劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-の作品情報・感想・評価

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-2018年製作の映画)

上映日:2018年07月27日

製作国:

3.9

あらすじ

地下鉄トンネル崩落事故から3か月後、旅立ちの時が迫る藍沢たち。その旅立ちが「別れ」を意味することに気づきながらも、彼らは10年間を共にしたお互いへの思いを抱えたまま、日々を過ごしていた。 しかしそんな彼らの思いに構うことなく、出動要請が入る。「空」と「海」で未曽有の大事故が連続発生。史上最悪の現場に、彼らはいかに立ち向かうのか。そしてその先に、答えはあるのかー。

「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」に投稿された感想・評価

トンビ

トンビの感想・評価

4.1
久々のダブルヘッダー。
ドラマやスピンオフ作品を見た勢いそのままに見てきちゃいました。

自分は、season3しかドラマを見てなかったが、それでもほとんど問題なく楽しめた。
個人的には、海猿と似たジャンルだと思っている。(海猿ファンです)

一言でいうと、グッとくるシーンの連続。
1つの作品の中に、いくつものストーリーが織り交ぜられていて、ひとつひとつの行動であったり、台詞であったり、何度も涙腺がやられそうになった。

もちろん、緊迫したシーンだけでなく、ドラマさながらの主要キャスト陣による、思わず笑ってしまうような掛け合いも健在。

終盤の展開は予想してなかったので、少しびっくりしました。

そして、今作は主役キャスト以外のキャスト、特に、山谷花純さんの演技は見応えがあった。
実際に病状に合わせて、坊主に刈り上げたんだとか。
役者魂を感じました。

ドラマの流れからの映画化ということもあり、期待値もそれなりに高かったと思うが、コードブルー最終作としても、それに見合った仕上がりで、見終わった後には、スッキリした気持ちになれました。
ami

amiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

これはもうコードブルー好きからしたらたまらない、、
もう最初の今までの振り返りみたいなところから泣いてた。

いつも無口で無愛想だけどでも誰よりも周りのことを見ていて仲間のピンチには自分が犠牲になる藍沢先生、かっこよすぎ、
感電してしまったシーンで、目覚めなかったらどうしようって不安になった。

緋山先生も、白石先生も藤川先生も冴島さんもみんな好き、

誕生から10年というキリのいい年に集大成みたいな感じで映画化されちゃったらもうコードブルーは戻ってこないんだろうなと思った。悲しい、
ストーリーが感動的だし、医者の仲間の絆という感じ
miisaakii

miisaakiiの感想・評価

4.2
ドラマの集大成感がすごくて
めちゃくちゃよかった泣いた。
終始山Pがかっこよかった。
おり

おりの感想・評価

4.3

黒田先生が出演したらもう少し評価高かったかな。。
ka

kaの感想・評価

4.3

1日のほとんどを病院で過ごして

いろんな人の人生に触れてきた

人の生命力って時に想像を超えるほど逞しい

それでも、救えない命なんて山ほどある
救命に奇跡なんて起こらない

誰かのために生きるって考えれば難しいけど、
きっと誰もが生きているだけで誰かのためになってる

癌で余命僅かな女性、アルコール依存症の母親、不慮の事故で脳死判定を受けたたった14歳の少年

そして、誰かの命を救うために生きてきた1人の医師

生きてほしいと願わない人なんていない
でもそれって言葉にしないと伝わらない



コード・ブルーは1stシーズンからずっとわたしの傍で寄り添ってくれている作品
藍沢、白石、緋山、藤川、冴島
みんな不器用だからこそその努力が人の胸を打つのだと思います

この作品に出会えて良かったと心から思うし、きっとこれからもこの作品と一緒に生きていくのだと思う

結婚式のシーンは5人の絆が温かく描かれていて案の定号泣でした
すっぴんで観に行って正解(笑)
の

のの感想・評価

4.2
ドラマも好きで観てみたけどめっちゃ泣けたぁ。泣きたい時に観る!
5人の何気ない会話から垣間見れる関係性が楽しめた。通常想定できない違和感がある展開にも笑いあり、感動あり、迫力ありで飽きさせる時間もないまま鑑賞できた。
HiromiIse

HiromiIseの感想・評価

3.4

ドラマ映画化とかあんまり観ないけど、思わずだくだくに泣いてしまった。
分かっててもないてしまった。

戸田恵梨香のセリフがいい。

ストーリーは普通だと思う
>|