ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男の作品情報・感想・評価

「ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男」に投稿された感想・評価

Elijah

Elijahの感想・評価

5.0
ファーストデイにて劇場鑑賞。
史実に「インスパイア」された物語で、本国スウェーデン版原題は「Borg」単独なので(「Borg McEnroe」或いは「Borg vs McEnroe」は英題)、どちらかと言えばマッケンローは客演的な描かれ方に思える。
どこまでボルグ本人がこの作品に携わったのかは判らないけれど、少なくともボルグの少年時代を彼のご子息が演じているので協力的だったことが窺える。
淡々と描かれていくけれど熱いものが確かに伝わってくるし、製作陣がものすごく真摯かつ丁重に描いたことも伝わってくる作品だった。
ボルグの試合前や日常生活に於いても強迫観念めいた徹底したこだわりと完璧主義な様子にチェスプレイヤーのボビー・フィッシャーが重なる。
そしてビヨン・ボルグとジョン・マッケンロー、この2人の根っこの気質は実は似た者同士だったのだ、と。
ボルグがウィンブルドン選手権の5連覇を賭けた男子シングルス決勝戦の第4セットのタイブレーク、もうどちらが勝ってもいいとさえ思え両者を応援したくなる気持ちに何度も駆られる。
空港でのラストシーンの2人の光景に目頭が熱くなった(その直後のテロップにも)。
ボルグ役のスヴェリル・グドナソンとマッケンロー役のシャイア・ラブーフ。
両者ともにもはや本人が憑依したのではないかと思えるほどの熱演ぶりと徹底した役作りに心から拍手を贈りたくなる(両者受賞は逃したものの本国開催の第53回ゴールデン・ビートル賞主演/助演男優賞候補も納得)。
この作品に於けるスヴェリル・グドナソンの容姿が時にトム・ヒドルストンの生き写しのようだったことも付け加えておきたい。
集中力とため息と息を潜めながらまるで自分が観客席に座っているような感覚での鑑賞。
劇場で体感しておいてほんとに良かった。
松本大洋の『ピンポン』をこよなく愛する人はきっと好きになる物語だと思う(対戦相手同士にしか解り得ない空間や尊敬の念がそこにあるから)。
ボルグ側からみた展開が多いけどプロテニスの苛酷さを見せたノンフィクションやったね。

ガキの頃少しテニスをかじったがいまだに個人スポーツの苛酷さはテニスが一番だと思ってるわしがいる。





以上。
「人生のすべてを一打に叩き込め!」
いいキャッチですね~ ほんとこの映画は まさしくその勝負!!

【2018劇場未鑑賞後悔作品】
お互いの選手に 精神部分まで ぐぐっと入り込み
ドラマも もちろん試合も 緊張感の中 いかにトッププレーヤーが
苦悩と コートに立つまで戦いつづけるか??
とても観ながら ヒリヒリと感じる事ができました!!

だからこその 観客を魅了する 歴史に残る 名勝負☆
スポーツ映画として 良質 で 見事 です◯
ー140文字レビュー ツイート🐦 @eigakanpai ー

20190125
@TSUTAYA D
SeikiOdani

SeikiOdaniの感想・評価

3.8
リアルタイムでは記憶に無いですがスゴい試合があったんですね!
対比的な2人の戦いのようにあるが、この作品ではボルグはマッケンローに若かりし頃の自分を見い出しているかと感じる。
また、マッケンローもボルグへの憧れも見え隠れする。だからこそ2人は良きライバルであり良き友に!
リュ・スンワン監督の傑作ボクシング映画「クライング・フィスト」を思い出すなぁ。

あっちは実話から着想を得たフィクションだったし、 作風もケレン味たっぷりで本作とは全く違うんだけど、 「境遇の異なるふたりの主人公双方の挫折と葛藤をじっくり描きながら最終決戦になだれ込む」という物語の構造が似てるんですよね。

そんなリュ・スンワン監督作品のファンとしては、 どうしてもこの映画に対する注文が多くなってしまいます。
この映画も好きだけど。

まずボルグ/マッケンローの人物描写のバランスの偏り。
マッケンロー側の回想シーンが全体的にあっさりしすぎており、 この「悪童」に感情移入しづらい。
ここはもうちょっと頑張ってほしかった。

そしてもうひとつ気になったのは、 監督がドキュメンタリー出身のせいか、 肝心の試合のシーンが地味に見えてしまう点。
「これこそがリアルだろ!」とお叱りを受けそうですけど、 私はテニスファンじゃなくて、 「少林サッカー」と「ロッキー」をこよなく愛するただの映画ファンですから。
もっとド派手な「両雄激突」を欲していたのであります。

でもスヴェリル・グドナソン(ボルグ)とシャイア・ラブーフ(マッケンロー)の演技は、 どちらも良かったですね。
決戦が終わって空港で偶然再会したふたりが、 ちょっと照れながら言葉を交わすシーンは、 かなりグッときましたよ♪

「クリスタル・スカル」以来ずっと苦手だったラブーフくん、 なかなかやるやないか♪

23 Vorg vs McEnroe
24 Pitch Perfect 3
101miss

101missの感想・評価

3.3
なぜか、テニスの話を続けて観てしまった。
しかも両方実話。
だからなのかな、説得力ある。
テニスって人格が大事なんですね。
わがままな自分との闘い。
全方位から観客観てる中で、長時間プレーするなんて、相当な精神力が必要。
個人プレーだから、味方なんかいるわけない。敵ばかり。
勉強になりました。
Luna

Lunaの感想・評価

4.2
面白かった!
やはりスポーツは自分との闘いなんだ。最高のライバルがいてこそ、実力を高めるけど、最終的には自分に勝つ事が勝利への道なんだ。
マッケンローがキレなかったのが印象的。

ボルグ役の役者がマイケルファスベンダー似のイケメンで美しい。少年期を演じた役者も本人みたい。よく似てた。
MakotoAiba

MakotoAibaの感想・評価

3.5
2人の間にこんな話があるなんて、知らなかった。
フェデラー以前に芝の王者がいたのは知らなかった。ボルグ、フェデラー共に5連覇で終わってるのは偶然か。
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.8
正直2人のことは知らなかったし、それほどテニスに興味はなかったのですが、観てみたらすごく引き込まれした。
表面的なイメージでヒーロー対悪者と描いていないところがよかったです。どちらの人物についても内面を理解しようとし、応援したくなる映画でした。
>|