のみとり侍の作品情報・感想・評価

「のみとり侍」に投稿された感想・評価

U3

U3の感想・評価

3.3
中身をよく分からず
表紙絵が気になっていて鑑賞

小林 寛之進役の阿部寛さんの気持ちと一緒で
あー!
そーゆー映画かと

舞台は江戸時代中期頃の
徳川家治の時代で
賄賂が横行していた頃

越後長岡藩で勘定方
(今で言う経費)を行なっていた
小林寛之進(阿部寛さん)は
真面目な性格から
藩主に口出しをし
猫の蚤取りを命じられる所から始まります

猫の蚤取りとは
表稼業名で
ほんとは、娼夫を行う事でした

猫の蚤取りだけど
猫はほぼほぼ出てこないです笑


クスクス笑えるコメディ要素が強いですが
話の筋がこれ!と言えるものがないので

もうちょっと分かりやすいシナリオを
一本通して
他の話を膨らませる感じにすれば
もっと楽しめるのになと

お色気路線じゃなくて
コメディ寄りにして
誰でも見れるようにすればいいのになと
感じました

面白くない訳じゃないです
ただ
結局どの話がメインで
何を伝えたかったのかな?


蚤取りを命じられた訳も後から分かりますが

そこまでの経緯を
もうちょっと深く掘り下げて欲しかったです


この映画を見たら
久し振りに
駆け込み女と駆け出し男が見たくなりました(*^^*)

2019年41本目鑑賞
うーん

何か全てが中途半端だった気がする。

今の日本映画の限界なんだろうか。
はる

はるの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

飛行機の映画が少なかったので、なんの前情報もなく鑑賞。
猫的なほんわか映画だと思っていたので、隣に子どもがいるのに途中でおっぱいが出てきて即飛ばしました。

松重さんのシーンだけバカ殿感出てて面白くて、しかも最後はすごい優しい殿で泣いてしまった。
松重さんのための映画でした。

勘違いしているナレーションがあるところはテルマエロマエに似ていて、阿部寛の裸体を見てもエロさより風呂に入ろうとしている錯覚に陥りました。

でも本当、松重さん以外に見所はないです。
なちお

なちおの感想・評価

3.8
イチモツニウドンコ
おもしろかった!!
2日連続おっぱい映画。
のちお

のちおの感想・評価

3.7
笑いありエロあり!
なかなか楽しめた作品でした!
くま

くまの感想・評価

4.0
みたよ
hagachan

hagachanの感想・評価

3.0
イチモツニウドンコ。
内容が理解出来ない。けど見直す程でもない。豊悦のお相手が1番エロく美しい。
ギャー こんな話だったの?
私はかわいい猫が出てくるものだと思ってた。
メンズと、レディースと観ると 気まずいわよ!
おっぱい盛りだくさんよ!

阿部寛、斎藤工、豊川悦司などイケメン勢揃い。配役は合ってた。

蚤とり屋って本当にいたのかな?
「蚤とり屋さ~ん!こっち!」なんて呼び込むことできる!?

このヘタクソ!なんて殿方に対して絶対言っちゃいけないお言葉だと(笑)
んー、ライト過ぎるくらいにライトに観れた映画だった!
>|