パパはわるものチャンピオンの作品情報・感想・評価

「パパはわるものチャンピオン」に投稿された感想・評価

主演、ゴキブリマスク役の棚橋弘至、「100年に1人の逸材」、「新日本プロレスのエース」と呼ばれるが、最近はオカダや内藤に押され気味で、本作と境遇が何となく似ている。原作は絵本で、見てはいないが、何か面白そう。
オカダ・カズチカが演じるのはチャンピオン、ドラゴン・ジョージ。ドラゴンと言えば藤波辰爾が浮かぶが、本作でも対決シーンで、ドラゴンスクリューを決める。この技は棚橋の得意技で、掟破りなんだけど、リスペクトってことでいいのかな。
ゴキブリマスクとタッグを組むギンバエマスク役に田口隆祐。ジュニアの選手だが、同様に最近は若手に押されてる。ギンバエの境遇を「オレは、ヒールしかできない!」ホント渋い。
あと、必殺技を別名で言ってるのもいい。一番のお気に入りは、ゴキブリマスクが放つ「ホイホイ・ブレード」。
と、プロレスのことばかり書いたけど、寺田心演じる息子との親子愛やこの子と仲里依紗演じるプロレスオタクの編集者の関係性も面白い。あと、編集長役の大泉洋。軽めのタッチなのに人間味が溢れてる。こんな役をやらせると、さすがに上手いね。
敬語使い出す仲里依紗が可愛かった。
一体何を見せられてるのかと思う。 

棚橋と田口の演技がまあ酷い 

オカダは演技がうまい 

最近の新日本プロレスファンを囲うだけの映画だね

 本物のプロレスラーが大根演技しながらやる必要があるのだろうか。ハッキリ言うと、普通にプロレス見てるほうが、こんなちゃちな映画よりよっぽどストーリーもあるし、感動する。まあ、今の新日本プロレスにはあんまないけどね
ワヤ

ワヤの感想・評価

4.3
プロレスは全くの門外漢。
それでも男の生き様に感動。
どんな姿だろうと戦うお父ちゃんの姿は最高にカッコいい!
本物のプロレスラーが演じているので演技力には難があるけど、プロレスラーでなければこの試合の迫力は出ないでしょう。

試合前に猛特訓のシーンと最後の試合で何度でも立ち上がる様があればよかったかなぁと思ったけど、それだとまんまロッキーになってしまうか笑
でもロッキーのような戦う男の映画が好きな人には間違いなくオススメ。
irina

irinaの感想・評価

3.7
心くん、可愛いなあ。
おとうちゃんもカッコいいし。
好きな仕事なら正々堂々としていればいい。
言葉に出すと簡単ですが、子供の心が絡むと単純にはいかないですね。
なかなか良かったです。
思いがけずウルっとしました。
石川優

石川優の感想・評価

3.7
2019/6/6観賞。
グッとくる作品だった。シンプルに泣ける。
高橋優の主題歌めちゃくちゃ良い。
cinema

cinemaの感想・評価

3.7
本物のレスラーの迫力すごい。
プロレス好き
>|