ダンシング・ベートーヴェンの作品情報・感想・評価

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

3.6

あらすじ

スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれて…

スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれてくる子供への愛情のあいだで揺れ動くカテリーナ。様々な想いを抱えながらダンサーたちは、東京での第九のステージに挑む。

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿された感想・評価

Kana

Kanaの感想・評価

-
モーリス・ベジャール振付、ベートーヴェンの「第九交響曲」。ベジャール亡き後、再演は不可とされていたこの作品が、ローザンヌの「モーリス・ベジャール・バレエ団」と「東京バレエ団」、そしてイスラエルフィル、指揮者ズービン・メーターとのコラボレーションで一大スペクタクルとして蘇る。公演本番までのドキュメンタリー。

天才振付家モーリス・ベジャールの作品を初めて知ったのは、学生の頃に観た映画『愛と哀しみのボレロ』で。

映画のラストシーン、エッフェル塔の下で繰りひろげられるジョルジュ・ドンが踊るベジャール振付のラヴェル『ボレロ』に釘付けになった。この壮大な絵巻物のようなストーリーを、身体一つでここまで表現できることに衝撃を受けた。

そしてベジャールは、ベートーヴェン作曲『第九交響曲』、詩人シーラの「歓喜に寄せて」に描かれている「人類、皆兄弟」を体現するような人類の遺産ともいえる曲に振付けをした。

肌の色、国籍、言葉、個性がそれぞれ違う者同士が舞台上で手を繋ぎ、人生を象徴するような円になって前進する。それは人類愛を超えた人生讃歌だ。

抱き合おう、諸人(もろびと)よ!
この口づけを全世界に!
兄弟よ、この星空の上に
聖なる父が住みたもうはず

ベジャール・バレエ団の芸術監督であるジル・ロマンは、劇中のインタビューでこう語る。「人間なんて所詮ちっぽけな存在。ただ己と戦うだけなのです」

ベートーヴェンはこの曲を作った時、既に耳が聴こえなかった。どんな思いでこの曲を書いたのだろう。そしてこのバレエ作品を観たらどんな風に感じるだろう。

映画をナビゲートするジル・ロマンの娘が言う。「たとえ世界を救えなくとも、美は人類に必要」と。美を追求して止まないダンサーたちは、様々なアクシデントやハプニングに苦しみながらも、この世界を体現するために己と戦い続ける。

確かに人間とはちっぽけな存在だけれど、このような作品を産み出すのもまた人間で、やはり人間は偉大なのだと思う。

先に述べた映画『愛と哀しみのボレロ」の冒頭で引用されるアメリカの作家ウィラ・ギャザーの言葉が印象的だ。

「人生には2つか3つの物語しかない
しかしそれは何度も繰り返される
その度ごとに初めてのような残酷さで」

人生とは、永遠に旋回する円の中で、繰り返し繰り返し踊り続けるようなものかもしれない。この円の中で、争いや諍いは避けずにはいられないのだろうか。

もしそうだとしたら、ベートーヴェンがこの曲を通して訴えかけた「誰か一人でも心を通わせる友がいるならば喜ぼう。神の下、喜びを共にしよう」というメッセージを大切にして生きていきたい。
yuko

yukoの感想・評価

3.8
2018.4.16 シアタードーナツ

ずっと行ってみたいと思っていたコザの映画館。
カフェスペースのカーテンを開くと、そこにはなんとも素敵なシアタースペースが広がってるのでした。
美味しいドーナツをモグモグ食べながら、ゆったりと座って映画が観られる至福の時間でした。また行きたい♪

バレエのことはよくわからないけれど、妊娠してどんどんお腹が大きくなっていったり、練習中に足を痛めたり...
鍛え上げられた美しさからは想像できない、ダンサーの生活の生々しさを垣間見た感じ。
大団円、上からの映像の美しさは圧巻!
291

291の感想・評価

3.5
ダンスで人間の体のすごさを感じる。バレエは軽やかに動いてるけれど、本当に筋肉がすごいから、出てる方全てに賞賛の眼差し。舞台までの道のりでは、ダンサーの練習や心の葛藤だけでなく、周りのスタッフや家族の支えがあるんだと感じられた。なんとなく、外国で経験積んでる方が、しなやかに踊る気がする。これは何か違いがあるのだろうか。
叶愛

叶愛の感想・評価

4.0
この形式の映画は初で、見終わったいまは、新たな開拓を味わった後の、まだ、感動を全部把握しきれていない感覚になっている。

極限の人体美を見たと思った。

「たとえ世界を救えなくとも美は人に必要なもの」うー刺さるーーー。

人一人一人の努力、才能、結団によって生まれる、芸術作品を目の当たりにした。各々が目にして好きだと思った美しいもの、楽しいと感じること、それぞれに多少のズレはあったとしても、引き寄せ引き寄せ手繰り寄せて、集まり、動いて、繋がって、大きなひとつの円になる。円。時間と生と死。眠りと目覚め。完璧さ。かつて生まれた、作り手の去った傑作の力を纏って、再び現代に生きる。

もう既に足跡のない場所は残されていない、と感じる時もある様々な人の生む創造物は、やっぱりまだまだとめどなく世界に生まれる、残りゆく、焼き付く。

高校時代、管弦楽部にいたからか、オケの練習風景は見ていてやっぱり胸にきた。「Cから」って台詞だけで色んな思い出が回帰する。大勢で作る一つは、一人ではやっぱり命を懸けてもどうしても、及べない、絶大なパワーがある。百人近い人間と二年生の夏に演奏したベートーヴェン。先生の飛び散る汗、ライトに照らされてオレンジに光る弦楽器、目を離さず合わせるコンミス、紙の白を埋めるように書きなぐった楽譜の書き込み、スポットライトで見えない逆光の闇の中から無限に続きそうな拍手喝采。人の芸術への熱が、人の歴史の続く限りに、在ってほしい、在ってくれどうか、と思った。ブラボー!
自分の音楽知識がぺらぺらなのがわかった。
生で公演を観れば違ってくるだろうが、バレエが第九を表現している実感が薄かった。

最後のメッセージが少し長い。
申し訳ないが彼女の言葉は最小限のほうがよかった。
舞台の内容でしっかり感じとりたい。
はるな

はるなの感想・評価

3.5
年内最後の仕事を終え、今年の締めくくりはやっぱり「第九」と、友人達と久しぶりに映画館へ行ったのは2017年の年末。
ベートーベン第九&バレエ&ドキュメント作品、しかも舞台のラストは日本東京。
「これは年末に観なければ」と、勇んで行った甲斐がありました^ ^

ダンサーとしての成功を目指すも、公演を前に妊娠が判り、苦悩するソリスト カテリーナ。

作品を作り上げて行く過程で、様々な人種のダンサーと、監督や振付師との悲喜交々

「あの第九をバレエでどうやって表現するんだろう?」という興味。

様々な要素が詰まった作品でしたが、ラストの東京公演は圧巻!
まるで私自身も作品に携わったかの様な感動を覚えました。
FUJI

FUJIの感想・評価

3.5
モーリス・ベジャール氏はその世界ではかなり有名な方で、これまた有名な第九に振付をしたこのバレエは大変ブームを巻き起こしたものだったんですね。総勢350人にも及ぶダンサー、オケ、ソロ、合唱団を集めた今作に日本人が参加できたことは素晴らしいことだと思います。そして、普通だったらバラバラのものを、一挙に観られるとはなんて贅沢な。映画でなく生で拝見したい。

実際の公演映像を見せてもらったのですが、私にはバレエの知識が無く、よくわからないけど凄い!という感じでした。でもこの映画でダンスの一つ一つにちゃんと意味があり何を表現しているのかを知ったので、その上でもう一度観てみたいなと思いました。
耳慣れた音楽がダンスという形で表現されるのは中々面白いですね。
ちなみに、映画はドキュメンタリーで本番は一部分しか流れないので、ウズウズするかもです。

練習風景とか面白かったです。舞台裏はこうなってるんですね。色んなドラマがあって創り上げられたんだなと思いました。様々な国の人達が手を取り合って「人類皆兄弟」を感じられる作品です。

ダンサー達の肉体は本当にお美しいです。無駄なものが無い!あと、モーリス・ベジャール・バレエ団、美男美女ばっかり!
ダンス笑っちゃうんだよな
Urikko

Urikkoの感想・評価

4.2
個より群のエネルギーの力強さをまざまざと感じました。
1つのものを作り上げていく一人一人の情熱たるや!
ダンサーの手の先にまで充満する気の流れというか緊張感というか表現力というか、見事に映像に捉えていて、もしかしたら本番の舞台よりも映画の方が伝わるかもしれない。
これだけの努力と情熱を持った舞台を生で見た人はさぞやラッキーだと思う。舞台見る前にこの映画見たら感動倍増だろうなぁ。
表現や作り上げていく人の「思い」の力が凄く高くて刺激になりました。
よう

ようの感想・評価

-
バレエにはさほど興味ないと思っていたのに、予告の時からずっと気になっていた映画。やっと鑑賞。

鑑賞中、人間ってすごいなーなんてことを延々考える。

実際の舞台を観てみたい。
>|