marutabatsuo

バッド・ジーニアス 危険な天才たちのmarutabatsuoのレビュー・感想・評価

3.6
カンニングを題材にこれほどスリリングに描くとはスマッシュヒットも納得。消しゴムに書くのにはじまり、末にはスマホ、時差まで利用してチームの大計画ケイパームービーに。演出が凝っていて楽しいが、スローモーションの多用には吹き出してしまった。

ラストはスカッとした『スティング』的オチを勝手に期待してしまったので、やや消化不良。そっち側の結末だったか。