shoken

ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男のshokenのネタバレレビュー・内容・結末

4.2

このレビューはネタバレを含みます

二人とも普通の人には理解できないようなレベルの世界でそれぞれ闘っていて、その姿はどこか孤独で、だけど互いの存在をどこか意識しているようで、同じような人同士通じるものがあるのかなと思った。
決勝でマッケンローが暴言を吐かなかった理由は映画の中では語られないけど、なんとなくわからないでもないという感じ。
ラストの空港で、離れた所から二人を映してるシーンがよかった。離れてるから会話の内容は聞き取れないけど、二人だけの世界ができていて、二人にしかわからない境地で会話しているようで、めちゃめちゃかっこよかった。神聖な感じすらした。その後二人は親友になったっていうのも頷ける。人は自分と同じようなレベルというか境地の人と通じ合うのかなと思った。

関係ないけど、観てたときに大坂なおみ選手が優勝した大会の決勝戦を思い出した。

マッケンローの尺がもっとあれば、もっとよかった。