daiyuuki

リトルデビルのdaiyuukiのレビュー・感想・評価

リトルデビル(2017年製作の映画)
4.0
    主人公の名前はゲイリー。美しい妻サマンサと結婚したばかりの幸せな男。サマンサにはルーカスという息子がいた。一見おとなしく無口なルーカス、ゲイリーはまだまだ義父の自分に慣れていないだけなんだと思い、頑張ってルーカスと接する。
 ルーカスは奇妙な子ども。ほとんど喋らず、夜中にテレビの砂嵐を見つめている。教師に「地獄へ堕ちろ」と言い放った事もある。
次第にルーカスに恐怖心を覚えるゲイリー。誕生日に起きた事件や"悲劇の結婚式"の事実が恐怖をさらに掻き立てまる。やがてゲイリーはルーカスの出生の秘密を調べるようになる。
カルト…サマンサの過去…終末の刻…果たしてルーカスは本当に悪魔なのか、それとも…
「オーメン」など「恐るべき子供」ホラー映画のオマージュを、風変わりな子供を義理の息子に持つことになった父親の奮闘に絡めたホラーコメディ。
子供連れの女性と結婚した父親会の「義理の息子は理解不能なモンスターのようなもの」などのぶっちゃけ話、風変わりなルーカスに恐怖を感じながら親子の絆を結ぼうと奮闘するゲイリーの悪戦苦闘がリアルなので、未知の生き物である義理の息子と心を通わせようとする義理の父親の奮闘のメタファとして「恐るべき子供」ものホラーのパロディが上手く合っていてユニークなホラーコメディ映画。