はじめてのおもてなしの作品情報・感想・評価

はじめてのおもてなし2016年製作の映画)

Willkommen bei den Hartmanns/Welcome to Germany

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「決めたわ。難民を一人、受け入れるの」。ミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすハートマン家の豪華なディナーの席で、母親のアンゲリカがきっぱりとそう宣言した。教師を引退して生き甲斐を見失った彼女は、医師としても男としても現役にこだわる夫のリヒャルトと、ワーカーホリックのあまり妻に逃げられた弁護士の息子フィリップの反対を押し切って、ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に住まわせる。31歳にして未だ…

「決めたわ。難民を一人、受け入れるの」。ミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすハートマン家の豪華なディナーの席で、母親のアンゲリカがきっぱりとそう宣言した。教師を引退して生き甲斐を見失った彼女は、医師としても男としても現役にこだわる夫のリヒャルトと、ワーカーホリックのあまり妻に逃げられた弁護士の息子フィリップの反対を押し切って、ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に住まわせる。31歳にして未だ大学生で“自分探し”真っ只中の娘ゾフィと、12歳にして“一流ラッパー”を目指すフィリップの息子バスティは、心優しいディアロとすぐに仲良くなる。しかし、近隣の住民の抗議が極右の反対デモに発展、一方で一家はテロ疑惑をかけられ大騒動に!さらにとどめに、ディアロの亡命申請が却下されてしまう。果たして、崩壊寸前の家族と、天涯孤独の青年は、平和な明日を手に入れることが出来るのか──?

「はじめてのおもてなし」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ほっこりムービー

土曜日だからか、朝10時でも多くの人が鑑賞してました。年配の夫婦、一人映画の人が層かな?

色々な家族を垣間見れた。
大人になるにつれて、それぞれの暮らしがあって、環境ができてくる。それが人生の楽しさであり、親心的には少し寂しいのかな?
親はいつかは子離れしないといけないし、子は親離れする時がくる。私の場合は、親の立場を考えるキッカケになったな。
映画ってそういうところがいい。

価値観が全然異なる(理想の結婚年齢とか、男の人を立てるべきだとか..)人通しが集まる場ってたくさんあると思うけど、そこで我慢するんじゃなくて、一瞬気まづくてもいいから、素直にぶつかれるそんな生き方をしたいなぁ。

難民について学びたい
ミュンヘン調べたい行きたい

老後夫婦.父子家庭.未婚女性.仕事か子育てか.難民.息子くんかっこいい.
あやき

あやきの感想・評価

3.9
2018/5/20鑑賞
喧嘩しながらも家族たちそれぞれが少しずつ前進する、というストーリー。
何か問題があってそれに立ち向かうとかはないけど、不思議と飽きることなく夢中になれた。

「世界にひとつのプレイブック」が好きな人はたぶんこれも好きだと思います。
向こうは主人公とヒロインが置かれていたけど、こちらは家族全員が主人公という感じ。
そのせいでストーリーがあっちに飛んではこっちに飛んで〜という印象もあるけど、お互いを十分に気にかけられない家族ってこういう感じかなとしっくりきた。

すごく笑うシーンがあるというわけではないけど、難民問題がどういうものか少し知れるし元気も出るし、好きな映画だなと思った。

…あとフィリップのビジュアルが好みだった。
NZRK1

NZRK1の感想・評価

3.7
20180517 福井メトロ劇場
nagisa

nagisaの感想・評価

4.0
180428 amyuあつぎ sc-2
180504 amyuあつぎ sc-2
Marino

Marinoの感想・評価

4.0
内容盛り沢山。世界、社会のだめなところが観れて勉強になる。きれいな心がきれいなままでいてくれて良かった。
Solaris8

Solaris8の感想・評価

4.1
富山市のほとり座と云うシネマカフェで珈琲を飲みながら「はじめてのおもてなし」を観た。

ドイツで難民の受け入れを決めたホワイトカラーのある家族の物語で、重くなりがちな難民問題にドイツが抱える社会事情を丸投げしてコメディに仕立てた映画作品だった。教師を辞めて生き甲斐を探そうとする妻、現役に拘るあまり若返りに夢中になってしまった医師の夫、モラトリアムから抜け出せない三十路の独身娘、仕事中毒で立身出世に夢中な息子に、難民受入賛成派の友人や難民受入反対派の友人が入り乱れる。難民も玉石混淆で選ぶ方も選ばれる方もドタバタ劇を演じる。以前、観た事があったドイツ映画のコメディが全く理解出来ず自分に合わなかったが、この作品ではそんな違和感も少なく、結末も愉しめた。

富山ではチューリップ栽培が盛んで、春になるとチューリップのフェスティバルが各地で行われる。「はじめてのおもてなし」を観ていると色取り取りのチューリップの花を想い出す。チューリップはオランダの国花だが、原産はトルコでイスラムとキリスト社会の架け橋の花である。全世界から愛されるチューリップの様な映画を作る事は難しいがとても価値がある。
愛すべき登場人物たち。笑えて、温かい気持ちになる。人種や宗教の違いはあっても、最後は人と人だな。
眠たさMAXの状態で観はじめたけれど、最後までうたた寝せずに観られた。さらりと観やすい映画だった。難民問題なんて遠い世界の話だと思っている自分は平和ボケしているんだろうな。ハッピーな終わり方で良かった。
Iman

Imanの感想・評価

4.5
大好きな映画になりました。
>|