U3

のみとり侍のU3のレビュー・感想・評価

のみとり侍(2018年製作の映画)
3.3
中身をよく分からず
表紙絵が気になっていて鑑賞

小林 寛之進役の阿部寛さんの気持ちと一緒で
あー!
そーゆー映画かと

舞台は江戸時代中期頃の
徳川家治の時代で
賄賂が横行していた頃

越後長岡藩で勘定方
(今で言う経費)を行なっていた
小林寛之進(阿部寛さん)は
真面目な性格から
藩主に口出しをし
猫の蚤取りを命じられる所から始まります

猫の蚤取りとは
表稼業名で
ほんとは、娼夫を行う事でした

猫の蚤取りだけど
猫はほぼほぼ出てこないです笑


クスクス笑えるコメディ要素が強いですが
話の筋がこれ!と言えるものがないので

もうちょっと分かりやすいシナリオを
一本通して
他の話を膨らませる感じにすれば
もっと楽しめるのになと

お色気路線じゃなくて
コメディ寄りにして
誰でも見れるようにすればいいのになと
感じました

面白くない訳じゃないです
ただ
結局どの話がメインで
何を伝えたかったのかな?


蚤取りを命じられた訳も後から分かりますが

そこまでの経緯を
もうちょっと深く掘り下げて欲しかったです


この映画を見たら
久し振りに
駆け込み女と駆け出し男が見たくなりました(*^^*)

2019年41本目鑑賞