共犯者たちの作品情報・感想・評価・動画配信 - 5ページ目

共犯者たち2017年製作の映画)

공범자들/Criminal Conspiracy

上映日:2018年12月01日

製作国:

上映時間:105分

4.0

あらすじ

「共犯者たち」に投稿された感想・評価

Ami

Amiの感想・評価

4.0
まず、韓国のメディアのことについて何も知らなかったのだと気付かされた。
自分の信条に反する権力に従うこともできるし、抵抗することもできる。それは現実的に可能であるかではなくて、実行する努力をし続けられるかどうか。それをできなくさせるのは権力そのものではなくて権力に作用されうる人生の一部を自分が守りたいと思う自分の心なのだと厳しく謳っえられたような気がする。
O

Oの感想・評価

3.7
韓国政府によるメディア弾圧の実態を描く。政権とマスコミが癒着したらどうなるか。メディアの役割とは。事態が悪化し起こってしまったのがセウォル号沈没事件。記者が怒りと使命感に突き動かされ直撃するも当の本人は本質に向き合おうとしていない様子が歯痒い。終着が見えない、後味の悪い現実が何とも生々しかった。
毎回思うけど市民一人ひとりが国を変えようとする力に圧倒される。

当時の記者の「あの時沈黙しなかったこと」という言葉が取り返しのつかないものに感じられ、忘れられない。

日韓関係の改善を願って行われた「ヘイトをぶっとばせ!」と題した上映企画。このタイミングを逃したらもう観れないと思っていたので大変感謝。
dai

daiの感想・評価

4.3
李明博(イミョンバク)および朴槿恵(パククネ)大統領下における政治のメディア介入、情報操作の実態を暴いたドキュメンタリー。
本作は 「占領」「反撃」「マスゴミ」という三章で映画が構成されている。MBCとKBCという韓国の二大メディアが政府に占領され、政府にとって都合の悪いジャーナリストや記者は解雇されたり、報道以外の部署へ飛ばされた。それでもジャーナリストや記者は諦めず、「ニュース打破」という非営利民間団体を組織し、報道を再開し、徐々に政府とメディアの蜜月を暴いて行くのである。

感想はと問われれば、パンフレットにある東京新聞の記者であり、映画『新聞記者』の望月さんのコメントに集約される。

これは「対岸の火事」ではない。

まさにその通りである。
omena

omenaの感想・評価

4.0
10年で300人解雇…
ベテランのジャーナリストたちがスケートリンクで働いてたりするのけっこう衝撃的
当時の記録映像(ニュースやSNSの映像も含む)、ディレクターたちへのインタビュー、元社長や報道部長たちへの突撃取材の3種類で構成。監督が突撃取材する人たちがまさしく「共犯者たち」なわけね。
今の日本の政府やメディアのあり方と照らし合わせて考えることはもちろんできるし、こういう映画を観に来る日本の客の多くはそうやって見るとも思うんだけど、「組織」が腐敗する時に起きることは、どんな時代どんな場所でも同じなんじゃないのかな(当たり前だろうけど。ナチスのことは言うまでもない)。おかしいことをおかしいと声を上げる者に対して、すっとぼけたり、ボンヤリした上っ面だけの美辞麗句を並べて逃げるのも、きっと世界共通なんだよ。権力者や権力者に魂売った奴らが浮かべるヘラヘラした笑みもね。
それでも息子をドラマに出すとか、大統領のスキャンダルはスルーして暑さについてばかり報じるとか(コンクリートでベーコンを焼く!)、スポーツ報道にかこつけた気持ち悪いまでの大統領ヨイショとか、既視感ありすぎてさすがに笑った。クソな状況に対して信念を曲げずに闘い続けた人々の姿には励まされるよ。
Dainipo

Dainipoの感想・評価

5.0
腐敗のヒドさがスゴいよ!いまなお闘い続ける人々と終わらぬ民主化の物語
記者が質問しなければ国が壊れる。
映画って感じはしなかった。俺がもっと社会情勢に詳しい知識人だったら楽しめたんだろうな。正直韓国人の名前に馴染みなくて登場人物把握しきれなかったし面白いとは思えなかった。けど、記者たちの情熱をめちゃくちゃ感じた。
誤脂

誤脂の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

日本もこんなになっちゃってるのかね?
追及発信し続けることだけでなく、政権が変わったから、露になるところもあるんだろうなぁ。
テレビからネットに流れが変わろうてしてるとき、これからどうなって行くんだろう?
マミコ

マミコの感想・評価

5.0
いやもう最高でしょう。

ドキュメンタリー映画ここに極まれり。

マスコミなんて信じられない。
カリ

カリの感想・評価

5.0
11月1日ポレポレ東中野で鑑賞

本来人生の一番脂の乗った時期であろう時代を奪われて、それでも権力と戦う人たちに痺れる。

日本のメディアはまだそこまで腐っていないと信じたいけど、アメリカの言いなりになっている貿易や明らかに失敗している公共事業、国のトップが友人に忖度してお金を横流しにするなど政府に都合の悪いニュースがあれば、隣国を嘲笑うような話やくだらない芸能ネタに差し替えるやり口は他所の国の話とは思えなかった。

政府がメディアを占領してしまえば果てには大勢の命が奪われてしまう、黙っているだけでは自分も共犯者になってしまうのかもしれない。。。