のみとり侍の作品情報・感想・評価

のみとり侍2018年製作の映画)

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

老中・田沼意次〔桂文枝〕の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫〕と女房のお鈴〔大竹しのぶ〕、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介〔斎藤工〕が暮らしていた。 「猫の“蚤と…

老中・田沼意次〔桂文枝〕の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫〕と女房のお鈴〔大竹しのぶ〕、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介〔斎藤工〕が暮らしていた。 「猫の“蚤とり”って何ら?」戸惑う寛之進の初めての猫の“蚤とり”客は、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね〔寺島しのぶ〕!この運命的な出会いに胸高鳴る寛之進であったが、彼女から浴びせられたのが、この一言。「この、下手クソが!!!!」猫の“蚤とり”とは、女性に“愛”をご奉仕する裏稼業であったのだ!侍として、必死に積み上げてきた剣術や学問、プライドもここでは無意味であった。 意気消沈する寛之進の前に、妻・おちえ〔前田敦子〕に浮気を封じられた伊達男の清兵衛〔豊川悦司〕が現れた――。 果たして、寛之進は、おみねとの恋を成就させることはできるのか? そして、彼を待ち受ける運命とは!?

「のみとり侍」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

2.0
2018.06.07鑑賞。トヨエツのテクニックをのぞき見するくだりは、テルマエそのもので面白い。
しかし、冒頭の松重さんといい、阿部さんといい、桂さんといいあまりセリフが聞き取れなかった。
ストーリーがほんとうにたいしたことなくて、びっくりだ。斎藤工や大竹しのぶの無駄使い、この上ない。出オチ映画だった。
寺島さんの脱ぎっぷりは相変わらず天晴だが、40代以上の女性で脱げる女優さんはほかにいないのか。
莉々

莉々の感想・評価

3.1
2018.4.2
試写会に行ってきました。

金屏風の前で羽織袴の阿部寛さんの口上、拍子木の音・客席からの大向こうまるで歌舞伎
その後
舞台挨拶
阿部寛さん、豊川悦司さん、斎藤工さん、風間杜夫さん、松重豊さんの羽織袴

大竹しのぶさん、寺島しのぶさんの着物、前田敦子さんの振り袖

監督 鶴橋康夫さんはスーツ
一人一人素敵な舞台挨拶

映画の冒頭にお笑いの方が出てきたり、
松重豊さん・豊川悦司さんのキャラ等々…気がついたら笑ってました。
くまA

くまAの感想・評価

1.0
古きよき時代の助平娯楽映画。
テンポがゆったりしていて邦画らしい。後半の急展開は少し説得力に欠ける。
キャスト目当ての人には悪くないと思う。
うわぁ、茶番………
knjht

knjhtの感想・評価

3.5
大人の時代劇。

阿部寛は、生真面目で周りに振り回される役が似合う。そして、阿部寛の指南役の豊川悦司が怪演。2人の演技に終始笑ってしまった。

『後妻業の女』といい、こういう大人向けの作品も時にはいいなと思う。
rena

renaの感想・評価

3.5
ついにみたー
しょーもなさすぎてゲラゲラ笑った
嫌いじゃない
田沼意次の悪政を松平定信が改める江戸中期のお話で両者とも登場人物として出てくるが別に知らずとも楽しめる作り(知ってた方が面白いけど)…難しい話ではないけどそれぞれ演者が真剣勝負の体当たりの演技を存分に(寺島しのぶに至ってはおっぱいまで放り出して)披露してるのは見ものですね…落語っぽい
もげ

もげの感想・評価

2.3
悪くはないけど、
エロ描写が無駄にくどい
で、コメディからシリアスへの流れが雑
お陰で置いてかれるし、話もなんとなくしか分からない
ばなな

ばななの感想・評価

2.5
こんな職業があったんだと感心。
うどん粉を使った浮気防止策が愉快。
>|