ダースペーター

悲しみに、こんにちはのダースペーターのレビュー・感想・評価

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)
4.5
両親を亡くした少女と、彼女を引き取った新しい家族とが、お互いに成長していく物語。実話です。

子どもの視線から、親の視線から、登場人物全員に強烈に感情が入りました。


分かるんです、引き取られた子の気持ち。
実の子ではないから、嫌われている?、と想うのは当然のこと。

分かるんです、引き取った大人の気持ち。
実の子でないけど、精一杯可愛がりたい、、けど、一番可愛いのは我が子。


邦題『悲しみに、こんにちは』は、なんのこっちゃ?、ですけど、この意味はラストシーンで知ることになります。そして、それを知った瞬間、火山の噴火のごとく涙が溢れ出ます。帰りの電車の中、ずっと泣きっ放しでした。

長回しも多いし、何より二人の子役の演技が、あまりにリアルで、まるでドキュメンタリーを見ているような錯覚に陥りました。

上映館が少なく残念です。けど、レンタル落ちしてからでも、是非‼️ご覧下さい。
生涯忘れられない一本になること、請合います。

ちょっとテンポが悪かったので、☆半分だけで残しました。