ジュリアンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ジュリアン」に投稿された感想・評価

saki

sakiの感想・評価

-
きろく
長女の彼氏が三つ編み。
chychy

chychyの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

カメラワークにプラス1点。
母親と姉弟に重大な何かあるのか期待したが( ・ε・)
バカ親父で終了。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

4.0
2020年10月21日
『ジュリアン』  2017年フランス制作
監督、グザヴィエ・ルグラン。

ジュリアンは11歳。姉が一人いる。
父と母は離婚をし、離婚調停の結果、親権は共同。
母が娘と息子を引き取るが、ジュリアンは隔週の
週末ごと、父と過ごすことになった。
ジュリアンは母の電話番号や住所を執拗に聞き
出そうとする父に、必死で嘘をつき続けるが…


観ていて、ジュリアンは何故父の車に乗るのだろう?
車から降りて、祖父母や警察に駆け込むなり、父が
嫌だ!!とはっきり言葉で言えば良いのにと何度も思った。

これが暴力から逃げ出せない、いいなりになって
しまうということなのか…と思った。

父はジュリアンに暴力をふるうわけではないが、
言葉がキツイ! 執拗過ぎる。
ジュリアンを言葉でがんじがらめにしているように
見える。

粘着型タイプな父は、ジュリアンを盾にして、別れた
元妻に未練たっぷり! こだわる。

元妻をつなぎ止めようとする、それは愛なのか? 
それとも否定されたことへの逆恨みなのか?
徐々にエスカレートする父親。
元妻とジュリアンを心理的に追い詰めていく様子が
迫力あった。

キレてしまった父が怖い!!
やっぱ、病気だ。


父親役のドゥニ・メノーシェさん、ジュリアン役の
トマ・ジオリア 君、お二人のリアルな演技が素晴らしい!
トマ・ジオリア 君は目や表情で演技、
ドゥニ・メノーシェさんは体全体で迫力を出している。


第86回アカデミー賞の短編映画賞にノミネートされた
2013年の映画『すべてを失う前に』の長編バージョン
である。
日本ではフランス映画祭2018において『CUSTODY/
カストディ』のタイトルで上映された。
(この項目、Wikipediaより)
ねこ

ねこの感想・評価

3.7
まったく気が休まらない
とにかくずっと肩に力が入りっぱなしだった

これはもうドキュメンタリーでは?
展開は予想通りなのだが、ストーリー云々よりも今もどこかでこんなことが起きている…ということに、焦りとか恐怖とかもどかしさとか説明するのが難しい感情が湧いてきて、とても暗い気持ちになった

警察や家庭裁判所、福祉関係の人、どうかこれを観てはくれないだろうか
こんな邦題じゃ無理か〜
ト影

ト影の感想・評価

3.5
子供を思うと不憫でならない。
ジュリアンが鬱陶しく思っているのも、恐怖を抱いているのも、子供だから何も出来ない辛さも伝わってくる映画だった。

ストーカーとかもそうだけど、決定的な何かが無い限り、相手の行動は制限できないのは万国共通なんだなぁと思った。

旦那の顔が絶妙に腹立つ(笑)
フランス映画らしいっちゃらしいけどエンタメ性は低め。
ラストは衝撃の展開とか書かれてたけど、どこが!?という感じ。
そうなるでしょうねという終わり方。

ちょこちょこ出てくる娘の問題とかパーティーにいた男性とか顛末が明かされないまま終わるけど
まあずっと同じとこに執着する夫と動いてる世の中の対比ということなのかな。

ジュリアンが健気で可愛いけどそれだけの映画だった。
maiins

maiinsの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最後、終わった って繰り返してるのが痛いほどわかって苦しかった

「家族は、衝撃の結末を迎えた」って煽ってるけど、あの男と"私たち"は家族じゃない
誰だこの映画をスリラーなんかにジャンル分けしたのは。確かに見た感じは“リアル・シャイニング”だが、ポイントがまったくずれている。DV被害にあう息子の名前をタイトルに選び、観客の陳腐な同情心を煽ろうとした日本の配給会社もまた同罪である。フランス本国の原題『すべてが終わる前に』から想像できるように、本作はれっきとした社会ドラマであり、主人公もDV被害にあう息子というよりは、親権争いで面会する権利を得た夫アントワーヌと妻ミリアムの離婚した元夫婦といってもよいだろう。

確かに突如として人前で激昂しミリアムやジュリアンに平気で手をあげるこの髭面大男を主人公として紹介したら、いまだに性善説を信じている日本人の皆さんは、けっして映画館に足を運ばなかっただろう。だからといってこのアントワーヌを、悪霊にとりつかれたジャック・ニコルソンと同等に扱うのはいくらなんでも短絡的すぎる。ミリエルが他の男と話しているのを見ると「あいつとも寝たのか」と元妻を疑うアントワーヌは確かに病んでいる。しかしその病は世界中でよく見受けられる“今そこにある病気”なのである。もちろん日本の一般家庭とて他人事ではないだろう。

そんな病気男に、息子ジュリアンと週に一度面会する権利を与えてしまう裁判所も裁判所なら、「ここは俺の家だ」といってアントワーヌを追い払う父親の方にも大いに問題がある。離婚によって社会に居場所のなくなったDV男が孤立を深め、いずれ大問題を起こすのは自明だったのではないだろうか。面会したジュリアンに新居の場所をしつこく聞き出そうとするアントワーヌに対し、母親を守ろうと必死になって嘘をつくジュリアン。「絶対に探し出す」体に似合わぬ小さなミニバンを乗り回し、ミリエルとジュリアンの住む新居へとだんだんと近づいていくのだ。(でもスリラーじゃないからね)

そんな狂った父親を「あいつ」呼ばわりする姉弟。もはやこの家族が元のさやに収まる可能性はゼロだというのに、それでもあきらめきれないDV男アントワーヌは、自分を迎え入れてくれることなどけっしてないアパートのドアを、無理やりにでもこじあけようとするのである。ミリエルのような状態に追い込まれた母親が、自分や子供を守るためにいかにも喧嘩の強そうなマッチョ男と再婚するケースをよく目にするが、その気持ちが痛いほど伝わってくる1本である。
>|