foochthepop

共犯者たちのfoochthepopのレビュー・感想・評価

共犯者たち(2017年製作の映画)
3.9
隣国で近年現実に起きた、政府による情報統制、公営放送の支配を記録した秀逸なドキュメンタリー

我が国でもNHKの籾井会長が「政府が右ということを左と言うわけにはいかない」などの問題発言を量産して脚光を浴びた
籾井氏を選任したNHK経営委員会は、当時の安倍首相が推薦した百田尚樹、長谷川三千子(日本会議代表委員)、本田勝彦(安倍氏の元家庭教師)らで構成されていた

韓国メディア界の出来事を、他人事と安易に切り捨てることはできない

一方、映画の中で映し出されたストや局内のデモ的運動などを見て、韓国のジャーナリズム(現場)は生きていると感じた

我が国でも同じムーブメントが期待できるだろうか?

籾井会長の問題発言に対してNHK労組は、執行部にどう収拾つけるのかはっきり言えという旨の声明を発表した
元職員172名は経営委員会に、籾井の辞任勧告ないし罷免を明確に求める申し入れを行った
韓国に比べると、現役NHK職員の動きは消極的と言うほかない

映画に一切出てこないNHKの話ばかり書いてしまったので、映画の感想を書くと、
ドキュメンタリーとしての価値もさることながら、エンターテインメントとしても楽しめる演出だったと思う
後半の構成は特に良かったと思う

とにかく観てほしいと思う映画
「さよならテレビ」と併せて観たい