしたの?
どう捉えればよいかな?
日本を舞台にしたホラー。
なんというか解釈の難しい作品です。
監督がやりたいことはわかります。
洋画によくある嘘くさい日本語を話す日本人は出ませんし、ロケも日本で行ってて雰囲気は出ている。
ただ映画としてみると…「youtuberが日本の怖いところ行ってきたぜイエーイ」みたいな浅さがあるんですよね。
単純に得手不得手の問題だとは思いますが、やはり外国人に日本のホラーを理解するのは難しいのかなぁ?と感じてしまった一本。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.0
日本旅行へやって来たアメリカ人大学生が、森の奥で立ち寄った寺での恐怖を描いたホラー作。日本を舞台にしているだけあり、ジャパニーズホラー要素も盛り込まれてはいるが、和を取り入れた、雰囲気だけを残したアメリカ産ホラーであり、特別日本らしいホラーの楽しみはそれほどない。様々に散りばめられた内容が空回りしすぎており、恐怖に対して、ある程度の余波、説明、情報がないと謎が謎として活きてこない展開が多い。〝答え〟ではなく、考えさせる〝何か〟すらない、脚本の雑さを感じるホラー。
わたしの辞書にはこう書かれている…


ホーンテッドとつく映画に良作なし!と…。


またその辞書の正しさが証明されてしまったよ…。

未体験ゾーンの映画たち2018年1作目。
今年は1作目からつまづいて転んだね。

辞書にはああ書いてあるものの、実はかなり期待してみた作品。
外国人が描く日本って好きだし設定がすごくおもしろそうだったから…。

なんていうかこう…
がんばってるのはわかるし、ああ!こうしたかったんだね!っていうのもなんとなくわかるけど、よくばりすぎてどれも中途半端で結果よくわからない話になってた。

Jホラー
あっと驚く真相
人間心理と狂気の怖さ

ここら辺がごちゃまぜで中途半端で説明つかんのだよなぁ。
どれかに特化すればよかったかもね…。

真剣にホラーとしてみるとズコー(じゃんけんマシン風)ってなるけど、こんな奴おるかーい(^ω^)なんでここでこうするんじゃーい(^ω^)ってきゃっきゃしながらみるにはすごくいい映画かも!
バーのサラリーマン粋すぎじゃよ…かっけえな。

おもしろくはなかったけど、でもムカついてもない。
去年のデットオアリベンジとかアブノーマルウォッチャーのほうがおもしろかったしドキドキしたけど見終わったあとはムカついたから、やっぱり未体験ゾーンの映画ってどんなのがくるかわかんなくてたのしーい(^ω^)♫
2018ヒューマントラストシネマ渋谷
未体験ゾーンの映画たち⑤
もうちょっとJホラーを研究しよう、な
ぴな

ぴなの感想・評価

1.3
シアター2

和洋それぞれの特徴を併せたらオカシイことになっちゃたよ的ホラー。
登場人物たちの言動が無茶苦茶すぎてひたすらツッコミ入れたい。
途中から眠くなってしまって、意識飛ぶ…

このチョイスは失敗だった。