ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男の作品情報・感想・評価

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」に投稿された感想・評価

Elijah

Elijahの感想・評価

5.0
ファーストデイにて劇場鑑賞。
史実に「インスパイア」された物語で、本国スウェーデン版原題は「Borg」単独なので(「Borg McEnroe」或いは「Borg vs McEnroe」は英題)、どちらかと言えばマッケンローは客演的な描かれ方に思える。
どこまでボルグ本人がこの作品に携わったのかは判らないけれど、少なくともボルグの少年時代を彼のご子息が演じているので協力的だったことが窺える。
淡々と描かれていくけれど熱いものが確かに伝わってくるし、製作陣がものすごく真摯かつ丁重に描いたことも伝わってくる作品だった。
ボルグの試合前や日常生活に於いても強迫観念めいた徹底したこだわりと完璧主義な様子にチェスプレイヤーのボビー・フィッシャーが重なる。
そしてビヨン・ボルグとジョン・マッケンロー、この2人の根っこの気質は実は似た者同士だったのだ、と。
ボルグがウィンブルドン選手権の5連覇を賭けた男子シングルス決勝戦の第4セットのタイブレーク、もうどちらが勝ってもいいとさえ思え両者を応援したくなる気持ちに何度も駆られる。
空港でのラストシーンの2人の光景に目頭が熱くなった(その直後のテロップにも)。
ボルグ役のスヴェリル・グドナソンとマッケンロー役のシャイア・ラブーフ。
両者ともにもはや本人が憑依したのではないかと思えるほどの熱演ぶりと徹底した役作りに心から拍手を贈りたくなる(両者受賞は逃したものの本国開催の第53回ゴールデン・ビートル賞主演/助演男優賞候補も納得)。
この作品に於けるスヴェリル・グドナソンの容姿が時にトム・ヒドルストンの生き写しのようだったことも付け加えておきたい。
集中力とため息と息を潜めながらまるで自分が観客席に座っているような感覚での鑑賞。
劇場で体感しておいてほんとに良かった。
松本大洋の『ピンポン』をこよなく愛する人はきっと好きになる物語だと思う(対戦相手同士にしか解り得ない空間や尊敬の念がそこにあるから)。
BiBi

BiBiの感想・評価

3.9
テニスには詳しくないので、ボルグもマッケンローも知りませんが、熱い男の物語でした。
コートの上、向かい合っている者同士でしか語れない何かがあるんだなぁ。

シャイア・ラブーフはトランスフォーマーのイメージが強いので、自分の肉体と頭を使って作り上げる役を見て、なんだか大人になったなぁとか思ってしまった。
これからもいろんな役をやって欲しい。
makotos

makotosの感想・評価

3.2
映画館は、彼ら2人の現役時代の活躍を生で観ていたであろう年齢の方ばかりだった。
ボルグの14歳でデ杯代表は凄すぎる。
グランドスラムを連覇するためにボルグに圧しかかる重圧、常勝のチャンピオンに向かって行くマッケンローのプレッシャーうまく撮られている。
実際の試合を再現してある終盤が、あまりにもドラマチックすぎて脚色に見えてしまうのがすごいです。

元の試合自体が壮絶すぎるので、途中で挟まれるフラッシュバックなんかは余計に感じてしまいました。

興奮が最高潮のまま幕が引かれるキレ味は最高です。

『トランスフォーマー』のイメージ払拭に必死のシャイア・ラブーフは、もう一人前の演技派俳優と呼べる存在になっていると感じました!
KMD

KMDの感想・評価

3.5
テニス2連発。面白いじゃないか!ラブーフ君はここへ来てキャリアベストアクトではないだろうか。
「ボルグ!」な映画
ekikawa

ekikawaの感想・評価

4.0
YouTubeに2人が日本のCMに出てる動画があがってて、特にマッケンローのほうはバラエティ番組にも結構出てたようだ

ボルグのほうは試合前の宗教的な儀式と呼んでも差し支えないような準備シーンが印象に残っている。テニス少年たちがたくさん観に来てたけど彼らはどう思ったんだろう
りお

りおの感想・評価

2.5
「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」といい、今年はテニスの実話モノが続きますね。
本作は1970年代後半のウィンブルドン選手権王者のボルグと新星マッケンローの闘いを中心に描かれます。
どこまでがホントの話でどこまでが脚色なのかはわかりませんが、二人の試合はまさに魂のぶつかり合い!
本物の試合を観ているような緊張感がたまらなくよかった。
スポーツものではお決まりの精神的に追い詰められるシーンは重みがすごい。
実話ゆえに結末を知りながら観る人も少なくないだろうが、全く飽きる暇がない内容である。
最後の空港のシーンはグッときたなー
shoken

shokenの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

二人とも普通の人には理解できないようなレベルの世界でそれぞれ闘っていて、その姿はどこか孤独で、だけど互いの存在をどこか意識しているようで、同じような人同士通じるものがあるのかなと思った。
決勝でマッケンローが暴言を吐かなかった理由は映画の中では語られないけど、なんとなくわからないでもないという感じ。
ラストの空港で、離れた所から二人を映してるシーンがよかった。離れてるから会話の内容は聞き取れないけど、二人だけの世界ができていて、二人にしかわからない境地で会話しているようで、めちゃめちゃかっこよかった。神聖な感じすらした。その後二人は親友になったっていうのも頷ける。人は自分と同じようなレベルというか境地の人と通じ合うのかなと思った。

関係ないけど、観てたときに大坂なおみ選手が優勝した大会の決勝戦を思い出した。

マッケンローの尺がもっとあれば、もっとよかった。
あの試合なんとなく記憶にある。
当時のクラシカルなウェア(特に短い丈のパンツ)や木製ラケット、それで球をヒットする音。どれもが懐かしい。
確かにウインブルドンの名勝負のひとつ!
ボルグは相当なプレッシャーに耐えていたのが観ていて痛々しかった。少年期は相当なやんちゃだった事も面白い。逆にマッケンローは育ちの良く数字に長けた子供。
当時の古い映像でも、実際のテニスプレーヤーのインタビューも交え、ドキュメンタリーで観たく思った。ラストに本人達の映像やその後の逸話が出るが、ボルグもマッケンローも役者より全然かっこいいし…
>|