トムトム

のみとり侍のトムトムのレビュー・感想・評価

のみとり侍(2018年製作の映画)
2.5
最近「娼年」「君の名前で僕を呼んで」今作と男のお尻ばかり見ている気がします。

予告編やポスターアート、猫のノミ取りという職業の面白さ、阿部寛をはじめとする名優たち、これだけ揃ったら絶対に面白くなると思っていましたが何故こうなったのか。

何度も挟まれる回想がコメディのテンポを削いでおり終盤の突然の忠臣展開もそれまでのエピソードと絡み合っていない。
斎藤工の刀のエピソードから何故終盤の展開になるのか。

全体的なご都合主義感や登場人物が自らの思いを全てセリフで語ってしまうのも残念。
豊川悦司の扱いが雑というか適当すぎエンドロールでは傷跡も消えているし阿部寛が今際の際で見た妄想なのかと思った。


笑えるシーンも脚本や演出というより俳優の個人的な力量で笑える。
個人的に鶴橋康夫監督のコメディセンスは合わない。

濡れ場は阿部寛、豊川悦司共に頑張っている。
女優陣は頼んではいないが寺島しのぶが体を張りまくっている。
頼んではいないが。