ジョニーは行方不明/台北暮色の作品情報・感想・評価

ジョニーは行方不明/台北暮色2017年製作の映画)

强尼·凯克 強尼·凱克/Missing Johnny

上映日:2018年11月24日

製作国:

上映時間:107分

3.7

あらすじ

「ジョニーは行方不明/台北暮色」に投稿された感想・評価

かしこ

かしこの感想・評価

3.5
最初の方少し寝てしまった、、。ちなみに両隣と斜め前の人も寝ていた。
インコ失踪あたりから皆起きる。笑

主演の女優さんがとても惹きつけられる〜インコと戯れるのよいよい。
日常を淡々と描く系映画好みなので、よかったです。台湾の空気感が詰め込まれている〜〜〜。
al

alの感想・評価

4.1
ホアン・シー監督のデビュー作。この方、ホウ・シャオシェン監督のアシスタントをされていたそう。

現代の台北に生きる3人の男女を淡々と描いた作品。
逃げたインコ、ジョニー宛の間違い電話、車のエンスト、表面的な家族の形、「距離が近すぎると、愛し方を忘れる」という言葉…3人の過去の喪失が言葉少なに綴られ、ちょっとした言葉と表情に重たさを感じる。説明も解決もされないけど、観終わった後は少しの希望が持てる。

コンビニの前で互いの過去を告白するっていうシチュエーションが最高に良かった。

都会的な雰囲気は「恐怖分子」に似ていて、孤独な若者の日常は「きみの鳥はうたえる」に近いと思った。
巨匠、侯孝賢(ホウ・シャオシェン)監督の元アシスタント、ホァン・シーの長編監督デビュー作。
インコを飼う若い女シュー(リマ・ジタン)、車中暮らしの冴えない男フォン(クー・ユールン)、記憶に難あり?な少年。
其々抱えるものが異なる3人が台北という渇いた都会で交錯する、、、

やっぱり、なんとなくホウ・シャオシェンやエドワード・ヤンの雰囲気ありますね^_^何しろ説明が少ない、、つうか全然無い!^_^;会話や映像の断片を元に理解しようとするけど、それだけではパズルは全然揃わないから、乏しい人生経験を総動員して余白を想像するしかない、、、

印象的なシーンが多数^_^
無言乗車→無言発車、二人で全力走、気まずい晩餐、コンビニ前であぐらで会話、窓枠抱えて動けない、水溜り自転車、インコ🦜との戯れ、、、

エンストは、誰か押してくれると、何だか心強いし、ちょっと希望が持てる^_^
mei

meiの感想・評価

-
救済。
冒頭遅れて見逃したのが悔しい。
あのお鍋叩いてるみたいな音が鳴る楽器台湾行ったとき買えないかなぁ。
カビ臭い煙草。
高速道路のシーン美しすぎる。
鳥を飼う文化興味あるな。。。
Mizi

Miziの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

中華街映画祭にて鑑賞。
台北に初めて旅行に行ったときのバイクや車が通る雑踏のどこか懐かしい感じが郷愁を誘う。そこに住む人たちの日常やさり気ない孤独をどことなく映し出す。
彼女は、ある決心をする。最後は立ち止まってもちょっとずつ前に進み続ける人生を表しているように思う。
日本だと「きみの鳥はうたえる」や「走れ、絶望に追いつかれない速さで」あたりを思い出した。どの作品も、街に生きる現代の20代30代そこらの人たちの乾き切ってしまったような感情やその表現方法の細かい挙動を捉えていると感じる。それは人間関係の選択肢や情報のパンク、対して家族慣習や常識などいまだ残るしがらみ、そういった類からの防御作用という側面があるのだろう。国が違っても彼らの仕草がすごく似ていると感じる。1シーン1シーンの映像が必要以上に映像そのものとして美しいことも似ていて(これは膨大な映像や画像やモノの中から一目で選んでもらうための技術で、商品のデザインが重視されたりインスタの中で行われている現代的な工夫だと思う。山戸結希などの作品にも同様の執拗な工夫が感じられる。)、その美しさの奥に秘めた虚無感や孤独を際立たせていると感じる。
Lea

Leaの感想・評価

3.8
距離が近すぎると、愛し方を忘れてしまう
劇中での説明が少ないので「考えるな感じろ」な映画でしたが、日が落ちる直前の空とピンク色の夕陽、工事の赤い電飾、街の光がじんわりと滲む中で、女性の表情が序盤から終盤にかけて少し穏やかになっていくところが好きです
派手派手しい屋根瓦にとまるインコ。台北の夜景。真っ黒いコンクリートの水溜りを切り裂くオレンジの自転車。そこまで親しくはない2人を乗せてトンネルを走る車。高架下での疾走。色とりどりの光とハッとする躍動が美しかった。
sachiki

sachikiの感想・評価

3.7
(191)
何か劇的な事が起きて、解決して終わりというタイプの作品ではない。
極端な言い方したら雰囲気で押しきる作品なのかなと。
けど押しきれるなら問題ないじゃないか。
後ろの席の人は寝息からさっするにすやすや寝ていた。
けど、僕はこの作品がつまらないから寝てたとは思っていない。心地良いからだと。
気だるい午後。登場人物がコンビニで夜に酒を買いのむように、自分も昼からビールを飲みリラックスして観賞。こうゆう作品もたまにはいいよ。
>|