ノラネコの呑んで観るシネマ

のみとり侍のノラネコの呑んで観るシネマのレビュー・感想・評価

のみとり侍(2018年製作の映画)
3.4
ちょっとしたことで殿の逆鱗に触れた阿部寛の侍が、“猫の蚤取り”と呼ばれる男娼を生業にすることに。
江戸庶民の暮らしの描写は楽しく、まあまあ面白くみられるのだけど、色々やりたいことを突っ込んだ結果、何が言いたい映画なのかよく分からなくなってしまった。
艶っぽい人情喜劇なのかと思っていたら、そこにお家騒動やら田沼の政治やら色んな要素が入ってくる。
エロなのか、人情なのか、サラリーマン(侍)の悲哀なのか、江戸の社会情勢なのか、単なる背景なら良いのだけど、どれもがっつり主人公の物語に食い込んでいる。
一応伏線は張ってあるけど、あちこち取って付けた感が出てしまった。
個人的にはトヨエツと前田敦子の話が一番好き。
鰻屋でみんなが聞き耳立ててるのに、堂々と話して聞かせるのが可笑しい。
原作は短編集らしく、一つひとつのエピソードは結構良いのだけど、もう一つ話に軸が欲しかったな。