レディー・ガガ:Five Foot Twoの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

レディー・ガガ:Five Foot Two2017年製作の映画)

Gaga: Five Foot Two

製作国:

3.9

「レディー・ガガ:Five Foot Two」に投稿された感想・評価

Emma

Emmaの感想・評価

5.0
700本目のレビューは尊敬するガガ様に!

Netflix見てる人は絶対に、絶対に見てほしい。『アリー/スター誕生』を見る前に必ず見てほしい!あとこれを見終わったら、本作にも出てくるガガ様の大舞台、Super bowl のハーフタイムショーを見てほしいです。リンク貼っておきます。

https://youtu.be/txXwg712zw4


ガガの文字通り、ガチなありのままの姿を捉えたドキュメンタリー。

余談ですが、つい先日放送されたV6の学校へ行こう!のスペシャル番組で日本の高校生が奇跡的にガガにヴェネチアでインタビューさせてもらった映像を見て、なーんて素敵な人なんだろう、これが本物のスターだなって感動でぶちのめされた映像、こちらです。これも是非見てください。

https://youtu.be/jE_4KV3_-lQ

そんな中でガガのことをもっと知りたくなってSNSでいろいろ調べてたらこちらのドキュメンタリーをおすすめしている方がいたので早速見てみました。

体も、心も、なにも隠さず映し出すのでびっくりしてしまいそうなシーンも沢山あります。でも見終わって思ったこと、ガガは限りなく普通の女の子であり、限りなく特別なスターだということ。感動で胸がいっぱいになります。

栄光の影で、これだけの痛みや苦しみを味わうからこそ、あれだけファンを大切にするんだろうなと、とてもストンと心におりてきました。

個人的に印象的だったのは、彼女の名前と同じジョアンという伯母の存在が語られるシーン。こんな想いが込められていたのか、とアルバムの裏側にあるストーリーにとっても胸が熱くなりました。そのあとガガの伯母について調べると劇中では語られていなかった悲劇などもあり、とても苦しくなりました。

だからこそ、アルバムが流出して汗と涙の結晶があっという間に30万ダウンロードされてしまったシーンは本当に悔しかったです。

大学時代の授業で映像コンテンツ産業について学んだ時に教授からも言われて、それ以来ずっと胸に刻んできたけれど、フリーでダウンロードできる今のような時代だからこそ、見て良いなと思ったなら、最終的にはちゃんと、芸術を生み出す人たちに対価を払うことで応援する。わたしはそれを続けたいです。

このドキュメンタリーに出てくる人で一人としてプロフェッショナルじゃないひとはいないから、彼らみたいな人がちゃんと真っ当に生活して仕事して、良い作品を、世に送り続けられるように、それを享受して私たちがまた幸せになれるためにも、ちゃんとお金を払って応援したいなと心底思いました。

最後に、Super bowlのハーフタイムショーなんで世界最大の舞台といっても過言じゃないのに、そんな舞台の出番ギリギリまではしゃいでるガガはやっぱりスターだわと思った。私ならチキってゲロ吐くと思う(汚くてごめんなさい)。笑
akari

akariの感想・評価

3.6
1週間かけて少しずつ観た。ド派手な衣装でファンを楽しませるのがガガさんやと思ってて、特別視してて、Joanne が出た時、ガガさんらしくないなって思ってたけど、これみて印象ガラッと変わった。ガガさんも人間やし、普通に身体に痛みさえも抱えてるし。ファンと距離とって嬢王様してた前のガガさんやけど、今はファンサービス大事にして大人なガガさんやし。父方の祖母?が19歳の時にdownしてて、その方がJoanne。ガガのミドルネームもそうやって言ってたかな?確か。とりあえずガガさんかっこいい。最後泣いてるの観たら、もらい泣きしそうになったくらい。強いなあ。
ジェンダーにすごい敏感で、「女やから」って言われるのが嫌っていうてるのはわかる。女でごめんねって言ってるのが印象的やった
Greencurry

Greencurryの感想・評価

4.0
プロってこういうことかってライブのシーン見て思ったかっこいい

と、同時になんか嫌なシーンもいくつかあった。。。これはもっと知ってから、それでもそう思うなら言葉にしよう。。。。

CDショップの自分のを並べちゃう感じはスパースターの嫌なとこでてたね笑


全体としてさらけ出しててすごくかっこいい作品
KAI

KAIの感想・評価

4.2
Joanneは今までのアルバムよりガガっぽくなくて正直、今までのイメージを貫いて欲しかったなーってすこし残念に思ってた。
でも、本当のガガはこれ。
今までのガガも今のガガも両方大好きになれた。一生好き
レディーガガのことは何も知らんかった。曲も聞いたことなかった。
これを観て、彼女がとんでもなく歌が上手くて、鳥肌が立った。彼女が感情にとんでもなく素直で、強くて脆くて、仕事にめっちゃ厳しくて、野心家で家族思いで、友人に優しいことが分かった。
ピアノの弾き語りはマジで震えた。
レディー・ガガのドキュメンタリー。彼女の人生について、というよりは、スタイルを変えた新アルバムのリリースの部分のみを切り取ったもの。

事前知識が無いとあまり観ていてもイマイチかと。おそらく多くの人のイメージにある派手な服装をしたガガは出てこないし、あまり編集されていないため解説もなくちょっと分かりにくいシーンも。

個性派のアーティストだから色んな価値観についてなど話してくれると期待しすぎたのか、基本Fワードが多くあまり語ってくれなかったのが残念
りえ子

りえ子の感想・評価

3.5
より一層ガガを好きになる映画。進化し続ける彼女も普通の1人の人間、1人の女性。
"I'm sorry that I'm a girl."と泣きながら友人に抱きつくシーンが印象に残る。
演技も曲作りもライブも真剣に取り組む姿をみて、自分も頑張ろうという気持ちになれた。最近あまりガガの曲を聴いていなかったけど、この映画を観終わってからまた聴くようになり、もっと味わいながら聴こうと思った。
MARIMO

MARIMOの感想・評価

4.0
なんか自分ちっぽけ
って感じ
あんな人気者でも孤独と愛に飢えているのだねぇー

でも女って強いな
自分自身を受け入れようって思えた
松浦

松浦の感想・評価

3.8
やっぱり人って「愛」を欲してるというか孤独が嫌いというか、、。どんな凄い人でも結局そこ大切なんだよねって。

でもそこが犠牲になってるからこそ世界中を魅了してるのかもしれない。のかもしれない。

ガガのこと別に好きじゃなかったけど好きになった。
Rookie

Rookieの感想・評価

3.8
繊細で普通の考えを持って、地に足をつけた努力を重ねている女性
女性として戦い続けてる


Florence Welch と共演作がジョアンやったら一番好き
楽しそうだったし笑