のみとり侍の作品情報・感想・評価

のみとり侍2018年製作の映画)

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

老中・田沼意次〔桂文枝〕の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫〕と女房のお鈴〔大竹しのぶ〕、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介〔斎藤工〕が暮らしていた。 「猫の“蚤と…

老中・田沼意次〔桂文枝〕の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫〕と女房のお鈴〔大竹しのぶ〕、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介〔斎藤工〕が暮らしていた。 「猫の“蚤とり”って何ら?」戸惑う寛之進の初めての猫の“蚤とり”客は、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね〔寺島しのぶ〕!この運命的な出会いに胸高鳴る寛之進であったが、彼女から浴びせられたのが、この一言。「この、下手クソが!!!!」猫の“蚤とり”とは、女性に“愛”をご奉仕する裏稼業であったのだ!侍として、必死に積み上げてきた剣術や学問、プライドもここでは無意味であった。 意気消沈する寛之進の前に、妻・おちえ〔前田敦子〕に浮気を封じられた伊達男の清兵衛〔豊川悦司〕が現れた――。 果たして、寛之進は、おみねとの恋を成就させることはできるのか? そして、彼を待ち受ける運命とは!?

「のみとり侍」に投稿された感想・評価

KOKO

KOKOの感想・評価

-
ここ数年の阿部寛の仕事の選び方は
本当に素晴らしいよね。

あとコメディ映画に登場する斎藤工。
けっこう好き。


もっと緻密に作ることもできるんだろうけど、何だかんだこんくらいがいいのかも。
音楽トライしてる感じがよかった
AnnaUtsumi

AnnaUtsumiの感想・評価

3.2
セリフが聞き取りにくかったので理解に時間がかかる箇所があった。
トヨエツの色気が最高でした。面白かったですよ。バカ殿がですね…最高でした。最初と最後のギャップがとても良かったです。
stkio

stkioの感想・評価

3.2
題材が面白いのと実力派俳優陣がキャラを立たせている。典型的な流れでないどんでん返しが邦画では珍しいかな。よく出来てると思うけど、分かりづらいのが玉にキズ
機内で観た。隣の視線が気になって仕方なかった笑 こういう文化って本当にあったんかな?知らんけど
oror

ororの感想・評価

3.4
気楽に見れる
>|