ダンシング・ベートーヴェンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿された感想・評価

Naoya

Naoyaの感想・評価

2.3
ベートーヴェンの名曲『第九交響曲』出演のために、過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーを描いた作品。ドキュメンタリー作であり、バレエ団を追った内容はメイキング映像であり、様々な登場人物からテーマとなる『第九交響曲』の思いや姿が描かれてます。ダンサーとしての苦悩や情熱が描かれており、その思いや姿を見たあとだからこその第九のステージは魅力的かつ圧巻な力強さ。バレエに関しての知識がある、好みであるとより楽しめる作品。雰囲気に入り込める魅力も詰まってます。
109mania

109maniaの感想・評価

4.0
 わずか90分に満たない中でたくさんの事が描かれている、感動に満ちた作品だ。
 ひとつ目は、ひとつの芸術作品、パフォーミングアートを仕上げていく過程でのプロのアーティストたちの仕事ぶり。映画の中で「舞台芸術に関わる人は、皆仕事中毒だ」みたいなコメントが入るが、全くそのとおりだ。もちろん良い意味で。
 もう一つは、それぞれのアーティストが、ベートーヴェン、シラー、ベジャールに触発され、世界の中のちっぽけであると同時に偉大でもある「人間」について讃美的に語っているところ。人類愛とかんたん言ってしまえば、素っ気ないが、それぞれの語り口で、胸をうつ言葉がたくさん盛り込まれている。
 他にも、この舞台芸術を作り上げる9ヶ月の間に起こる人間ドラマもドラマティックに描かれる。
 あぁ、それにしても登場人物の名前をしっかりと覚えていないのが悔やまれる。なかなか感動が伝えきれなくてもどかしい。。。
 
 
ラストの言葉に打たれた。ベジャールは言った「希望は常に勝利である」。
yayuyo

yayuyoの感想・評価

3.5
半年程映画から遠ざかっていたのですが、この度久し振りに映画館に足を運んできました。
ベートーヴェンの交響曲として有名な「第九」が題材との事で本当は12月のうちに観たかった…笑

9ヶ月後に迫った、バレエ「第九」の公演に向けた団員達を追ったドキュメンタリー。
自身の親もダンサーだった女優が、団員や監督などの悲喜交々を鋭くも温かい目線で追っていきます。

バレエってほとんど鑑賞した事がなくて、小学生の時に「ドン・キホーテ」を、数年前に「くるみ割り人形」を見た事がある程度。
あまり馴染みがないゆえに、華やかで煌びやかな世界を想像してしまうけれど、その裏では人間臭く生命のエネルギーに満ちたドラマが繰り広げられ、ドキュメントとしてとても興味深い。

今回の公演では、様々な国籍の様々な人種のダンサーが一堂に会し一つの作品を作り上げていく。
その多様性から生み出される生命のエネルギーとでも言おうか、迸る熱情はベートーヴェンの楽曲から感じる激しさ、熱さと溶け合い一つの芸術作品となる。

「耳で聞く」のみならず、「目で見て」楽しむ作品。劇中に挿入された、無音の中舞い踊るダンサー達からは確かに音楽を見る事ができた。
第九を作曲した頃、既に聴覚を失っていたベートーヴェン。仮にこれを彼が鑑賞できたとしたら、きっと感動するだろうなぁ…。
Michelle

Michelleの感想・評価

5.0
第九を2回も演奏する機会に恵まれた高校生の時に熊川哲也の第九をみたけれど、それよりもスゴイなにかを感じた
Maki

Makiの感想・評価

3.5
2018年映画初めは東京の恵比寿ガーデンシネマになりました😉

第九に合わせてバレエダンサーたちが踊る、くらいしか知らずに鑑賞(笑)
それほど踊るシーンがなかったのが残念だけれど、ダンサーたちの人生模様が色々あり、とても楽しめました🎵

本番をもっと撮して欲しかったなぁ、というのが不満ですが、それも所々映し出されるダンスに惹き込まれるから。

印象的なセリフがいくつもあって、納得したり。

見てよかったです❤
恵比寿ガーデンシネマも素敵な映画館でした✨

このレビューはネタバレを含みます

『ダンシング・ベートーヴェン』鑑賞。クロード・ルルーシュの『愛と哀しみのボレロ』がとても感動したので、それに類するものかなと期待して鑑賞。大分ドキュメンタリー寄りで、もう少しバレエのシーンを観たかったなというのが正直な感想。ドラマ仕立てでもかなり面白くなりそう。
ベートーヴェンが描きたかった人類の「歓喜」とは何か。大学の講義で第九を取り扱った際、執拗に出てきた考え方はこの曲が人類と自然の調和を謳っているということであった。声部は人類賛歌、器楽部が自然賛美という捉え方で、クライマックスで両者は融合し真の「歓喜」へと至るというもの。ジャベールの演出はどちらかというと人間に重きが置かれているようだったが、それでも普遍的な人類愛を描こうとした演出には心が震えた。
最後、ジャベールの娘が語るシーンがあるが、そこでの「たとえ世界を救えなくとも、美は人類に必要」という台詞。私が常々感じている「世界は救われないが心は救える、芸術によってのみ」という考え方に通じるものがあって嬉しかった。
また、劇中にジャベールが語る「人生は自分との闘いである」という言葉も重みがあって良かったな。誰と争う必要もないという。
シャルキナとシャコンは昔から好きなダンサーだから、こうやって色々話しているのを聞けて嬉しい。ジルロマン親娘の対話も良かった。東バのダンサーたちの姿も見られて満足。
nana

nanaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ベジャール振り付けの第九を上演するまでを追ったドキュメンタリー。
バレエの練習場面の凄さ、人間の身体や動きの美しさというバレエバックステージものの面白さに加えて2つのバレエ団の共演かつオーケストラにソロ歌手、合唱団と音楽面との融合も必要な特別な公演の大変さもあって見応えありました。客席からは見えない真上からのアングルは映画ならでは。

バレエ目的で見たのですが一番感動したのが指揮をするズービン・メータの表情。インタビューされた中で最も今の状況に危機感を抱いてただけあって気迫が伝わってきました。


進行役(芸術監督のジル・ロマンの娘)が序盤で問う「人類は皆兄弟と思いますか?」に作品全体で答えていく構成…と思ってたらラストそれを言葉にしちゃうのが?だった。言葉自体はすごくいい(希望は常に勝利である)んだけど、映画としてはどうかと感じた。
いで

いでの感想・評価

3.0
自分にはバレエを楽しむ素養がまだなかったみたい。

ダンサーの妊娠やケガなどの話でそれぞれの持つ葛藤と、第九の持つ意味や振り付けに込められた思いが最後に合わさって爆発するのかなと思ってたけど、そういう構成ではなかった。

知識のある人に話したらベシャールの構成が興味深いと言われたので、きっとバレエ鑑賞に関する知識がある人は楽しめると思う。

分からないなりに楽しめたけど、圧倒されるという感じでもなかったので、知らない人は映画館でなくてもいいかも