がぼ

バッド・ジーニアス 危険な天才たちのがぼのレビュー・感想・評価

4.2
(2018年10月鑑賞)
評判通り面白かった!しかし、ハラハラドキドキ、手に汗握るお話と聞いていたので、まさか人間臭い部分で泣きそうになってしまうとは全く想像していなかったよ。

スリリングなストーリー展開やスタイリッシュな演出は噂通り素晴らしいんだけど、個人的には人間ドラマ的な部分に一番やられた。

同じ天才でも、全く正反対の主人公・リンとバンク、友人たち、そして家族。物語が進むにつれて、変わっていく彼らの人格や関係性…その変化に気づくと観終わった後に本当に面白かったなぁと思わずため息が出てしまう。

特にリンのお父さん、個人的にすごく好き(笑)

日本以外のアジア映画には、邦画でも洋画でも描ききれない、すごくエネルギッシュなものを感じるから、ちょっと気にせずにはいられなくなっている今日この頃。この映画もそんな感じだった。