kaz

モリのいる場所のkazのレビュー・感想・評価

モリのいる場所(2018年製作の映画)
3.0
劇場鑑賞作品。

大好きな沖田修一監督作品。

劇場で観ないという選択肢はない。

実のことを言えば、「ランペイジ」で巨獣が暴れ回る姿を観ようかと思っていたところに、本作。

巨獣と絵描きの爺さんの対決は、爺さんの勝利。そりゃ、沖田修一監督作品ですもの。

で、だ。

安定の面白さ。

劇場内の平均年齢は高そうだったが、笑いが起こっていた。私も笑った。大笑いというより、漏れるような笑い。この手の笑いは日本人しか分からないのではないか。この手の笑いが好きな人とは友達になれると思う。

特にコレという事件や出来事は何も起こらないのに、面白い。流石、沖田修一監督。

樹木希林さんの演技はもう最高。

これからもずっと沖田修一監督作品は追いかけたいと思う。

星は3.9か。まぁ、4つ届かないくらいか。

あと、文化勲章の電話を切る時の雑さ、最高。