ざわゾンビ

殺人者の記憶法のざわゾンビのレビュー・感想・評価

殺人者の記憶法(2017年製作の映画)
3.8
観たのにレビュー書かずに寝かしてたclip作品整理デイ!

なんばのBigStepでしかやっていなかったものの、どうも気になっちゃって足を伸ばしました。

主人公はアルツハイマーの元連続殺人犯。
その娘が、新たな連続殺人に巻き込まれる。
彼はかつての経験や勘を活かし、連続殺人犯に挑んでいく。

面白かったのがミスリードの手法。
起こった事やその際感じた事を主人公がナレーションし、また、作中の描写も彼の見ている風景で描かれる。
フツーの作品ならなんら問題のない部分やけど、そうなんです、彼はアルツハイマー。
どこまでが本当か、正しく判断できへん!

そんな中近付くタイムリミット。

頑張れ父ちゃん。
一世一代の追跡や。

やがて解き明かされる悲痛な過去と、彼のその後。切ねぇ、切ねぇ…
どうやらアナザーエンディングもあるようですが、僕はこっちのエンディングで十分満足しました。