FUJI

ダンシング・ベートーヴェンのFUJIのレビュー・感想・評価

3.5
モーリス・ベジャール氏はその世界ではかなり有名な方で、これまた有名な第九に振付をしたこのバレエは大変ブームを巻き起こしたものだったんですね。総勢350人にも及ぶダンサー、オケ、ソロ、合唱団を集めた今作に日本人が参加できたことは素晴らしいことだと思います。そして、普通だったらバラバラのものを、一挙に観られるとはなんて贅沢な。映画でなく生で拝見したい。

実際の公演映像を見せてもらったのですが、私にはバレエの知識が無く、よくわからないけど凄い!という感じでした。でもこの映画でダンスの一つ一つにちゃんと意味があり何を表現しているのかを知ったので、その上でもう一度観てみたいなと思いました。
耳慣れた音楽がダンスという形で表現されるのは中々面白いですね。
ちなみに、映画はドキュメンタリーで本番は一部分しか流れないので、ウズウズするかもです。

練習風景とか面白かったです。舞台裏はこうなってるんですね。色んなドラマがあって創り上げられたんだなと思いました。様々な国の人達が手を取り合って「人類皆兄弟」を感じられる作品です。

ダンサー達の肉体は本当にお美しいです。無駄なものが無い!あと、モーリス・ベジャール・バレエ団、美男美女ばっかり!