バッド・ジーニアス 危険な天才たちの作品情報・感想・評価

バッド・ジーニアス 危険な天才たち2017年製作の映画)

Chalard Games Goeng/Bad Genius

上映日:2018年09月22日

製作国:

上映時間:130分

3.9

あらすじ

「バッド・ジーニアス 危険な天才たち」に投稿された感想・評価

giri

giriの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

初めてのタイ映画。
あっという間の130分だった。

バンク可哀想すぎ。
そりゃ荒れるよ。
buenavista

buenavistaの感想・評価

3.5
カンニングの映画で
ドキドキするとはね

予想以上に面白かった
主役のリンと対照的に
友達のグレースが可愛すぎ☺
やんぎ

やんぎの感想・評価

4.5
終盤、観てるこっちまでドキドキしてくる。

どんなに頭良くても結局、世の中カネなんよな…。
CYU

CYUの感想・評価

3.8
追われる場面、緊張感ありすぎ。ターミネーターのシュワちゃんみたいな奴がおってくる。
カンニングシーンは気付いたら手汗かくくらいドキドキもの。

でも教育において、本人の学習意欲はもちろんだけどやっぱり生まれる家庭の財力って大事なんだなぁ。と感じた。

カンニングで高得点とった子達があんなにはしゃいでるのに、主人公は浮かない顔してて凄く胸が苦しくなった。
nemnem

nemnemの感想・評価

4.7
こんなドキドキしたの初めてやった。本当に自分が当事者かのような感じや。最後の締めも綺麗に締めたし。
uz

uzの感想・評価

3.9
カンニングビジネス。ハイリスクハイリターンは蟻地獄。
gale

galeの感想・評価

4.1
いやあ面白かったなあ……
『ちいさな独裁者』だったか『The Guilty/ギルティ』だったかを武蔵野館で観た時、隣のスクリーンでこれがやってて観れなかったのが本当に悔しかったんだよね。やっと観られた。

きっとテーマとしては、入試でのカンニングであったり、生徒たちの経済格差だったり、そういうところを風刺した社会派ドラマだったのかなと思う。ただ実感としてはめちゃくちゃスピード感あるサスペンスだった。入試での大掛かりなカンニングがここまで面白くなるとは…
やっぱり上流階級の学校に学力だけで切り込んでいくリンとバンクが、グレースやパットとの違いをまざまざ見せつけられるところについてはちゃんと考えないといけないなと思わされた。学力だけを搾取されてたまるかと。それぞれの生徒の思惑が絡み合い錯綜していくのが緊張感を高めていた。
あとは、頭の使い所が悪いというかw悪賢いなあと……

私はあのラストめちゃくちゃ好きです。

バンクくん、めっちゃ好みの顔だなあと思って密かに応援してたらめちゃくちゃ受けじゃん……総受けバンクくん……いじめられすぎてさすがに可哀想だったw
カンニングの映画と言えば、安室奈美恵と山口達也のTHAT’S カンニングを思い出してコメディ映画を想像したが、本作は手に汗握るサスペンス映画である 主人公は抜群に勉強の出来る女性なのだが、やはりサスペンス映画である 周りの人間がちょっと間の抜けた部分がある しかし彼らはまだ学生 大人だって緊張すれば迂闊な失敗をするものである 肝はいかにカンニングシーンで観客をハラハラさせるか 狙い通りしっかりハラハラしてしまった それにしても、グレース役の子は可愛すぎたな
#BadGenius #2017
たいと

たいとの感想・評価

3.9
タイ語まったくわからないうえに字幕なしでみたけど話はわかっておもしろかった、プロダクトプレイスメントがあからさまでとても笑えた。
>|