ダンシング・ベートーヴェンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれて…

スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれてくる子供への愛情のあいだで揺れ動くカテリーナ。様々な想いを抱えながらダンサーたちは、東京での第九のステージに挑む。

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿された感想・評価

まさわ

まさわの感想・評価

3.0
ベジャールの「第九」の思想を伝えるドキュメンタリー。東京バレエ団50周年記念でBBLと共演した日本公演の映像が使われているので親しみを感じた。ダンサーが怪我をする場面は胸が潰れる思いだった。バレエ団のなかで育ったとも言えるジル・ロマンの娘マリヤが案内役というの面白かった。しかしこのドキュメンタリーがバレエファン以外にどう訴えるものがあるかはわからない。「第九」東京公演を収めたDVDはすでに発売されているので、そのBTSとして楽しむことはできる。
ダンサー目線だけかと思いきや、色んな目線から一つの作品に対しての想いが語られていて思ったより分かりやすかった!
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

3.9

ドキュメンタリーとしては随分傑作。
人間愛を感じたし、バレエ界の厳しさも見られて年始に見てよかったなぁ今年も頑張ろうって思えた。

けど、これ映画って言っていいの?ってくらいテレビ的というかNHK的だなとは思った。
特にラストはクソ。高校生の演劇の終わり方。

と思ったけど、バレエ詳しくなくても感動はした。
これは得難いドキュメンタリーだ。2014年東京で行われた奇跡のステージを、そのスタート段階からスイスのローザンヌと東京を結びながら、追い続けた作品。バレエ界に革新をもたらした振付家モーリス・ベジャールの代表作であるベートーベン「第九交響曲」。ベジャールの遺志を受け継ぐモーリス・ベジャール・バレエ団と東京バレエ団がコラボレーションしてひさしぶりに企画されたその公演までの紆余曲折がしっかりとカメラに収められている。

ベジャールの後継者であるジル・ロマン芸術監督の娘で、マリヤ・ロマンをインタビューに据えたのもダンサーの内面を語らせるのに功を奏している。ダンサーの道を歩みながらも途中で女優に転身したキャリアを持つ彼女の起用は、言葉をあまり持たないダンサーたちの胸のうちを代弁するという意味では、適役だったかもしれない。このナビゲーターの存在が、このドキュメンタリーに複雑な重みを与えている。

もちろん、繰り広げられるダンサーたちの踊りも素晴らしいのだが、それぞれの人間模様にまで踏み込んだ演出力は評価されるべきであろう。クライマックス、ズービン・メータの指揮で披露される「踊るベートーベン」は、やはり圧巻のステージだ。本来これを見るだけでも価値のあるものなのだろうが、ステージが成立するまでの軌跡と関わる人間たちの内面まで追いかけたこのドキュメンタリーはバレエファンならずとも興味深く観ることができる。
Fairstar

Fairstarの感想・評価

3.0
何かを表現しょうとする人間の飽くなき努力、これは休むことを知らない。どんな表現方法であれ、その欲求に取り憑かれたものは、痛ましいくらい禁欲的な努力をする。素晴らしいと思うが、私のような並の人間には寄り付けもしない世界である。このように色々な才能の散りばめられた世界に生きるということはこれこそ人間の持つ特権であると思いました。
新年のスタートに最適!芸術の舞台裏を観れてよかった。肉体美、ダンスの美しさ、生で観てみたかったな。
アメブロを更新しました。 『「ダンシング・ベートーヴェン」美しいものはこうやって作られるんです。』 https://twitter.com/yukigame/status/948609255187214336
バレエで第九公演をするバレエ団のドキュメンタリー。
バレエ団に関わる演出家や、ダンサーなどのインタビューが中心。
思ってたより少ないものの、公演シーンは美しかった。
maho

mahoの感想・評価

3.2
もう少しベジャールの振付の解釈をする上でのダンサーの考え事や迷いに焦点が当たってることを期待してたけど、練習風景みると結果魅入っちゃう
komika

komikaの感想・評価

4.0
ダンシング・ベートーヴェン
ーーーーーーーーーーーーー
2017 スペイン 83分
ーーーーーーーーーーーーー

ご縁があって、拝見させていただきました。 「第九」の発表に向け、過酷な練習に励むモーリス・べジャール・バレエ団が東京講演を迎えるまでのドキュメンタリー。

バレエの知識皆無、クラシックの知識は小学生の音楽レベルの私が感じたこと。

バレエのうつくしさ、しなやかさ、躍動の裏にはこんなにも物語があるのかと息を飲む。

メインのセンターポジションを任されていた、才能溢れるカテリーナ。若く、美しく、目を引く。

妊娠が発覚し、退くこととなる。キャリアから一旦、外れ母となる日を心待にする一方で、バレエに戻ったときに自分の席があるのかという不安。

ケガのアクシデントで外れる者、

我が子の誕生の裏で、良い父親になろうと自分の生い立ちを振り返る者、

美しさ、力強さ、生命力 = 痛みと葛藤が表裏一体で、苦悩が付いて回る現実もまた人間味溢れて、ベジャールが表現する「生と死」に繋がるのかな、と。

生きることは美しくて、
生きることは痛くて、
生きることは悲しくて、
生きることは喜びで、

その全部が生と死。

誰もが知っているベートーヴェン「第九交響曲」

まさに「目で見る第九」という感じ。

肌の色、髪の毛、目の色、なにもかもボーダレス。

皆が手を取り合って、力強く前進する。第九に乗せて。

ベートーヴェンは、こんなこと想像しただろうか?

あなたの曲で、人類が手を取り、共に歩き出す。

一歩ずつ、力強く前進する。

人類は皆、兄弟なのだと本能に呼び掛ける。

ーーーーーーーーーーーーーー

様々なストーリーが織り成す本編。

ストーリーテラーでインタビュアーのマリヤ・ロマンが、バレエ団の芸術監督ジル・ロマンの娘であるということがわかってからの後半が見ごたえあり。

お母様もソリストとしてバレエ団に在籍。華麗に踊る姿を、窓越しから見る娘のマリヤ。

関係性が分かると、視点も変わりストーリーが面白く観れた。

そして、なにより本物のバレエを観てみたくなったし、オーケストラにも足を運んでみたい!と思わせてくれた作品でした。

ーーーーーーーーーーーーーー

余談ですが、6歳、7歳くらいのときにバレエの体験に行ったことがあって私はすごく習いたかった。

やりたいと言ったことは、なんでもやらせてくれる母だったけど、バレエには通わせてもらえなかった。

いま思えば、おそらくお月謝と送迎(隣の県まで行かなくては行けなかったので)の問題だったのだろうなと思う。

もしバレエをやっていたら・・・いまごろは・・・、すみません完全に正月ボケしてます、はい。

わたしのダンシングは、宴会芸のダンシングヒーローで限界です。おったまげ~!