のみとり侍の作品情報・感想・評価

のみとり侍2018年製作の映画)

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

老中・田沼意次〔桂文枝〕の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫〕と女房のお鈴〔大竹しのぶ〕、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介〔斎藤工〕が暮らしていた。 「猫の“蚤と…

老中・田沼意次〔桂文枝〕の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫〕と女房のお鈴〔大竹しのぶ〕、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介〔斎藤工〕が暮らしていた。 「猫の“蚤とり”って何ら?」戸惑う寛之進の初めての猫の“蚤とり”客は、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね〔寺島しのぶ〕!この運命的な出会いに胸高鳴る寛之進であったが、彼女から浴びせられたのが、この一言。「この、下手クソが!!!!」猫の“蚤とり”とは、女性に“愛”をご奉仕する裏稼業であったのだ!侍として、必死に積み上げてきた剣術や学問、プライドもここでは無意味であった。 意気消沈する寛之進の前に、妻・おちえ〔前田敦子〕に浮気を封じられた伊達男の清兵衛〔豊川悦司〕が現れた――。 果たして、寛之進は、おみねとの恋を成就させることはできるのか? そして、彼を待ち受ける運命とは!?

「のみとり侍」に投稿された感想・評価

誠治

誠治の感想・評価

3.5
時間潰しで観たが、思わぬ拾い物だった。
久しぶりにいい時代劇を観た(しかもチャンバラなし!)
時代劇ならではの言わずもがなのいい空気が漂っており、役者もみんなよかった。
但し、松重豊演じる殿様の阿部寛への蚤とりを命じる際の顔芝居は頂けない。ラストの沙汰を下すところはカッコいいのに~
演出はふり方の方向を間違えましたね。予告でもこのカット観てて行かないつもりだったし。
あと、寺島しのぶ。この女優さんはテレビの芝居はつまんないんだけど映画になるといいな~。芝居を使い分けるところは好きじゃないけど。
なかなかにエロチックでした。
豊悦は相変わらずいいですね!
赤鬼

赤鬼の感想・評価

2.0
面白かったけれど、もっと面白いと思ってたので残念な作品というのが正直な感想です。ただ前田敦子が光っていた!と言う点において、見てよかったと思いました。どうせ胸を出すのならば、もっとやらしくても構わないから、もっともっとブラックな笑いを見て見たかった。腹の底から笑える作品が見たかった。残念です。
amyhykw

amyhykwの感想・評価

3.3
阿部寛見るだけで笑っちゃう。あっちゃんかわいかった。
summer

summerの感想・評価

3.7
正直者は馬鹿を見る的に始まり、誠実に尽くせば報われる?で終わり。良い話ですねー。
思ってた以上にエロかった(笑)トヨエツがハマってました。あのエロい顔が役に立ったね!
iakanuy

iakanuyの感想・評価

4.0
たまたま暇な日にやっていたので劇場鑑賞。CMやってたし、阿部さん好きだからという安易な理由で観たが、期待値薄でいったこともあり、意外に楽しく、そして、脇役に大御所ばかりで、すんばらしくゴリゴリな時代劇…かと思いきや、ポップな人情ラブコメ。とりあえずおっぱいポロリに動揺。紅葉さん最強。
naekana

naekanaの感想・評価

3.1
笑える要素が沢山(笑)

だけど、最後の展開が理解出来ないまま終わってしまった💦
ちょっともやもや…。
あっこ

あっこの感想・評価

3.8
前評判が良かったので劇場に行ってみました。かなりリアルに濃厚なHシーンがあって、ちょっと気恥ずかしくなる事請け合い。年配のご夫婦とかが多かったのでどんな感じで観てるのかなーと余計な事も気になりました😛
皆演技がうまいので気持ちよく観られます。阿部寛、寺島しのぶ、豊川悦司、風間杜夫、皆いい。個人的には豊川悦司がいい奴で、なにかとても可愛くて良かった👍
>|