ダンシング・ベートーヴェンの作品情報・感想・評価 - 8ページ目

ダンシング・ベートーヴェン2016年製作の映画)

BEETHOVEN PAR BEJART/Dancing Beethoven

上映日:2017年12月23日

製作国:

上映時間:83分

3.5

あらすじ

スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれて…

スイス、ローザンヌ。『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組むモーリス・ベジャール・バレエ団のダンサーたち。第二幕のメインをジル・ロマンから任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナは踊る喜びに満ち溢れていた。ある日、カテリーナは妊娠が発覚しメインを下ろされてしまう。一方で、お腹の子の父となるオスカーは生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。キャリアが中断されることへの不安と産まれてくる子供への愛情のあいだで揺れ動くカテリーナ。様々な想いを抱えながらダンサーたちは、東京での第九のステージに挑む。

「ダンシング・ベートーヴェン」に投稿された感想・評価

はせ

はせの感想・評価

4.5
ベジャール好きには堪らない。

1人のダンサーを取り上げるバレエ映画は多いが、こうしてひとつの作品、公演を扱うことで、様々な視点から振付家について語られるのがおもしろかった。
リハのシーンも多くて嬉しい。
たろ

たろの感想・評価

3.8
ベートーベンの第9番交響曲をテーマにしたダンスの練習ドキュメンタリー。

残念ながら、このダンスを観ることは出来ないのですが、「人類皆兄弟」をメインテーマに据えて練習するダンサーの真摯な姿勢と研ぎ澄まされた身体の美しさに、思わず涙がポロポロっとしました。

音と歌と踊り。

この原始からずっと続いて来たシンプルな表現方法が、やっぱり心を揺さぶりますね。バレエにも、興味がでちゃいました。

劇場で見れて良かったです。
映録助

映録助の感想・評価

3.0
本番の様子をそのまま流すのかなと思っていたら、本番までのドキュメンタリー映画でした。
ダンサーたちはただそこにいるだけで美しい。
そして2日前にぼくも第九の本番だったので、ベートーヴェン並びに第九の偉大さを思い知る映画でした。
来年も第九歌うと決めた。
クリスマスに向いた作品と思い鑑賞。なんせ第九ですから。

でも、フォローしてる方々のレビュー見なければ、このバレエのドキュメンタリーを観ることは決してなかった。ありがとうございます^_^

モーリス・ベジャールって方は、名前ぐらいは知っていましたが、「愛と哀しみのボレロ」のラストのジョルジュ・ドン「ボレロ」ぐらいしか認識してないです^^; あれは凄かった。

「人間皆兄弟」
このシンプルで普遍的なメッセージを、それこそ「身をもって」体現する人々。ダンサー、演奏者、振付師、作曲家、、。
様々な国、人種が集まり、カラダ全体で音楽を表現する踊りには、思わず息を呑みます。素晴らしい!
バレエって、日本人は身体的に不利なんではと勝手に思っていたけど、全くそんなことはない。むしろ様々な人種の身体的特徴も含め振付しているようで、それぞれが唯一無二の美しさを見せます。

華やかな舞台と、過酷な練習風景。どうも「ブラックスワン」のイメージがあるのか、人間関係もいろいろあるだろうなと想像しますが、そこはあまり深入りはしない。妊娠や出産、怪我などによる交代。肉体を酷使するダンサーの現実も少し描かれます。生身の人間だからこそのリアルと深み。そして、溢れんばかりの人間賛歌!

クリスマスのこの日に、いいもの見せていただきました。

メリークリスマス!
まりん

まりんの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

Ludwig van Beethovenは好きです。特に月光ですけど。
色々な名で呼ばれますが、誰もが知っている「第九交響曲」をバレエで踊る。
そのバレエダンサーたちのドキュメントです。
とは言え、赤裸々にドロドロした世界では無くて、厳しくも、愛情に満ちた作風。

そしてバレエシーンは練習シーンも本番シーンも美しい。

オスカーが凄く素敵だった。色々な血が混じっている混血だと言っていたけど、きっと色々なセンスや感性も受け継いでいるんだと思う。美しい。
のん

のんの感想・評価

3.8


「本作は“踊るコンサート”だーーー人
間が深く参加するという行為だ」

モーリス・ベジャールがそう語ったその作品の上演が、2014年東京バレエ団創立50周年記念として実現。
モーリス・ベジャールバレエ団、東京バレエ団、イスラエル・フィル、ソロ歌手、合唱団らによって作品が舞台に上がるまでを、舞台関係者や評論家のインタビューとダンサーの練習風景やエピソードなどを交えて綴り、そこに強いメッセージをこめた作品になっている。

インタビュアーに、モーリス・ベジャール・バレエ団の芸術監督のジル・ロマンの娘で女優のマリヤ・ロマンというのもサイドストーリー的で良い演出。


私自身は、舞台ものが好きな中でも、ダンスと声楽のふたつは人間力がそのまま芸術として感動を与えてくれると思ってるので、観ながら自然と泣けてしまいました。
ダンスの中でも、特にバレエはどこで切り取っても絵画のようだし、それを表現する肉体の動きはまさに「美」。
ダンサーたちの思いや、演目への解釈、思わぬハプニングなど、様々な舞台裏に胸アツでした。
マサ

マサの感想・評価

2.8
ベートーヴェンの第9に乗せて、踊るバレー楽団のドキュメンタリー。東京バレー楽団も参加していて、舞台が東京に移るとは想像もしてなかったぜ。耳の聞こえなかったベートーヴェンに音楽を見せるって良い表現だよね。バレー知識0だからちょっと難しかったけど。
kyoko

kyokoの感想・評価

4.1
これを観ずに年は越せないとばかりに、初日の初回に鑑賞。

モーリス・ベジャールの死後、再演不可能とされていた「第九」。2014年にイスラエルの交響楽団、東京バレエ団とともに、ジル・ロマン芸術監督によって再演された。その東京公演までを追ったドキュメンタリー。
83分という短い時間にも関わらず、ベジャールがこの「第九」で何を伝えたかったかがよく分かる。

人種もバラバラなダンサーが手を繋ぎ円環を描く。
生きる喜びがダンサーの身体から迸る。
これぞ人間讃歌。

ナビゲーターはフランスの女優。最初は「なんでこの人?いらなくない?」なんて思っていたのだけど、彼女とベジャールバレエ団との関係性が分かると、このドキュメンタリーの深みが増した。

東京公演がDVDになっているらしいので、こちらもぜひ観てみたい。
あんな風に自分の体をコントロール出来たらどんな気分だろう?回って飛んで手を伸ばして。よく動く身体が美しかった。ベートーヴェンと言うよりはベジャールよりだった。と言うか、動いている方に目が行くのかな。オケと合唱は最後にちょっと。
なつ

なつの感想・評価

-
バレエ団(ベジャール)×第九(ベートーヴェン)
バックステージを描いたドキュメンタリー映画。
第九は、歓喜の歌、根底にあるのは、人類皆兄弟。
震えますね、身体全体で音(音楽)を表現する。
月並みですが、素晴らしいとしか言いようが無かったです。
銀座でクリスマスランチ。
頭も心も使わず、映像に身を委ねたかった。
そんなシチュエーションが揃わなければ観なかったかも。
Merry Christmas気分♪