ダンシング・ベートーヴェンの作品情報・感想・評価 - 10ページ目

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿された感想・評価

TETSU3

TETSU3の感想・評価

3.9
年末にふさわしい作品をと思って観た。ドキュメンタリーなのでほとんどがリハーサル風景で物足りなさがあるが、ベジャールバレー団と東京バレー団が共同で真摯に取り組む姿が素晴らしい。
ブラック・スワンのような泥々とした世界とは無縁。全員が素晴らしい。
「努力する歓び」「ダンス」の前には差別がなくなり、人種の壁はなくなる。

ベートーベンの第九にベジャール が振り付けしたバレエ作品「第九交響曲」のリハーサルを追ったドキュメンタリー映画。公開初日の初回を観ました。

大切なことをたくさんたくさん感じることがある素晴らしい映画。バレエを観ない人でも感動する内容だと思っています。

モーリス・ベジャール ・バレエ団と東京バレエ団の「第九交響曲」リハーサルと本番を追ったドキュメンタリー映画「ダンシング・ベートーヴェン」。

三度目の鑑賞。第九の旋律と「人類皆兄弟」をテーマにしたダンス、何度見ても歓びがある。

ベジャール バレエの芸術監督ジル・ロマンの言葉「ダンス(という存在)の前には、差別はなくなる。手をとりあえばそこに黒も緑もない」


2017.12.23 恵比寿ガーデンシネマ
2017.12.26 恵比寿ガーデンシネマ
2018. 1.21 恵比寿ガーデンシネマ
自分へのクリスマスプレゼントの様な映画。バレエと第九、そしてドラマの三重奏は胸にキラリと特別感のある余韻が残りました。年始にはまた、こういう華やかなものが観たいです。
”希望は常に勝利である”。うんうん。心も体も解き放たれたい時期に観るのに最高な一本。第9を踊ることで表現する。その挑戦の裏側にある情熱たち。バレエとかクラシックとかに詳しくなくてもちゃんと心に響てきた。創り手たちの眼差しがとても真摯な作品だった。オススメ。
irene

ireneの感想・評価

4.7
バレエ、オーケストラ、ベートーヴェンの第九。ここまで華やかで力強いステージはあっただろうか。ステージに立つ者の志は崇高で美しく、こちらまで背筋が伸びる。一年を締め括るに相応しい映画。
第九をいっぱい聴けて
バレエの練習風景はお人形のようなバランスの取り方で見てる側も背筋が延びる。
ベートーヴェンが聴こえないから視覚で表現した?
素敵なダンスの実物を見てみたくなった。
eigayou

eigayouの感想・評価

3.0
自分の人生のコマにはない科目だけれど、良い勉強になるかも知れません。
yellowbird

yellowbirdの感想・評価

3.3
試写会行きました!
2007年に逝去したフランスの天才バレエ振付家モーリス・ベジャールの代表作「第九交響曲」の舞台裏をとらえたドキュメンタリー。21世紀のバレエ史上最高傑作と称されたステージが完成するまでの度重なるリハーサル風景などを映画化!
ほぼ全編にわたって第九が流れ、それに合わせてバレエダンサーたちが踊るシーンが続く、正に“踊るコンサート”
その中で、ダンサーという職業の喜びや苦悩も盛り込まれており、人間ドラマ的要素も。
ベジャールと言えば“ボレロ”のイメージが強いが、こんな作品も作っていたのかと知り感動‼
パンダ

パンダの感想・評価

3.0
本番に向けての練習風景がほとんどで、本番の映像が少なかったので残念でした。
第9がもっと全編鳴り響いてて欲しかった。
|<