はじめてのおもてなしの作品情報・感想・評価

はじめてのおもてなし2016年製作の映画)

Willkommen bei den Hartmanns/Welcome to Germany

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:116分

3.8

あらすじ

「決めたわ。難民を一人、受け入れるの」。ミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすハートマン家の豪華なディナーの席で、母親のアンゲリカがきっぱりとそう宣言した。教師を引退して生き甲斐を見失った彼女は、医師としても男としても現役にこだわる夫のリヒャルトと、ワーカーホリックのあまり妻に逃げられた弁護士の息子フィリップの反対を押し切って、ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に住まわせる。31歳にして未だ…

「決めたわ。難民を一人、受け入れるの」。ミュンヘンの閑静な住宅地に暮らすハートマン家の豪華なディナーの席で、母親のアンゲリカがきっぱりとそう宣言した。教師を引退して生き甲斐を見失った彼女は、医師としても男としても現役にこだわる夫のリヒャルトと、ワーカーホリックのあまり妻に逃げられた弁護士の息子フィリップの反対を押し切って、ナイジェリアから来た難民の青年ディアロを自宅に住まわせる。31歳にして未だ大学生で“自分探し”真っ只中の娘ゾフィと、12歳にして“一流ラッパー”を目指すフィリップの息子バスティは、心優しいディアロとすぐに仲良くなる。しかし、近隣の住民の抗議が極右の反対デモに発展、一方で一家はテロ疑惑をかけられ大騒動に!さらにとどめに、ディアロの亡命申請が却下されてしまう。果たして、崩壊寸前の家族と、天涯孤独の青年は、平和な明日を手に入れることが出来るのか──?

「はじめてのおもてなし」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ほっこりムービー

土曜日だからか、朝10時でも多くの人が鑑賞してました。年配の夫婦、一人映画の人が層かな?

色々な家族を垣間見れた。
大人になるにつれて、それぞれの暮らしがあって、環境ができてくる。それが人生の楽しさであり、親心的には少し寂しいのかな?
親はいつかは子離れしないといけないし、子は親離れする時がくる。私の場合は、親の立場を考えるキッカケになったな。
映画ってそういうところがいい。

価値観が全然異なる(理想の結婚年齢とか、男の人を立てるべきだとか..)人通しが集まる場ってたくさんあると思うけど、そこで我慢するんじゃなくて、一瞬気まづくてもいいから、素直にぶつかれるそんな生き方をしたいなぁ。

難民について学びたい
ミュンヘン調べたい行きたい

老後夫婦.父子家庭.未婚女性.仕事か子育てか.難民.息子くんかっこいい.
ドイツ国内における難民問題だけでなく、難民を受け入れた一家を通してドイツ人の価値観や生き方なども投影されていて様々な事を伺い知る事が出来ました。家族のトラブルや抱えるジレンマをコメディタッチで描いてるのも良かったと思います。難民であるナイジェリア人による家族の考え方もアフリカ大陸とヨーロッパ大陸の違いを上手く表していました。エンドロール中のオマケ映像が何気に現状を皮肉ってるようなのが最後に響きました。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

3.9

2018年8月15日
『はじめてのおもてなし』 2016年ドイツ制作
監督、サイモン・ヴァーホーヴェン。

ドイツのミュンヘン。
ハートマン家の父は老害と囁かれながらも頑張る現役の
外科医。シワ取り手術を施しFBを始めて、クラブで
若い女性とお付き合い。
母は教師を引退し、何か人助けをと考えて難民の受け
入れをする。
息子は弁護士。仕事一途で妻とは離婚、一人息子を引き取って
育てている。
娘は31歳だが、現役の大学生。自分探しを続けている。

そのハートマン家の家族が、ナイジェリアから来た難民の
男性、ディアロを受け入れる。
が、賑やかすぎる歓迎パーティーや、娘のストーカーが
おこした騒ぎや、弁護士の幼い一人息子が企画したビデオ
撮影やらで騒ぎとなり、ディアロは巻き込まれて
ナイジェリアに強制送還となりそう?


この母親アンゲリカ役のセンタ・バーガーさんはこの映画
の監督のサイモン・ヴァーホーヴェンさんの実の母親です。

ドイツに居住している外国人、ドイツで生まれた外国人、
ドイツ国籍取得者、帰還移住者、両親のうち少なくとも
どちらか一方がこれらに当てはまる人をまとめて、
「移民の背景」を持つ人と呼ぶ。
2008年では5人に1人が「移民の背景」を持つ人である。
移民の背景を持つ人々は、2世、3世などの出生や新しく
ドイツに移住してきた人などで、年々増加している。
移民の背景を持つ人の過半数(830万人弱)が
ドイツ国籍を取得している。

これに反して、いわゆる「ドイツ人」の人口は、
少子化を背景に年々減少している。
更に、高齢化、人口減少、生産労働人口の減少により、
ドイツは今後も移民を受け入れると思われる。

移民の背景を持つ人の出身国は、トルコ、ポーランド、ロシア、
イタリア、他の東ヨーロッパやギリシャで計51%、
ヨーロッパ以外の国からは49%の人々が移民している。

しかし、ドイツ語取得の問題、中途退学者や失業者が
多く、生活保護受給者が移民に多いことが問題と
なっている。

ヨーロッパ以外の国からの移民者に中近東やアフリカ
から移住してくる方々も多い。
それらの国からはイスラム教徒もいる。
過激なイスラム教徒の移住者も存在することから、
ドイツの人々は移民に反対する人々もいる。
イスラム世界の一部で現れた保守的な思想・政治運動、
イスラムの名を冠した政治活動を、イスラム原理主義
と言い、その政治運動は過激らしい。

今のドイツが抱えるこれらの問題を背景に、この映画
を観賞する。
ナイジェリアから来た難民ディアロ。
難民となった理由が…泣ける話。
しかし、ハチャメチャ!
ラスト、ハッピーエンド♡
miyu

miyuの感想・評価

4.0
映画館で見る予定だったのに、残念ながら、見逃した映画。。。

ドイツ映画…って 感じで、どこか、スマートさに欠けるが、ワタシ的には、凄く良かった。。。

ドイツの老年に差し掛かった夫婦…
夫は医者で、どこか差別的な気持ちを持っているが…
それを チョット 隠したいが為に
生き甲斐を見出せない妻が 突然 ナイジェリア難民を受け入れる事にした為、反対しながらも…流され…受け入れる…

娘は、32だが、今だに学生で、自分探し…

息子は バツイチ 男の子を抱えた弁護士だが、上海で新規事業展開に燃えすぎ
息子と向かい合おうとしない…

そうなんだ!
ナイジェリア難民ディアロを受け入れた
ハートマン家は、みんな 問題を抱えていたわけなんだ。。。

ディアロが、一家に居候した事で
みんな それぞれが 自分達の中にある問題と向き合い、それを 一歩 踏み出す物語で
笑いあり、涙ありのストーリー…

特に、胸にグッときたのは、
ディアロの話。。。

ナイジェリアから、何故 難民となったのか…
何故、ナイジェリアにいたくないのか…

ボコハラムの悲惨な現状を
彼の口から語られた時は
たまらない気持ちになった…

若返り整形したり…
やる事なくてボランティアしたいと思ったり…
自分が何したいかわからず、やたら大学へ行ったり…
子どもほったらかしで、精神病と間違えられるぐらい仕事に燃えたり…

一方では、 命がけで国から逃げて難民となる現実…

この対比が、まさに 今の世界の混沌とした縮図の様に思えた。。。
K

Kの感想・評価

4.0
ミュンヘンの住宅街で裕福な暮らしをしているハートマン夫婦。妻は生きがいを見失い孤独を抱え、頑固な夫は頑張って老いに逆らい痛々しい。

そんなハートマン夫妻が、ある日ナイジェリアからの難民ディアロを受け入れることに。

最近まで欧州諸国の中では比較的寛容に難民を受け入れてきたドイツ。しかし難民が増える難民に関するトラブルも増え、国内の世論は二分されるようになる。

ハートマン家の人々も、そうしたドイツの縮図のように、家庭への難民受け入れに対し賛成と反対に二分化される。

ドイツの難民問題と国民の本音をドイツらしいブラックユーモアたっぷりに描きながら、ドイツ以外にもどこにでもありそうな家族の問題を重ね合わせ、人間関係の修復や民族や宗教を超えた人間同士の繋がりについても描かれる。

コメディでありながら、社会派。体裁とかレッテルとかを気にしすぎる現代に警鐘を鳴らす作品でありながら、非常に笑える。
Santa

Santaの感想・評価

5.0
ドイツ映画らしく、質実で可愛らしいユーモア満載の作品です🌟🌟🌟
gm

gmの感想・評価

3.8
想像通りの温かい映画。面白かった。

けど、お父さん、ひどかったな。あんな風にならないようにしたい。
Kenji

Kenjiの感想・評価

4.5
映画館で見た。
nohohon

nohohonの感想・評価

4.0
シュールで時にブラックだけど、現代の社会と家族の問題を絶妙なバランスで取り入れたとっても良質なコメディ。
退職後、夫婦の関係も冷め気味で、家庭での生活にどこか満足できてない感じの妻、老いていく自分に焦りを感じている夫、30にもなっていまだに自分探しを続けている長女、妻と離婚し、仕事ばかりで息子との関係をおざなりにしている長男と、そんな父親との満たされない関係から問題ばかり起こす息子。。。そんな家族が、ナイジェリアからの難民、ディアロを受け入れることになり、ドタバタな事件がいくつも起こっていく。。。
笑いあり涙ありの人間ドラマだった。
移民の問題を家族の問題と絡めて表現してあることで、より身近に感じることができて、なかなか良かった。

あと、ネコが可愛いかった。
KMD

KMDの感想・評価

3.3
とても肌触りの優しい映画。棘もあるけど想定内、コメディに徹してます。ドイツの役者や情勢に詳しければ、尚面白くなるのも分かる。
>|