ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男の作品情報・感想・評価

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」に投稿された感想・評価

Elijah

Elijahの感想・評価

5.0
ファーストデイにて劇場鑑賞。
史実に「インスパイア」された物語で、本国スウェーデン版原題は「Borg」単独なので(「Borg McEnroe」或いは「Borg vs McEnroe」は英題)、どちらかと言えばマッケンローは客演的な描かれ方に思える。
どこまでボルグ本人がこの作品に携わったのかは判らないけれど、少なくともボルグの少年時代を彼のご子息が演じているので協力的だったことが窺える。
淡々と描かれていくけれど熱いものが確かに伝わってくるし、製作陣がものすごく真摯かつ丁重に描いたことも伝わってくる作品だった。
ボルグの試合前や日常生活に於いても強迫観念めいた徹底したこだわりと完璧主義な様子にチェスプレイヤーのボビー・フィッシャーが重なる。
そしてビヨン・ボルグとジョン・マッケンロー、この2人の根っこの気質は実は似た者同士だったのだ、と。
ボルグがウィンブルドン選手権の5連覇を賭けた男子シングルス決勝戦の第4セットのタイブレーク、もうどちらが勝ってもいいとさえ思え両者を応援したくなる気持ちに何度も駆られる。
空港でのラストシーンの2人の光景に目頭が熱くなった(その直後のテロップにも)。
ボルグ役のスヴェリル・グドナソンとマッケンロー役のシャイア・ラブーフ。
両者ともにもはや本人が憑依したのではないかと思えるほどの熱演ぶりと徹底した役作りに心から拍手を贈りたくなる(両者受賞は逃したものの本国開催の第53回ゴールデン・ビートル賞主演/助演男優賞候補も納得)。
この作品に於けるスヴェリル・グドナソンの容姿が時にトム・ヒドルストンの生き写しのようだったことも付け加えておきたい。
集中力とため息と息を潜めながらまるで自分が観客席に座っているような感覚での鑑賞。
劇場で体感しておいてほんとに良かった。
松本大洋の『ピンポン』をこよなく愛する人はきっと好きになる物語だと思う(対戦相手同士にしか解り得ない空間や尊敬の念がそこにあるから)。
じゅん

じゅんの感想・評価

4.1
上に立つ人は孤独なんだな
そして支える妻の眉間には深いシワが
5連覇をかけた試合のシーンは観ていて
この試合をリアルに見たかったと思った。
ただし、
プレイする方からすると拷問にちかい…

けど、絶対見たら感動するだろうし
誰もが二人を称賛する!本当にいい(*≧∀≦*)

そこに立った者にしか見えない風景がある
そんな世界を少しだけ覗けた映画。
あー、俺、生まれてくるのがちょっと遅かった。俺が熱心にテニス観てたときって、サンプラスとかアガシが全盛期だったし。と同時に伊達公子に欲情してました(笑)

もちろん、マッケンローの名前は知ってたよ。やんちゃな選手だってのもなんとなく知ってた。観たかったなー、マッケンロー時代のテニス。
でもボルグってのは全然知らなかったけど。ウィンブルドン4連覇って、めちゃくちゃ強いじゃん!!
マッケンローの影に隠れちゃった感じなのかな??

というか、この映画、マッケンローの映画なんだとばかり思ってたけど。ボルグとマッケンローの物語なんだねー。もちろん実話。
こういう良質なスポーツ映画、久しぶりな気がするなー。
うん、スポーツってほんといいよね。体育会系映画ヲタクにはたまりません!笑

実際のマッケンローの無茶苦茶なコートでの実際の振る舞いの映像も流れたけど、好きだなー、俺。

あれ観てて、グラフの試合でのおもろい出来事おもいだしました。
グラフがサーブを打とうとしてるとき、観客の一人が「グラフ、結婚してくれ!」って叫んでさ。ウィンブルドンのセンターコートで。そしたらグラフ、笑っちゃってサーブ中断して、「あんた財産どれくらいあるの?」って見事な切り返し。一流選手は、ユーモアも一流だなーって思ったもんです。そりゃ、マッケンローには敵わないだろうけどさ。

話はずれたけど、この映画、スポーツを扱っててロックとかヒップホップとかが似合いそうなもんだけど。しかもマッケンローだし(笑)重くるしいんだよねー。それがこの映画を魅力的にしてるんだと思うけど。

ウィンブルドン決勝、ボルグVSマッケンロー、凄まじい闘い。「ヘビー級ボクシングの試合ならもう止めてたでしょう!」ってアナウンサーの表現が実に分かりやすい。実際の試合、観る方法あるよね、きっと。観たい。。。

映画冒頭でアガシの言葉「テニス用語は、普段の生活にも使われているものばかり。サーブ ブレイク ラブ」が紹介されてたけど、しかし、なぜ0がラブなのかは、分からずじまいだったなー。残念。

あ、でもね、1ゲーム取るために、15 30 40 game ってなるのは知ってますよ!
時計なんです。
で、本来40のところは45なんだけど、フォーティーファイブのファイブを言うのが面倒くさいから、40なんです。

という豆知識でシメってことで(笑)
sk2

sk2の感想・評価

-
ボルグ イケメン。
sachiki

sachikiの感想・評価

4.0
(129)
両選手も知らないし、テニスも馴染みがない自分が言うのもなんだけど、スポーツ題材にしてる作品の中では今作はなかなかの作品だと思う。
チャンピオンで居続ける事、それに挑むことの苦悩が丁寧に描かれてる。
俺から言わせたらもう両者とも炎の男だと思わせる二人の最後の試合は観てる方が疲れる展開で終わったらほっとしてしまった。
エンドロールに二人のその後の写真とエピソードが流れるが、胸が熱くなった。
実話ベースだけど、当時の事しらなくても楽しめる。
Sakura

Sakuraの感想・評価

3.9
Borgの意外な場面が見れて感動。

やはりプロテニスプレイヤーは日々苦しんでるんだなと実感しました。
chip

chipの感想・評価

4.0
テニスのことはあまり知らないけれど...
ボルグとマッケンローの名前は知っていた。
そんな、浅い知識での鑑賞だったけれど。。。
終盤、ボルグ5連覇をかけたウインブルドンの試合のシーンには、ドキドキした。見ていて疲れた。まさに世紀の対決、死闘だった!

副題、氷の男と炎の男、対照的ではあるが。
ボルグもかつては怒りを面に出す問題児であったことにびっくり。
強い、とにかく強い!
世界中で有名になっていつも注目されていたボルグは、何も自由にできなくて窮屈だったろうなぁ~独りでものすごいプレッシャーと闘う日々。
パリで車をロックしてしまって、無一文でホテルに帰る途中...カフェでコーヒー代が払えなくて、手伝いをしたエピソードが好き!
マスターは彼を知らなくて(笑)
ボルグも困った顔していたけれど...きっと少し楽しかったに違いない。
彼を演じたスベリル・グドナソン、本人にそっくりでカッコいい!
ボルグと同じスウェーデン人なんだね。
「ストックホルムでワルツを」で、ベース弾いてました。

対するマッケンローには、シャイア・ラブーフ。
試合中に悪態をつき嫌われ者だったらしいが....
ボルグとの試合ではものすごく真剣で、ちょっと驚いた。

マッケンローたちが遊びに行くクラブで、大好きなブロンディの「コールミー」が流れてうれしかった!

試合中、客席でタバコを吸うボルグの婚約者と、葉巻を吸う実況中継のアナウンサーが映ったけれど...そんな時代なんだね。

それにしても...
錦織くんも大坂なおみ選手もがんばっているし、
「アイトーニャ」「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」に続いてこの作品。今年はテニスが熱いね!
oka

okaの感想・評価

-
20181019
岡山シネマクレールで映画を観てみたくて。
>|