Lisa

CUSTODY/カストディ(英題)のLisaのレビュー・感想・評価

3.8
フランス映画祭にて。
怖かった…。スリラーやん…。

万引き家族の、大事なのは血縁じゃないっていうやつに対して、血がいかに厄介かが分かる映画だった。自分達にとっては恐怖の存在でも、そいつが父親であるってだけで、法的な機関から面会を義務づけられる。「あの男」が口にする、「俺は父親なんだ」「俺の妻なんだ」は、震えるくらい憎いけど事実。

監督は「母と息子同様に、この男も犠牲者なのだ。」と言ってたけど、そんな話を聞いても自分にとってアイツはやっぱり「あの男」で、同情はできなかった。どうすりゃ全員救われるんだ。男性が観たらどう思うんだろう。

あと、向かいのおばあさんの謎演出はなんだったんだろう。若干不気味さが残る。