のみとり侍の作品情報・感想・評価

のみとり侍2018年製作の映画)

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

老中・田沼意次〔桂文枝〕の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫〕と女房のお鈴〔大竹しのぶ〕、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介〔斎藤工〕が暮らしていた。 「猫の“蚤と…

老中・田沼意次〔桂文枝〕の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫〕と女房のお鈴〔大竹しのぶ〕、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介〔斎藤工〕が暮らしていた。 「猫の“蚤とり”って何ら?」戸惑う寛之進の初めての猫の“蚤とり”客は、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね〔寺島しのぶ〕!この運命的な出会いに胸高鳴る寛之進であったが、彼女から浴びせられたのが、この一言。「この、下手クソが!!!!」猫の“蚤とり”とは、女性に“愛”をご奉仕する裏稼業であったのだ!侍として、必死に積み上げてきた剣術や学問、プライドもここでは無意味であった。 意気消沈する寛之進の前に、妻・おちえ〔前田敦子〕に浮気を封じられた伊達男の清兵衛〔豊川悦司〕が現れた――。 果たして、寛之進は、おみねとの恋を成就させることはできるのか? そして、彼を待ち受ける運命とは!?

「のみとり侍」に投稿された感想・評価

yap

yapの感想・評価

2.0
2018.06.07鑑賞。トヨエツのテクニックをのぞき見するくだりは、テルマエそのもので面白い。
しかし、冒頭の松重さんといい、阿部さんといい、桂さんといいあまりセリフが聞き取れなかった。
ストーリーがほんとうにたいしたことなくて、びっくりだ。斎藤工や大竹しのぶの無駄使い、この上ない。出オチ映画だった。
寺島さんの脱ぎっぷりは相変わらず天晴だが、40代以上の女性で脱げる女優さんはほかにいないのか。
機内で観た。隣の視線が気になって仕方なかった笑 こういう文化って本当にあったんかな?知らんけど
oror

ororの感想・評価

3.4
気楽に見れる
xxxviii

xxxviiiの感想・評価

3.0
ストーリーは、雑多なエピソードを詰め込んだという印象。タイトルにもある「のみとり」や長屋の住人との交流、武士の苦労や世相の変化など様々な要素を描いているが、いまいちまとまりがなく、話の重点がどこにあるのか掴めない。せっかく「のみとり」という興味深い題材を扱うのだから、その点をもっと掘り下げてほしかった。
しかし、江戸の町の活気あふれる描写は魅力的で、俳優陣もそれぞれ良い味を出していたなど、楽しめる点も多かった。濃厚だが色っぽさのまるでないラブシーンも含め、お気楽時代劇コメディくらいの気持ちで観るのがいいのかも。
sandy

sandyの感想・評価

2.2
おじいちゃんおばあちゃんが観たら
楽しいのかなぁ。
豊川悦二黒すぎて全然かっこよく見えんかった。
jocx

jocxの感想・評価

3.3
役者がいいからこの内容でも観ていられたけど、なんだかスッキリしない感が残ってしまった。田沼意次時代はよく描かれる時代劇。もっと政治的に絡むと思いきや、それもなく、のみ取りも面白おかしく描かれると思いきや、それもなく(際どいので難しいのかもしれないが)個人的には個性豊かなのみ取りたちが、どのようなサービスをするのか見たかったなあ。残念だけど、定価で観なくてよかったと思う。
na

naの感想・評価

2.8
面白かったけど半分くらいセリフ何言ってるかわからなかった。。。最後も会話がわからなかったからどう終わったのかわからないという、、、前に時代劇見たときもセリフわからなかったなあ、、昔の言葉難しい。。。うどん粉だから、こんどう清べえは面白すぎた、笑った。あっちゃんかわいかったなあ〜!恐妻振りも良かった!阿部寛と豊悦もめっちゃ良かった〜!昔の言葉遣いには字幕がほしい。。
前半はちょこちょこ笑えてたのですが、後半の強引さはちょっと頂けない感じでした。豪華な割りに時代劇の風体が似合わない役者さんが多く、安っぽそうに見えて損してる印象です。
>|