ミッドナイト・ランナーの作品情報・感想・評価 - 9ページ目

ミッドナイト・ランナー2017年製作の映画)

청년경찰/Midnight Runners

上映日:2018年03月24日

製作国:

上映時間:108分

4.0

あらすじ

警察大学で勉強し始めて2年になる熱血学生、行動派のギジュン(パク・ソジュン)と頭脳派のヒヨル(カン・ハヌル)。親友の2人は外出先で偶然、拉致現場を目撃する。学校で学んだとおり警察に通報するも複雑な手がかりと不足した証拠で捜査は一向に進まず、1分1秒と緊迫した中で時間だけが過ぎていく。ギジュンとヒヨルは自らの足で直接捜査を始めるが、予測不能な状況に出くわすこととなり…。

「ミッドナイト・ランナー」に投稿された感想・評価

miyabi

miyabiの感想・評価

4.0
韓国映画。やっぱり 観ちゃうよね。しかも、こういう警察物(これは、警察官じゃなくて、警察大学の学生だけどね)好きかな。
夢と希望を持って、大学に入り?正義感だけは、未だ、持ってる。卒業して、警察官になると、腐敗と賄賂に 染まって、正義感なんか どっかにいっちゃうけど。
誘拐を 目の前に見て(ナンパ目的でストーカーまがいに ついていったお姉ちゃんがたまたま誘拐された)、警察に 通報したら、事件の順番待ち。捜査するの1ヶ月後だって!授業で 誘拐初動捜査7時間以内って、習ったばかりなのに。
正義感から 勝手に 捜査開始!付け焼き刃で 悪党に 勝てる訳なく、玉砕!
体力馬鹿と頭脳派馬鹿。これ、どっちが 人気なの?周り 観客、女の人ばかりで 満席!
話は、ありきたりだけど、なかなか面白かった‼️
とえ

とえの感想・評価

4.0
青春バディムービー!
笑えるところあり、ホロっとするところあり、ハラハラするところありで
面白かったなぁ〜

警察大学校に通うギジュンとヒヨルが、休暇に出かけた江南で誘拐事件を目撃してしまい、そこから犯人を追い始めるアクション映画

夢と情熱を抱いた若き警察官候補生二人が、時には現実につまずきながらも、それでも自分の正しいと思うことを貫き通そうとする

しかし、その度に大人が彼らの前に立ちはだかり「青二才の情熱」に冷や水を浴びせる

この映画が良いなぁと思うのは、
それでも彼らが「大人の常識」に流されず、常に「何が正しいか」を、自分の頭で考えて行動しているところ

大人の常識とは「規則や上司が絶対」とか、「庶民よりも財閥が優先」というような杓子定規な考え方

それよりも、彼らは「目の前に困っている人がいたら、何よりもまず、その人に手を差し伸べること」を優先する

その困った人が、貧乏だろうが、家出人だろうが関係なく

もちろん、そんな彼らの若さゆえの情熱やまっすぐな思いが通じないことも出てくるかもしれないけれど
彼らはそうやって痛い思いをしながら学んで成長していくのであり、
逆に、大人たちも、そんな「犯人逮捕に必死になる」彼らから学ぶこともあるのでは…と思う。

失ってしまった情熱とか、理想とか、希望とか。

彼らのそんな情熱を折り曲げたり、挫折させることなく、彼らが納得いくところまでやらせたところに、この映画の素晴らしさがあるのだと思う

私も教授と同じく、彼らの若さが羨ましいと思った
観客は、九割以上が女性客。
場内が主役の二人のシーンしか反応しない様子からして、観客の八割以上が主演の二人のファン勢であるのは間違いないかと。
「笑う程でも無いだろうに」と思えるシーンでもイチイチ笑い声を出して笑ってくれるファン勢の様子に
「ファンって有り難い存在だなぁ」と
少しひきました。(´・ω・`)

ファンを意識(サービス)したかの様に
劇中で幾度と二人の裸シーンを用意したり。
製作側による主役二人の全面推し具合と、
二人の人気の高さを感じたり。

フィルマークの評価がヤケに高い事や
韓国で大ヒットした理由も“コレ”なのかなと
思ったりしました。

で内容に関しては、私は二人のファンで無い為か
絶賛って程でもなかったかなぁ。
かと言ってツマンナイとは思わないけど。

主役の二人のファンには薦められるかも。

2018年3月に映画館で鑑賞
HiromiKagi

HiromiKagiの感想・評価

4.5
パク・ソジュンとカン・ハヌルの掛け合いが楽しかった。日本語字幕を友人が翻訳してたのもあって、観たいなぁと思ってた作品だった。
新居

新居の感想・評価

3.6
ファンの方々が多いのか満席で立ち見の人もいた★
序盤は何故こんなとこでみんな笑ってるの?と思うくらいおばさま方の一体感が怖かった(。-∀-)
熱血と知能の主演コンビの掛け合いが面白く、突っ込みどころはいっぱいあるけど演技もしっかりしてて楽しめました(*´ω`*)

韓国映画の初日行くのは考えものだな~…
韓国イケメン俳優のバディものならさぞかしスタイリッシュなアイドル映画なのだろうと思ってたんだけど、垢抜けない童貞臭漂う童貞イケメンバディものでした。
ファンからしたら自分の推しが童貞設定とかたまらんのやろうなって。
チェ

チェの感想・評価

3.8
客層のせいか、観客の笑いの沸点の低さが序盤はノイズでしかなかった。
生意気いってすみません。
で、韓国警察、本当にあんなポンコツなの?
国民番号なんのためにあるの?
誘拐事件のフォローはなしなの?
CCTVのくだりはメデューサの活躍でもう一捻り欲しかったです。
言いたいことは多いけどパク・ソジュンとカン・ハヌルの演技は満点。後半の脚本がマイナスポイント。
でも面白かったです🤗。
お客さんの層から
イケメン映画かと思ってました。
が、前半のコメディ展開から一転して本気モードというか韓国映画の黒い部分も出てきて楽しめた。
にく

にくの感想・評価

4.1
アイラヴ!!!!!!!!!!!!!!!!!!アイラヴミッドナイト・ランナー!!!!!!!!!!!!アイラヴ!!!!!!!!!!!!!!!!!!マイラヴ!!!!!!!!!
昨日この映画の存在を知って今日急遽見たけどアイラヴミッドナイト・ランナー!!!!!!!!!!!!
全国に映画館が何館あるのか知らないけど上映館5000くらいになって欲しいしアイラヴミッドナイト・ランナー!!!!!!!!!!!!マイラヴ!!!!!!
韓国で550万人動員の大ヒットも頷ける、爽やかで、そして中盤以降のヒリヒリした韓国映画らしいアクションシーンも見どころのエンタメ作品。
元来バディアクション自体は好きなので、頭脳派と肉体派のふたりの主人公の掛け合いも楽しく、そして中盤に『哀しき獣』や『チェイサー』の様な市街地疾走シーンがありますが、若さゆえのフレッシュで見事な走りっぷりは必見!
何より、一度やられて特訓して再度挑戦するといった、古き良きカンフー映画的な展開に胸を熱くすること間違いなし!
いやはや、韓国映画のレベルの高さは侮れないなぁと。