勝ったのは農民だ

モリのいる場所の勝ったのは農民だのレビュー・感想・評価

モリのいる場所(2018年製作の映画)
4.1
沖田修一監督作品を観るのは、
『南極料理人』
『キツツキと雨』
『横道世之介』
に続いて今作で4本目です。

自分は、基本的にはこの監督の映画は好きです。特に『横道世之介』は人生ベスト級に好きな作品です。
ただ、やっぱりTVドラマ的な映像じゃない、間をたっぷりとる映像の観せ方なので、観る人によって好き嫌いが激しい監督なんだろうなって思います。

今作は、その「間をたっぷりとる」映像の撮り方が、主人公である熊谷守一さんとその奥さんのスローな行動を描くにはバッチリハマってる気がします。

笑いに関しては、相変わらず沖田修一監督作品特有の、どこか滑稽な笑いです。
あと、フード描写も相変わらず旨そうに撮ってます。最初の方ですが、あんなソーセージの食い方があるのかって思います。

ただ、今作は、正直、マイナスポイントが無いわけじゃありません。
特に、三上博史さんが出てくるシーンは他のシーンに比べて明らかに浮いています。
よくあるドラマみたいで、演出も、三上さんの演技も含めて、作り物感がありました。

あと、劇場では笑い声が聞こえて来ましたけど、個人的にはドリフの会話のくだりのオチのつけ方もあんまり好きじゃありません。

とはいえ、基本的には沖田修一監督作品は好きなので次回も期待しています。
こんな作品ばっかりになったら、逆に困りますけどね。