はじめてのおもてなしの作品情報・感想・評価

はじめてのおもてなし2016年製作の映画)

Willkommen bei den Hartmanns/Welcome to Germany

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「決めたわ。難民を一人、受け入れるの」。ミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすハートマン家の豪華なディナーの席で、母親のアンゲリカがきっぱりとそう宣言した。教師を引退して生き甲斐を見失った彼女は、医師としても男としても現役にこだわる夫のリヒャルトと、ワーカーホリックのあまり妻に逃げられた弁護士の息子フィリップの反対を押し切って、ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に住まわせる。31歳にして未だ…

「決めたわ。難民を一人、受け入れるの」。ミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすハートマン家の豪華なディナーの席で、母親のアンゲリカがきっぱりとそう宣言した。教師を引退して生き甲斐を見失った彼女は、医師としても男としても現役にこだわる夫のリヒャルトと、ワーカーホリックのあまり妻に逃げられた弁護士の息子フィリップの反対を押し切って、ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に住まわせる。31歳にして未だ大学生で“自分探し”真っ只中の娘ゾフィと、12歳にして“一流ラッパー”を目指すフィリップの息子バスティは、心優しいディアロとすぐに仲良くなる。しかし、近隣の住民の抗議が極右の反対デモに発展、一方で一家はテロ疑惑をかけられ大騒動に!さらにとどめに、ディアロの亡命申請が却下されてしまう。果たして、崩壊寸前の家族と、天涯孤独の青年は、平和な明日を手に入れることが出来るのか──?

「はじめてのおもてなし」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ほっこりムービー

土曜日だからか、朝10時でも多くの人が鑑賞してました。年配の夫婦、一人映画の人が層かな?

色々な家族を垣間見れた。
大人になるにつれて、それぞれの暮らしがあって、環境ができてくる。それが人生の楽しさであり、親心的には少し寂しいのかな?
親はいつかは子離れしないといけないし、子は親離れする時がくる。私の場合は、親の立場を考えるキッカケになったな。
映画ってそういうところがいい。

価値観が全然異なる(理想の結婚年齢とか、男の人を立てるべきだとか..)人通しが集まる場ってたくさんあると思うけど、そこで我慢するんじゃなくて、一瞬気まづくてもいいから、素直にぶつかれるそんな生き方をしたいなぁ。

難民について学びたい
ミュンヘン調べたい行きたい

老後夫婦.父子家庭.未婚女性.仕事か子育てか.難民.息子くんかっこいい.

このレビューはネタバレを含みます

なんでみんな家族に相談する前に、自分で決断して勝手に行動するのか終始理解できずイライラ…

歯車の狂った家族が難民を受け入れた結果、よくなりましたよっていう話に持っていきたいがために難民の話をぶち込んだように見えて違和感しかなかった。。

やっぱパディントンってすごいんやなぁ。。
かなりの良作!全体的にほっこりするして心温まる映画だたー もっかいみたい!
好きな作品でした。
しかし良くも悪くも最初っから最後まで思ってた通りの展開ではあった。
まぁそうなるよね。
フラストレーションを溜められて最後にそれをぶっ飛ばして気持ちのいいラストに行き着く。いいんだけど、ちょっと見飽きた感があった。
しかし今回は溜められるフラストレーションの量が多くて途中心配になりましたがちゃんと発散させてくれたのでよかったデス!
ten47

ten47の感想・評価

4.6
感動も笑いもめっちゃ良いです
けいこ

けいこの感想・評価

3.8
18.2.18 シネリーブル梅田
リコ

リコの感想・評価

3.5
2018.02.07
なおみ

なおみの感想・評価

4.5
懐深きドイツ。
勤勉で善良な移民、簡単に見分けられたら良いのに。
32歳で自分探ししてる大学生、結果ハッピーだし、みんなハッピーで大満足。
着メロも懐かしかったー。何であの曲チョイスしたんだろう。
akko

akkoの感想・評価

3.9
邦題はどうかと思うけど、とても面白かった。難民という深刻な問題や家族のあり方、個人の生き方を面白おかしく描いていた。
ドイツは自由で寛容な国。
とりあえず、オーガニックの卵を投げることと無許可でシマウマを飼うことはダメ笑
Moko

Mokoの感想・評価

3.8
ドイツ語での喧嘩はやっぱり体力を使いそう。あと、ディアゴのドイツ語がいいよね。あの、文法めちゃくちゃなのに伝わっているところ。
とドイツ語学科は思ってしまった。

ドタバタしてたけど、ドイツの個人主義だったり、自由さだったり、ちゃんと描かれてて、ディアゴを通じてみんながまた家族になって行く感じが良き。
>|