ダンシング・ベートーヴェンの作品情報・感想・評価

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

-
モーリス・ベジャール振付、ベートーヴェンの「第九交響曲」。ベジャール亡き後、再演は不可とされていたこの作品が、ローザンヌの「モーリス・ベジャール・バレエ団」と「東京バレエ団」、そしてイスラエルフィル、指揮者ズービン・メーターとのコラボレーションで一大スペクタクルとして蘇る。公演本番までのドキュメンタリー。

天才振付家モーリス・ベジャールの作品を初めて知ったのは、学生の頃に観た映画『愛と哀しみのボレロ』で。

映画のラストシーン、エッフェル塔の下で繰りひろげられるジョルジュ・ドンが踊るベジャール振付のラヴェル『ボレロ』に釘付けになった。この壮大な絵巻物のようなストーリーを、身体一つでここまで表現できることに衝撃を受けた。

そしてベジャールは、ベートーヴェン作曲『第九交響曲』、詩人シーラの「歓喜に寄せて」に描かれている「人類、皆兄弟」を体現するような人類の遺産ともいえる曲に振付けをした。

肌の色、国籍、言葉、個性がそれぞれ違う者同士が舞台上で手を繋ぎ、人生を象徴するような円になって前進する。それは人類愛を超えた人生讃歌だ。

抱き合おう、諸人(もろびと)よ!
この口づけを全世界に!
兄弟よ、この星空の上に
聖なる父が住みたもうはず

ベジャール・バレエ団の芸術監督であるジル・ロマンは、劇中のインタビューでこう語る。「人間なんて所詮ちっぽけな存在。ただ己と戦うだけなのです」

ベートーヴェンはこの曲を作った時、既に耳が聴こえなかった。どんな思いでこの曲を書いたのだろう。そしてこのバレエ作品を観たらどんな風に感じるだろう。

映画をナビゲートするジル・ロマンの娘が言う。「たとえ世界を救えなくとも、美は人類に必要」と。美を追求して止まないダンサーたちは、様々なアクシデントやハプニングに苦しみながらも、この世界を体現するために己と戦い続ける。

確かに人間とはちっぽけな存在だけれど、このような作品を産み出すのもまた人間で、やはり人間は偉大なのだと思う。

先に述べた映画『愛と哀しみのボレロ」の冒頭で引用されるアメリカの作家ウィラ・ギャザーの言葉が印象的だ。

「人生には2つか3つの物語しかない
しかしそれは何度も繰り返される
その度ごとに初めてのような残酷さで」

人生とは、永遠に旋回する円の中で、繰り返し繰り返し踊り続けるようなものかもしれない。この円の中で、争いや諍いは避けずにはいられないのだろうか。

もしそうだとしたら、ベートーヴェンがこの曲を通して訴えかけた「誰か一人でも心を通わせる友がいるならば喜ぼう。神の下、喜びを共にしよう」というメッセージを大切にして生きていきたい。
『ダンシング・ベートーヴェン』
Haruka

Harukaの感想・評価

3.7
音楽もダンスも好きだからとても興味深く、面白かった。
実際の公演を知っていたら絶対に行ったのに!
これは「舞台を作る人々や制作過程の映画」だったが、フルバージョンを見たかったなー!
日本人ダンサーが何人も出ていたのが驚き。
オスカー・シャコンさんに惚れました。
まぁ

まぁの感想・評価

4.0
ラストは涙が溢れた…

ベートーベンの「第九」を「バレエ」で表現するって…どうなるんだろう…と…♡
それを「映画」(ドキュメンタリー)で観せるって…どうなるんだろう…と…♡

「人類皆兄弟」
「希望」「愛」「命」を伝えたかったんだろうな…と…観終わった今、想う…♡

「第九」は学生時代に毎年歌っていた…♬
だから…私にとっては…「親しみのある」曲…♬
「音」「音楽」を「身体」で表現することも学んだ…♡
…なので…この作品は…私にとっては「どんぴしゃ」だった…♬

オーケストラ、ソリスト、合唱、そしてダンサー
それぞれの役割は違うけれど…「一つのもの」を作り上げていく過程を観る事が出来るのは「映画」だから出来ること…♡

「生の」舞台が…見たいな…♡
「第九」…また歌いたいな…♬
(…サビは覚えているから…心の中で歌っていた…♬)

「ボレロ」もそうだけれど…
「円」「◯」…象徴的…そして…印象的…♡

早朝から良い作品を観た…(o^^o)
minorufuku

minorufukuの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

モーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団共演によるベートーベンの「第九」とダンスを融合した総合芸術「第九交響曲」の2014年東京公演の舞台裏を追ったドキュメンタリー映画。演奏はイスラエル・フィルハーモニー管弦楽団。

1999年以来15年ぶりの本公演に向けてスイスでの練習を開始したバレエ団だったが、第2ステージのメインダンサーの妊娠による降板や、怪我などの想定外の出来事にみまわれながらも、それらを乗り越え本公演向けて演目の精度を高めていく姿を描いている。

僕はバレエの知識に疎く、また、ただでさえベートーベンの第九はオーケストラと合唱団との競演作品なので、バレエと融合させたらごちゃごちゃして合わないのでは?と観る前は勝手に思っていたのだが、とんでもなかった。曲と振り付けとの親和性が凄まじくて見ていて鳥肌が止まらないという…
ドキュメンタリーなこともあり公演本編映像は少なめで、芸術監督や出演者達へのインタビューと練習風景が中心。芸術家特有のストイックだがポジティブな思考回路は興味深かったし、ベートーベンの第九への想いの考察やヨーロッパでの第九の捉え方などに触れられた内容なのもとても勉強になった。モーリス・ベジャール・バレエ団には日本人も所属しており、彼らへのインタビューも割と多めに収録されていた。
それにしてもダンサー80人、総出演者350人のステージ映像は圧巻。バレエと言えば白鳥の湖のような女性的で優雅なイメージを僕は抱いていたのだが、本作の振り付けはどちらかと言うと野生的で力強く、なおかつ美しさも兼ね備えていた。彼らは軽やかに踊っているが、動きはかなり激しいし、鍛えてるとはいえ成人の体重でつま先立ちを繰り返す負担は計り知れないようで、それが怪我をするシーンで初めてあらわになる。改めて過酷な職業だと感じた。
人類をひとつに!という非常に大きなテーマを含んだ公演で、バレエ団やオーケストラも多彩な人種で構成されていて、彼らの表現力が結集してひとつの作品を作り上げていく過程が感動的だった。最後の場面で語られる、たとえ自分たちが世界を救えなくても芸術は世界に希望をもたらすという言葉が印象的だった。
当然、劇中音楽は全部第九なので、しばらく耳から離れなさそう。

公演全編を収録したDVDもあるので、そちらも観てみたいと思った。
KS

KSの感想・評価

3.3
多様性とは何かというテーマを、スイスのモーリス・ベジャール・バレエ団による演目ベートーベン「第九」軸に構成されたドキュメンタリー

このダンスは第九の視覚化という発言が映画でされていた。音楽を視覚化するものとしてのダンスは、現代のポップスにも通じているなと考える事もできて、2018年で言えば、シュートダンスとトラップの関係と言い換えることもできるなと思った。
n

nの感想・評価

-
『希望は常に勝利である』
バレエはにわかファンなのでこの公演は知らなかったのですが、最後のみなさんの演技はとても興奮しました。バレエの中でも創作性が強くて生命力を感じました。

でもやっぱりポルーニンの方が興奮した笑
mayukotkhs

mayukotkhsの感想・評価

3.0
ん~、ん~。
バレエドキュメンタリー特有の緊張感とか、挫折とかがほぼなく、何人かのダンサーに浅くインタビューしたかんじ、

そもそも伝えたかったのがそういうことではなく、人類みんなブラザー的なメッセージだったんだとはおもうけど、その要素もなんか薄い?し、最後のみせばも、ん~。
Ah, I wanted to see it!

この公演、生で観たかったな〜。でも監督のメッセージが終始ズレているように感じた。
>|