バッド・ジーニアス 危険な天才たちの作品情報・感想・評価

バッド・ジーニアス 危険な天才たち2017年製作の映画)

Chalard Games Goeng/Bad Genius

上映日:2018年09月22日

製作国:

上映時間:130分

3.9

あらすじ

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」に投稿された感想・評価

pepo

pepoの感想・評価

-
バッド・ジーニアス
試験という誰にも覚えのあるシチュエーションでの緊張感に、設定がどんどんヤバさを倍増しで上乗せしていく。テンポとスリルに引き込まれて130分があっという間だった。
ハラハラ度がスパイ映画を凌ぐのは、プロ諜報員の皆さんより「生まれついての負け犬」を自称する貧しい片親家庭のタイの高校生の身の上の方が、親やその後の将来までひっくるめて身に迫って危ぶまれるから。その一切が杞憂で済んだとは言えないラスト、社会の不平等さが苦く残る後味。
これが洋画ホラーならな... プールでイチャつくカップルなんか、序盤で謎生物に喰われてるに決まってんのにな!
Yukiwata

Yukiwataの感想・評価

5.0
ふるえた!!
タイの規模が大きくなってゆくカンニング映画
バレて欲しかったりバレないでいて欲しかったりスリルが凄い
主人公はバンク
ストレートに現実を押し付けられるのがハリウッドにはない生々しさを感じた
登場人物はみんなクズだから気をつけろよ
きゃと

きゃとの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

初めて観たタイ映画。わくわくしながら観てたけど、後半じわじわといい気分じゃなくなった。テンポが落ちたのと、秀才とおバカ組の変わらない感じに飽きちゃった。
好き!!
誰でも一度は経験したことがあるであろう、口から心臓が出そうな程の緊張、身体全部が心臓になったかのような震え、スリル満点の展開がドッキドキでした。

たぶん、こうなるだろうな...と思いながらも、どうかバレませんように。逃げきれますように。と願わずにはいられませんでした。

生まれながらの格差って必ずあるんだよなって感じた。自分の人生を切り拓くのは自分だ!とか綺麗事はいくらでも言えるけど、実際そんな簡単なものじゃないと思うから、馬鹿正直に生きてるだけでもダメだし倫理に反するのもダメだし、つくづく人生って難しい。

私はリンのような度胸もないし頭脳もないし、
明日も真面目に働こう。😂
2019 23本目

バッド・ジーニアス見終わったー。 頭めっちゃ偉い女子高生が友達のカンニングを手伝うことでお金をもらってビジネスにしていく話。
高校生版オーシャンズ11って宣伝文句で言われてたらしい。
カンニングの場面もスリリングでおもしろかった。
タイ映画もおもしろいなぁ。
みなみ

みなみの感想・評価

4.1
!!緊張感がすごかった
ヒヤヒヤした〜!カンニングしてはダメだけど、どうかバレませんようにと願う自分がいました。そこらのアクション映画よりも緊張感がある(笑)まさに、手に汗握る、です。
カンニング方法が知的でスタイリッシュ!計算づくされた滑らかな動きには、美しさすら感じる・・・。音色が聴こえてくるほど上品で優美なカンニングから、体を張った大胆なカンニングまで。主人公・リンのピンと伸びた背筋、鋭い視線、彼女の佇まいもあってか、どこか品のあるカンニング映画でした。(普通に勉強した方が絶対に楽だと思った・・。)大人びた風貌・言動、頭脳もピカイチ、天才的な彼女は一見高校生っぽくないんだけど、窮地に追いやられた時に見せる焦りや不安、涙、所々見せる表情が「あ〜やっぱりまだ子どもなんだな〜」と感じられて、好感持てて良かった。少女の、ひとつの成長物語ですね。映像や字体もかっこいい。キャスト全員美男美女で最高です。
soregashi

soregashiの感想・評価

4.1
スリル満点でオーシャンズシリーズの学生版といった所か。タイ映画自体をあまり知らなかったがかなりの傑作だと思う。
>|