andhyphen

海を駆けるのandhyphenのレビュー・感想・評価

海を駆ける(2018年製作の映画)
3.5
ディーン・フジオカをこの映画から抜くとどうなるか。という事を観ながらずっと考えてしまった。日常に訪れる歪み、異物としての存在だとして、それが「淵に立つ」の浅野忠信程の効果を生んでないのは確かだと思う。勿論そう描いてはいないから当然といえば当然なのだが、観る人間は比較してしまうかもしれない。
彼の存在が何かのメタファーか、それとも触媒なのか...多分、津波が根底に常にあるので、抗えない自然のメタファーなのかとも思うが、わからない。この辺全然わからない。
正直彼の存在を抜いてもこの物語、成り立つには成り立ってしまう。異物として放り込まれるのは日本からやってくる阿部純子でいい。多分全然違うテイストの映画になるけど、わかりやすくはなる。
だからディーン・フジオカの存在をどう捉えてどこに置くか...で評価がひっくり返ってしまう映画だと思った。
映画としての画はびっくりする程美しい。撮り方、切り替え方、完璧さを感じる。
それにしても太賀...彼は上手すぎる。驚嘆レベル。
ディーン・フジオカは私にはいつも現実感が薄いのでこの役は合っている、と思う。
「海を駆ける」より「The man from the sea」の方が直接的で良いけど、直訳すると確かに情緒がない。「月が綺麗ですね」みたいなものか。