のみとり侍の作品情報・感想・評価

のみとり侍2018年製作の映画)

上映日:2018年05月18日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

老中・田沼意次〔桂文枝〕の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫〕と女房のお鈴〔大竹しのぶ〕、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介〔斎藤工〕が暮らしていた。 「猫の“蚤と…

老中・田沼意次〔桂文枝〕の規制緩和により金になれば、何でもOKな江戸の世。 越後長岡藩士として出世コースを邁進する小林寛之進〔阿部寛〕は、ある失言から、藩主・忠精〔松重豊〕の逆鱗に触れ、左遷されてしまう。その左遷先は、猫の“蚤とり”を生業とする貧乏長屋。そこには、旦那の甚兵衛(風間杜夫〕と女房のお鈴〔大竹しのぶ〕、貧しい子供たちに読み書きを教える友之介〔斎藤工〕が暮らしていた。 「猫の“蚤とり”って何ら?」戸惑う寛之進の初めての猫の“蚤とり”客は、亡き妻・千鶴に瓜二つの女・おみね〔寺島しのぶ〕!この運命的な出会いに胸高鳴る寛之進であったが、彼女から浴びせられたのが、この一言。「この、下手クソが!!!!」猫の“蚤とり”とは、女性に“愛”をご奉仕する裏稼業であったのだ!侍として、必死に積み上げてきた剣術や学問、プライドもここでは無意味であった。 意気消沈する寛之進の前に、妻・おちえ〔前田敦子〕に浮気を封じられた伊達男の清兵衛〔豊川悦司〕が現れた――。 果たして、寛之進は、おみねとの恋を成就させることはできるのか? そして、彼を待ち受ける運命とは!?

「のみとり侍」に投稿された感想・評価

KOKO

KOKOの感想・評価

-
ここ数年の阿部寛の仕事の選び方は
本当に素晴らしいよね。

あとコメディ映画に登場する斎藤工。
けっこう好き。


もっと緻密に作ることもできるんだろうけど、何だかんだこんくらいがいいのかも。
mi

miの感想・評価

3.4
私はけっこう好きでしたよ!!

阿部さんの新たな面をみた感じがして
知らなかった史実も知れて
全体的におもしろかった😃

マエアツもトヨエツも素敵でした。
最後の方ストーリーよく分からんくなったけど、なんとなーくで理解したことにした。子どもっぽくて大人っぽい映画。おもしろい。
Feno

Fenoの感想・評価

3.0
それぞれのキャラクターは良いのに、ストーリーが雑で残念。キャストは豪華なだけに...。
osowa

osowaの感想・評価

3.0
阿部ちゃん、トヨエツ目当てだから十分楽しんだけど、ラストは日本語なのに何言ってるのかさっぱり理解できず、何がどうなったのか分からなかった。
でも、阿部ちゃんの涙でなんか感動したっぽい。
エロシーンはエロいというより笑かしにきてたね。
莉々

莉々の感想・評価

3.1
2018.4.2
試写会に行ってきました。

金屏風の前で羽織袴の阿部寛さんの口上、拍子木の音・客席からの大向こうまるで歌舞伎
その後
舞台挨拶
阿部寛さん、豊川悦司さん、斎藤工さん、風間杜夫さん、松重豊さんの羽織袴

大竹しのぶさん、寺島しのぶさんの着物、前田敦子さんの振り袖

監督 鶴橋康夫さんはスーツ
一人一人素敵な舞台挨拶

映画の冒頭にお笑いの方が出てきたり、
松重豊さん・豊川悦司さんのキャラ等々…気がついたら笑ってました。
くまA

くまAの感想・評価

1.0
古きよき時代の助平娯楽映画。
テンポがゆったりしていて邦画らしい。後半の急展開は少し説得力に欠ける。
キャスト目当ての人には悪くないと思う。
うわぁ、茶番………
knjht

knjhtの感想・評価

3.5
大人の時代劇。

阿部寛は、生真面目で周りに振り回される役が似合う。そして、阿部寛の指南役の豊川悦司が怪演。2人の演技に終始笑ってしまった。

『後妻業の女』といい、こういう大人向けの作品も時にはいいなと思う。
rena

renaの感想・評価

3.5
ついにみたー
しょーもなさすぎてゲラゲラ笑った
嫌いじゃない
>|